スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大江慎也 - STAY WITH YOU


 大江さんは大腸を全部摘出してしまった。そんな大手術の後も、精神科へは通い続けねばならぬ。辛い入院生活だ・・・。


 (以下、抜粋)
 「けれども、嬉しかったこともあった。それまでずっと連絡取り合ってなかった、花田や、井上や、下山、池畑たちから花束とメッセージ・カードが病室に送られてきたんだ」

 「・・・その日は1日ハッピーだったし、それが、その後の自分の心の支えにもなった。頑張って良くなりさえすれば、また、いつか彼らとも会える日がやってくるような気がして・・・」

 (大江慎也・小松崎健郎『words for a book』
  シンコーミュージックエンタテイメント 2005年、135頁)



 小学4年生の時にご両親離婚。18歳の時にご尊父他界。間もなく上京し、あっという間にスターになるも、心を病む。バンドを脱退。ソロ活動を続けながら療養するも、病状は一進一退。結局、音楽シーンからも去る。伴侶に恵まれるも、結婚生活は破綻。その矢先の大病。

 「words for a book」の共著者も書いていたけど、元メンバーからの花束とメッセージカードだけを心の支えにしてきたのだと、私も思った。花束とメッセージカードだけが心の支え・・・。大江さんには失礼かも知れないけど、涙出た。(大江さん自身は、決してお涙頂戴な語り口では無く「そんな深刻そうな顔しなくていいよ。世の中、もっと大変な人だっているわけだし」って調子なんだけど)。

 大江さん自身、今日の復活を夢見ては居ただろうけど、当時はどこまで信じていたのだろうか。ましてや、こんな鮮やかに復活を遂げるなんて・・・。メンバーと逢えるどころか、ルースターズのオリジナルメンバー全員揃ってのアルバム制作ですからね!今年のフジロック、誰よりも大江さん自身に楽しんで欲しいです。


お金なんて何とかなる 今日を楽しく過ごそう
 笑って過ごすなんて 何て楽しいだろう
 何も気にせずに 言いたい事を言ってさ
 誰にもとがめられずに そんな日は来ないのかい

「STAY WITH YOU」
(作詞:大江慎也)


続きを読む»

スポンサーサイト

大江慎也 - GO FOR THE PARTY


 実に16年ぶりとなる大江慎也のソロアルバム「THE GREATEST MUSIC」。2004年に引き続き、今年も出演するフジロック。秀逸なソロアルバムの発表。ブログの開設。大江さんのこんな精力的な活動、大復活を予想できた者は居ただろうか・・・。

 古い付き合いで、大江さんをよく知る俳優の陣内孝則さんでさえ、2003年秋に再会した際は「大江は廃人になっちゃったかって思っとった」と言ったそうだ(面と向かって・・・。よっぽど近しい間柄なのですね)。大江さんは「俳句はやっていたから、俳人はやっていたかもしれない」と答えたそうです(ん。大江流オヤジギャグ。インテリゲンチャ)。

 このアルバムは、幅広いロック層を満足させる事ができると思う。

 ミッシェル・ガン・エレファントから流れてきた若きファンは、2曲目の「IS IT YOU」なんかドンピシャ。アップテンポなNYパンクが好きなら、3曲目の「I DREAM」。バラードあり、ストーンズを彷彿させる骨太のロックンロールあり、勿論、往年のルースターズを彷彿させる疾走感のある作品も一杯詰まっている。

 そんな中、今回はポップで軽やかなナンバー「GO FOR THE PARTY」をっ!この曲はPVをフル試聴できます。

 同じポップチューンでも11曲目の「CHILDHOOD DAY」は「どうしようもない恋の唄」を彷彿させる、大江さんらしいポップセンスだなと思うのだけど、「GO FOR THE PARTY」の場合はタイトル含め、そのポップさ、突き抜け加減は意外な程でした。

 まぁ、兎にも角にも、まずはPVを!
 SHINYA OE TV

 文中触れた「IS IT YOU」と「I DREAM」も試聴可能!
 公式サイト「DISCOGRAPHY」

続きを読む»

雑記 - 音楽三昧。

 今月は残業続きだったおいら。が、仕事も一段落(?)。月末も近いって事で連休を頂き調整しましたー(勝手にね)。なんと4連休!てなわけで、愛聴盤から普段はあまり聴かぬ作品まで、諸々聴いて過ごした。

 サイトも色々覗いたよ。タグクラウドってのはそろそろ日本でも火が付きそうだね。あ、驚いたのは、last・fmとはまた違った形の「パンドラ」ってのがアメリカでは広まりつつあるようだよ(ちなみにlast・fmは英国発)。パンドラにはちょっと驚かされた。世の中には賢い人がおるもんやなぁ。

 last・fmと言えば、おいら以前からアカウントを変えたかったのね。さくっと変更すりゃいいじゃんって思うでしょ?不可能なのよ、last・fmのアカウント変更って。


 FAQを抜粋するとね・・・、

「Can I change my username?」
 ・No, sorry.

 ・・・。そっけねーな、英語ってやつは。

 last・fmは自分の聴いた曲が貯まるほど便利なツールに進化してくれるので、なかなかアカウントを捨てる気にはなれず手をこまねいていたおいら。しかし、この連休中に思い切って新たにゲットしたよ(そもそもの動機は、単にネット上のアカウント諸々を、ある程度統一したかっただけなのだが・・・。余計な事してすまん、last・fm)。

 まだ一部の機能は使えない(おいらのneighbour radioを聴いて頂く事ができない)が、一週間もすれば情報がオーバロールされて、聴けるようになる。その時はあらためてご紹介します。

雑記 - 奈良美智さんはパンク好き。

 「情熱大陸(TBS系列)」を観た。美術作家、奈良美智(よしとも)。めっちゃ有名な絵を描くお方やね。一時期よりメディアへの露出が少なくなったと思っていたら、むしろここ数年はさらに精力的に活動し、ご活躍されていたのですね。

 描く時は、いつもパンクロックを聴いている奈良さん。以前TVでお姿拝見した時は、誰もが知っているパンクの名盤が次々と流れていたのだが、たまたま名曲が流れているところが放映されていただけで、実際にはひたすら流してる雰囲気だったので、「変なのかからないかな」なんて、おかしな期待をしながら観ていた。

 今日はね、ちょっと変なの流れたよ。「色々と聴くんだなぁ。ほんとに音楽好きなのね」と思った。と言うのは、アークティックモンキーズと、映画「リンダリンダリンダ」のサントラ、ブルーハーツのカバーが流れていたんだ。

 良い意味で節操無いなと思った。洋の東西問わず、否、何やかんや問わず聴いてるんだなと。だって、英国の新人バンドと、邦画のサントラっすよ。幅、広っ。あらためて、音楽的な人だなって印象を持ちました。

 ん。46歳!?

 46歳とかで、どこで知るんやろ、アークティックモンキーズ。レコード屋巡りってガラじゃないし、音楽雑誌とか読みそうにも無いけどなぁ。ラジオとかかな。

 おいらも、歳を重ねてもあんな風に自然に、いつまでも音楽に親しんでいられたらいいな・・・。

THE ROOSTERS - 恋をしようよ


 THE ROOSTERSというロックバンドをご存知の方は、多いと思います。

 多くのバンドが彼らの楽曲をカバーしています。ミッシェル・ガン・エレファント、東京スカパラダイスオーケストラ、ケムリ、スーパーカー、MO’SOME TONEBENDER・・・。ライブで彼らの楽曲を演奏した事のあるバンドも含めたら、相当な数になるでしょう。

 ボーカルの大江慎也は、福岡県の北九州市生まれです。

 大江は私立熊本マリスト学園中等部に入学。サイトを覗くと「卒業生総数が6,000余名の中で1,000有余名は医師」と記されている。優秀な学校なのでしょう。同校中退後、公立向洋中学校へ転入。転入先で、後にROOSTERSのドラマーを務める池畑と出逢います。

 高校は福岡県立東筑高等学校へ入学。100年以上の歴史を持つ県内有数の進学校との事。卒業校の誉れの高さ故か「大江は真面目で優秀」という噂は、よく耳にします。

 1979年の10月に「THE ROOSTERS」を結成。半年ほどすると注目を集め、レコード会社10社から声がかかったそうです。結成から1年を待たずして、1980年9月に日本コロンビアと契約。翌月の10月上京、11月には同社よりシングル「ロージー/恋をしようよ」、アルバム「THE ROOSTERS」でデビュー。結成からデビューまで、あっという間ですね。

 その後、色々な事があったようです。事実は、よく知りません。

 1985年4月に、大江はバンドを脱退。その後、しばらくソロ活動を行いますが、90年以降、長きに渡りほぼ沈黙を保つ。

 そして先ごろ、ついに、大江は精力的に音楽活動を再開したのです・・・。公式サイトを公開し、ブログも始めました。今年3月にはソロアルバム『THE GREATEST MUSIC』を発表。驚くなかれ、バックはROOSTERSのオリジナルメンバーです。

 大江慎也(Vo.&G.)、花田裕之(G.)、井上富雄(B.)、池畑潤二(Dr.)

 私は、大江自身のペースで、少しでも長く活動してくれたらと思っています。これからも作品を楽しみにしていますが、たとえ発表が滞ったとしても、今までの作品があります。しかし、たとえ活動が停滞しても、ブログは残しておいて欲しいです(残っていればどうとか、残って無かったらどうという事は、無いのだけどね)。

 公式サイトでは、「GO FOR THE PARTY」のPVをフル試聴できます。
 SHINYA OE | BABY RELAX

 「恋をしようよ」は、デビューアルバム『THE ROOSTERS』の二曲目に収録。デビューシングル「ロージー」のB面でもあります。

続きを読む»

ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。