スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太田裕美 - 木綿のハンカチーフ


 こちらがオリジナル!「木綿の~」は、1曲目に収録されています。



 こちらはベスト盤。「木綿の~」は、Disk-1の5曲目に。

 機会があれば、椎名林檎と聴き比べてみてみるのも面白いかも?雰囲気はかなり異なりますよ。

続きを読む»

スポンサーサイト

椎名林檎 - 木綿のハンカチーフ


 作詞は、はっぴいえんどの松本隆です。太田裕美が唄い大ヒットした曲を、椎名林檎がカバーしたのがこの「木綿のハンカチーフ」。カバー曲集『唄ひ手冥利~其の壱~』のDisk-1、7曲目に収録されています。このアルバムは、東京事変の亀田誠治プロデュースです。

 この曲は長い!4番まであります。林檎バージョンは丁度6分間。ストーリーのある詩になっていて、プロローグからエピローグまで、過不足無くしっかりと描かれています。

 「東へと向かう列車」とか「ハンカチーフ」といった語彙、表現の一つ一つは、今の時代にはマッチしませんけど、今でも似たような光景が、きっとそこかしこで・・・。今時は、遠距離恋愛なんて流行らないかな・・・、そんなことは無いですよね。

 明日から3月。ちょうど今頃の季節、「都会の絵の具に、染まらないで」、と伝えたのかも・・・。彼女のささやかな望みは、叶いません。いつ聴いても切なくなる曲です。

  恋人よ 僕は旅立つ
  東へと 向かう列車で
  はなやいだ街で 君への贈りもの
  探す 探すつもりだ

  いいえ あなた私は
  欲しいものはないのよ
  ただ都会の絵の具に
  染まらないで帰って
  染まらないで帰って
  (作詞:松本隆)

※歌詞の続きをお読みになりたい方は、リンクメニューにある「うたまっぷ」でご覧下さい。便利な歌詞検索サイトです。

続きを読む»

サザンオールスターズ - 海


 今日は同僚の送別会でカラオケに。色々な唄を聴いたのですが、「おー、この曲!」と感動したのが、季節外れのこの一曲、「海」です。勿論、サザンファンの方はご存知とは思うのですが、一般リスナーにはそれほど知られていない隠れた名曲、という気もします。

 イントロのキーボード、綺麗ですね。エンディングのサックスもかっこ良い。でも、やはりなんと言っても桑田さんのボーカルと唄メロですね!「シャララぁー夢のように、♪」あたりのメロディーと唄いまわし・・・、何とも形容し難い魅力があります。

 この曲は一時期、繰り返し聴いていましたが、今ではすっかり忘却の彼方へ。でも、久しぶりに聴いても、しっかりと歌詞を全て憶えていました。人間の記憶って不思議です・・・。

 2枚組ベストアルバムの『海のYEAH!!』は新旧織り交ぜた選曲になっていて、お薦めできます。「海」はDisk-1の12曲目に収録されています。

続きを読む»

コーネリアス - point of view point


 この曲は大音量、もしくはヘッドフォンで聴くとびっくりします。こんな録音、なかなか無いですね。小山田圭吾はフリッパーズギター時代から録音にはこだわりがあり、『ヘッド博士の世界塔』では既にハードディスク録音を試みていました。その後も、色々なマイクを試したり5.1chでリミックスしたりと、さらに進化を続けています。

 彼はSting、坂本龍一、Beck、Blur、Sketch Show、Manic Street Preachersなど、数々の著名なミュージシャンのリミックスを行い、国内だけでなく海外でも大変に評価されている。『69/96』のツアーでは、フライングV持ってライトハンドとかしてましたけどねぇ・・・。「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」出演時はテルミンという珍しい楽器を使って、はしゃいでいた。その頃と比べると、ずいぶんとワールドワイドになった気がします。

 この曲は『Point』の2曲目に収録。このアルバムはジャケットがとても綺麗です。音もジャケも余計なものが削ぎ落とされていて、ソリッドな雰囲気。全てにおいて、大変に洗練されています。

続きを読む»

ゆらゆら帝国 - ズックにロック


 ゆら帝の曲のかっこ良さはご存知の方も多いと思うのですが、実は詩も魅力的なんです。キャラからはあまり想像つかない、素敵な詩が多いです。キャラ的には・・・、風貌が怖すぎますね。私の友人が電車の中で遭遇したそうですが、やはり怖いと言っていた。私ならおそらく、一目散に逃げます。

  真っ赤な空 風ひとつかみ でっかい雲 飛び散る汗
  ちっちゃな窓 光りの束 でっかい嘘 忘れた涙と汗
  じゃまな涙 じゃまな汗 じゃまな涙

  あの娘は口でバナナむいて 食べたらすぐ涙ふいて
  消えちまったよすぐに 消えちまったよどこかへ
  俺はいつもの靴を いつものはいてた靴を
  無くしちゃったよなぜか 無くしちゃったよなぜだか
  だめだ 俺はもうだめだ 俺はもうだめだ
  (作詞:Shintaro Sakamoto)

 この曲は失恋の唄ですが、カラオケで唄うと意外に盛り上がるし、唄っていて気持ちが良い。カラオケ好きな方は唄ってみると良いかも(無論、メンバーにもよりますが・・・。音楽仲間と行く時だけにしておかないと、ドン引きされる可能性大)。この曲はアルバム『ミーのカー』、2曲目に収録されています。このアルバムは、私にとっては捨て曲の無い、最後まで通して聴く事ができる作品です。ゆら帝を聴き始めるには、お薦めの一枚だと思います。

続きを読む»

ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。