スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記 - のだめ、終わってしまった・・・。


 「のだめカンタービレ」、最終話も、非常に面白かった。ラストシーンはベートーヴェンの交響曲第7番。第4楽章、泣けます・・・。Sオケの時も涙が出たけど、今日のR☆Sオケの演奏は、何だかもう、泣き疲れてしまった。続編、やって欲しいな。できれば、同じキャストで。

 大笑いして号泣して、また笑ってまた泣いてって感じ。アニメ合成とか、音楽の使い方とか、斬新だなーと思った。新感覚の、不思議なドラマでした。パート2とか、映画化とかされたら、また観よっと。

 ご紹介したCDは、のだめファンにはオススメっ。特にDisk2は、ドラマや原作にハマっている方なら、場面が思い浮かぶと思いますよっ。てなわけで、Disk2を、一部ご紹介。

ディスク:2
1. ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番 「悲愴」
のだめが学校で練習していた曲。千秋がのだめのピアノを耳にしたのは、この曲が初めて。のだめらしい、とっても不思議な、魅力的な「悲愴」ですっ(独創的なテンポ。タメたり、ハシったり、とにかく格好が良いです!)。

2. モーツァルト:2台のピアノのためのソナタ ニ長調 第1楽章
のだめと千秋の、初めての共演曲。二小節で間違えて、のだめが「ぎゃぼーん」と吹っ飛ばされた場面の再現(笑)。

5. ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第5番 作品24 「春」
峰くんの、実技再試験の課題曲。曲のイメージは、峰くんいわく、「光る青春の稲妻」。この曲の伴奏は、のだめです(本番の時は風邪で寝込んだので、千秋が代役)。このヴァイオリン、かなりロックしていますっ。のだめも引きずられて、どんどん速くなる。

9. ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 2台のピアノ
これは、凄い・・・。鬼気迫るのだめ。学祭で千秋が弾いたピアノに衝撃を受けたのだめが、ぼろ雑巾のようになるまで、何日も練習を続けて、千秋に伴奏してもらいながら弾いた曲です。江藤先生(ハリセン)は、この演奏を聴いて、のだめの才能に気が付きますっ。

10. ショパン:エチュード 作品10-4
ドラマを観た方は、おそらく、この曲に一番おどろいたのでは無いかな。マラドーナ・ピアノ・コンクールへの二次予選のためのこの曲、のだめは江藤先生の前で一発で弾きこなしてしまう(本番ではボロボロだったけど・・・(涙))。のだめが小さな頃から聴いていた曲です。ドラマでは、チビのだめが弾いているシーンが何度か映し出されましたね。

11. ドビュッシー:喜びの島
マラドーナ、本選の1曲目!いつ聴いても、変な曲だなぁ・・・、変態。格好が良いのだけど、頭がフワフワすると言うか何と言うか・・・。現実と妄想の境界が薄れる感じ。大好きな曲なのだけど、昔からこの曲は、何故か、あんまり聴き過ぎない方が良いような気がする。クラクラする。

12. ストラヴィンスキー:ペトルーシュカからの3楽章
マラドーナ、本選のラスト!惜しい事に、CDに収録されている演奏は、フェードアウトしちゃいます・・・(「3分クッキング」、聴きたかったなぁ)。この曲、おいら大好きです。

 これほど音楽満載の作品って、TVドラマでは、後にも先にも無いんじゃないかな・・・(映画や舞台、マンガや小説であれば、めずらしくは無いだろうけど)。マジで、続編やって欲しいですっ!

続きを読む»

スポンサーサイト

雑記 - 明日、のだめ最終回っ。


 緊急告知っ、「のだめカンタービレ」、あした最終回です!予告を観たら、千秋が号泣しながら指揮棒ふっていた・・・、涙なみだの最終回になりそうな予感。もちろん、笑いもたくさん詰まっているハズ。笑いあり涙あり音楽ありの、ホントに素晴らしいラブコメだっ。

 いろいろと盛り上がっていますね、のだめ。「のだめカフェ」のメニューには、千秋が劇中で作った料理、「ミレリーゲ・アラ・パンナ・コン・イ・ブロッコリ」もあるらしい(←1300円・・・、高っ)。「のだめフェスティバル」では、カウントダウンコンサートが行われるそうです。CDも売れてますねっ。で、早々に、DVD化も決定!楽しみ。

 「のだめカンタービレ」、音楽好きであれば、きっと楽しめると思いますっ。漫画が実写化されて、これほど成功した例は珍しいのでは無いかな。上野樹里さんは「のだめ」のイメージそのもの。妙な内股とか、いかり肩で少し姿勢の悪いピアノの弾き方まで似せていて驚き。素晴らしい女優さんだと思いますっ(彼女、ジャコ・パストリアスとコルトレーンが好きとのコト。めっちゃスピリチュアル・・・、きっと音楽通なのね)。

(「のだめ」の部屋・・・。少しは片付けなさいっ)
のだめの部屋

続きを読む»

佐野元春 - クリスマス・タイム・イン・ブルー


 クリスマスから年末年始あたりの雰囲気、大好きですっ。音楽のハマる季節だと感じる。人も、街も、何だか静か。寒くて外出する人も少ない。虫や鳥のさえずりさえも、あまり聴こえない。犬とか猫とか、動物も大人しい気が・・・(?)。ノンビリと部屋で、好きな音楽を聴きながら静かに過ごすのに、良い季節だと思います。

 きっと皆さん、お気に入りのクリスマスソングってありますよね。洋楽をあげる方が多いのかな・・・。日本のアーティストも、たくさんのクリスマスソング作品を出しているけど、邦楽で「これぞクリスマスソングっ」というのは、実はおいら、あまり思いつきません。まぁ、当たり前と言えば、当たり前かな。日本にこれだけクリスマスソングがあるコトが不思議だ。

 ご紹介した曲は、詩も曲もステキ。クリスマスの夜に、オススメの一曲ですっ。おいらが聴いていた当時は、付録にVHSのビデオが付いてきた。単なる白銀の世界を映した映像で、期待したほどのモノでは無かったのだけど、それでも、元春からのクリスマスプレゼントって感じで、嬉しくて何度も観たのを憶えています。

 と、ここまで薦めておいて恐縮ですがっ・・・。この曲、実際にクリスマスに聴くことは少ないなぁー(汗)。一番よく聴いている曲は、おそらく添付した動画ですっ。説明不要の、定番中の定番。邦楽のクリスマスソングって、やっぱり何かピンと来ないっ・・・。そもそも、日本のクリスマス自体がピンと来ない。でも大好き(笑)。

 ちなみに邦楽クリスマスソングとしては、浜ちゃんの「チキンライス」も好きです。イエモンの「MERRY X'MAX」も良い曲だけど、あれはクリスマスソングとは思えないなぁー。うーむ・・・、やはり、邦楽の中では、ご紹介した曲くらいしか思い浮かばないっ。

(メリークリスマス!)

続きを読む»

チャットモンチー - 耳鳴り(アルバム)


 今日は久しぶりに、レコード屋さんをゆっくりと見て回りました。

 向った先は、吉祥寺の新星堂。新星堂さんは、どちらかと言えば売れ筋を多く並べたお店といった印象。だけど、ところどころ、通な陳列もチラホラ。今日のぞいた時には、コーネリアス関連の一角が、充実していました。フリッパーズギター時代のアルバム4枚ほどと、最近のアルバムやシングルが数枚、面出しされていた。しかも、ミュージックライフのコーネリアス特集まで、面出しされていました(アレは売り物じゃないかも。店員さんのかな・・・)。

 吉祥寺の新星堂にはライブスペースがあります。おいらの知る限り、あのステージを踏んだバンドで一番ビッグになったのは、GO!GO!7188かな。出演者は、まだ世に出ていない人や若手が中心で、初々しいライブが聴ける。フリーなので、気になる音が聴こえた時は必ず足をとめて観ていたけど、ここしばらく活発じゃない気が(やっているのかい?・・・)。

 今日ゲットしたアルバムは二枚。一枚は、いまハードリピート中の「耳鳴り」、これは好感触!アジカンとGOGOとスーパーカーと少年ナイフ、あと、意外なコトに、ナンバガの匂いもしたりしますっ。もっと和モノっぽい、歌謡ロックみたいな雰囲気を想像していたのだけど、思ったよりブリティッシュなのね・・・。まだ数回とおして聴いただけだが、かなり良い感じっ。

 もう一枚は、同じくチャットモンチーの、「chatmonchy has come」。こちらの方は想像通りのポップな仕上がり。ざっと聴いた限り、「耳鳴り」の方が好きな音かな・・・。どちらのアルバムも歌メロはポップなのだけど、「耳鳴り」の方が、ギターの音や曲の雰囲気がハード。轟音が爆音で響いている。ZAZEN BOYS(元ナンバガ)の、向井のテレキャスっぽい音まで聴こえるっ、意外だ・・・。リズムも少し複雑なのね(これは予想通り)。もっと聴き込んだら、気に入った曲をレビューしようと思っていますっ。

 いやぁー、めっけもん。チャットモンチー、久々のマイヒットっ。3ピースのロックバンドって、やっぱり格好が良い・・・、おいらは大好き。3ピースバンドで歌う人は、とっても大変。歌担当は、その後ビッグに成る人が、洋の東西問わず、多い気がします(スティング、カート・コベイン、ベンジー、などなど・・・)。チャットモンチー、特にギター&ボーカルの橋本絵莉子さんのこれからに、おいらは注目しますっ。

続きを読む»

矢野顕子 - 中央線


 オレンジ色のにくい奴、JR中央線がリニューアルするって、知っていましたか?あのステキなオレンジ一色の車体が、今月の終わりごろ、モデルチェンジするそうです。

 多くのミュージシャンが、中央線への愛着を語っているのを耳にする。中には、詩にしたためている者まで居ます。
 
 例えば、林檎の「メロウ」。「橙色はとまらない、黄色を探して乗り込め」は、西荻、阿佐ヶ谷、高円寺あたりで降りるために、「だいだいいろ(の中央線)から、きいろ(の総武線)に乗り込め」、と唄っているのだと推測。小島麻由美も「恋の極楽特急」で、「オレンジ色した極楽特急に乗り込んで彼に会いに行くよ」と唄っている。オレンジ色の極楽特急は、きっと中央線だと思います。吉田拓郎の「高円寺」も、よく知られた一曲かな。

 ご紹介した曲は、タイトル自体が、まんま「中央線」。この曲を聴くと、おいらは早朝の中央線を思い浮かべます。非常に心地の良いアコースティックな曲ですっ(実際の詩の内容は、最終電車あたりの中央線を唄ったモノ。比較的、詩より曲を中心に聴いてしまうせいか、おいらは勝手に朝をイメージしてしまう・・・)。

 今日は寒さにめげず買い物へ。そうしたら偶然、新車両らしき電車を、初めて目にしました(試験運転中?)。今時ありがちな、ステンレス製の車体・・・、が、しっかりとオレンジ色のラインが入っていましたっ。やっぱり、中央線と言えばオレンジ。おいらの大好きな色。長らく住み続けている中央線沿線。おいらも、あの電車には愛着があります。

(THE BOOMによるカバーを発見。オリジナルの伴奏は、ギターでは無くピアノです※)


 ※THE BOOMがオリジナルとのご指摘を頂きましたっ。確認すると,作詞作曲ともに確かに宮沢和史さん,(・_・、) 。長年,矢野顕子さんの曲だと思い込んでおりました。ご指摘を,ありがとうございましたっ。誤情報を振りまいて,ゴメンナサイ……。

続きを読む»

ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。