スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペトロールズ - 公式サイト、鋭意創作中とのコト

 長岡亮介さん(東京事変の浮雲)がライブで告知していた、ペトロールズの公式サイト。まだ制作中であり、また「簡単」というコトもあって、その場では教えて頂けなかったURL。

 http://www.petrolz.jp/

 制作中ながら、すでに在りました!将来的には、サイトを通じて、音源入手とかできるのかなぁ・・・。CDでもテープでもソノシート(?)でも、何でも良いので通販してくれたら、嬉しいっ。けどまぁ、いきなりアレもコレもと欲張らずに、気長にまったりと待つコトにします・・・。まずはサイトの完成が楽しみ!
スポンサーサイト

JMUSICランキング(2006年) - 総括

 集計はLast.fmのランキング機能を使いました。おいら、1月3日に年間ランキングをチェックし、テキストにコピーしたモノを使って記事を書いたのですが、先ほど確認したところ、3日現在のランキングとは若干ちがっていた(汗)。考えてみたら、ロールバックに数日かかるので、1月3日では正確なデータは採れない(今ごろ気が付いた)。


 上位はさほど変わっていませんが、12月にハードリピートしたチャットモンチーが、いきなり6位にランクインしていました。正確なランキングは、以下の通り。


 ※2006年にPCで再生した回数、上位495アーティストですっ。アーティスト各位に感謝っ!
1 : aiko
2 : Nirvana
3 : RCサクセション
4 : advantage Lucy
5 : The Roosters
6 : チャットモンチー
7 : 大塚愛
8 : BLANKEY JET CITY
9 : 椎名林檎
10 : ASIAN KUNG-FU GENERATION
11 : Jaco Pastorius
12 : BONNIE PINK
13 : Jimi Hendrix
14 : CORNELIUS
15 : The Yellow Monkey
16 : The Beatles
17 : NIAGARA TRIANGLE 佐野元春 杉真理 大滝詠一
18 : アークティック・モンキーズ
19 : BOOWY
20 : Loudness
21 : NUMBER GIRL
22 : 大江 慎也
23 : Radiohead
24 : 松田聖子
25 : SUPER JUNKEY MONKEY
26 : The Jimi Hendrix Experience
27 : GO!GO!7188
28 : advantage Lucy
29 : Chara
30 : Wolfgang Amadeus Mozart
31 : サザンオールスターズ
32 : Yellow Magic Orchestra
33 : JUDY AND MARY
34 : The Police
35 : Carpenters
36 : Bjork
37 : John Lennon
38 : 細野晴臣
39 : スピッツ
40 : サディスティック・ミカ・バンド
41 : Cibo Matto
42 : BUMP OF CHICKEN
43 : ゆらゆら帝国
44 : GONTITI
45 : サニーデイ・サービス
46 : くるり
47 : 奥田民生
48 : Red Hot Chili Peppers
49 : 徐若?(vivian hsu)
50 : Led Zeppelin
51 : Mr.Children
52 : SUPERCAR
53 : 吉田拓郎
54 : Lollipop Sonic
55 : 渡辺香津美
56 : フジ子・ヘミング
57 : 小島麻由美
58 : LOVE PSYCHEDELICO
59 : the pillows
60 : The Strokes
61 : Cymbals
62 : Coaltar Of The Deepers
63 : Pixies
64 : Rei Harakami
65 : Towa Tei
66 : Sketch Show
67 : RIP SLYME
68 : モーサム トーンベンダー
69 : クラムボン
70 : Weezer
71 : The d.e.p
72 : 坂本龍一
73 : FLYING KIDS
74 : 浜田雅功
75 : 椎名林檎(裕美子)
76 : Eastern Youth
77 : クレイジーケンバンド
78 : Mondo Grosso
79 : Daft Punk
80 : James DePreist; 東京都交響楽団
81 : 電気グルーヴ
82 : the brilliant green
83 : Pizzicato Five
84 : 戸川 純
85 : 東京事変
86 : Jamiroquai
87 : Bloc Party
88 : カヒミ・カリィ
89 : The Chemical Brothers
90 : Polysics
91 : 吉田美奈子
92 : 宇多田ヒカル
93 : 槇原敬之
94 : Jazztronik
95 : capsule
96 : Stevie Ray Vaughan and Double Trouble
97 : U2
98 : Seagull Screaming Kiss Her Kiss Her
99 : はっぴいえんど
100 : ゆず
101 : THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
102 : The Clash
103 : 矢野顕子
104 : 尾崎豊
105 : Tortoise
106 : 大滝詠一
107 : Franz Ferdinand
108 : 松任谷由実
109 : Ben Folds Five
110 : ビビアン・スー
111 : Enya
112 : The Smashing Pumpkins
113 : Off Course
114 : Perfume
115 : 石岡久乃
116 : The Who
117 : BAZRA
118 : TOMONAO HARA
119 : 梅田俊明; のだめオーケストラ
120 : MISIA
121 : Aerosmith
122 : 砂原良徳
123 : Beroshima
124 : Carnation
125 : GUITAR VADER
126 : John Coltrane
127 : David Bowie
128 : The Rolling Stones
129 : Miles Davis
130 : Cocco
131 : ケンイシイ
132 : YOSHII LOVINSON
133 : 電気グルーヴ×スチャダラパー
134 : Mouse on Mars
135 : Deee-Lite
136 : Oasis
137 : bird
138 : The Beach Boys
139 : Fantastic Plastic Machine
140 : Hang On The Box
141 : Queen
142 : Johannes Schmoelling
143 : Hiromi Uehara
144 : Sting
145 : Minmi
146 : 石岡久乃 & 安宅薫
147 : Tahiti 80
148 : Santana
149 : BARBEE BOYS
150 : Giorgio Moroder
151 : Art Pepper
152 : 梅田俊明; のだめオーケストラ, 東京都交響楽団
153 : Television
154 : Deep Purple
155 : HALCALI
156 : Dragon Ash
157 : Sonic Youth
158 : The Mars Volta
159 : Gorillaz
160 : ORIGINAL LOVE
161 : Coldplay
162 : Rovo
163 : 空気公団
164 : Blur
165 : royksopp
166 : The Collectors
167 : soul designer
168 : キリンジ
169 : Dreams Come True
170 : Plus-Tech Squeeze Box
171 : ↑THE HIGH-LOWS↓
172 : Mean Machine
173 : Crystal Kay
174 : SEAGULL SCREAMING KHKH
175 : Moby
176 : The White Stripes
177 : Billy Joel
178 : 石野卓球
179 : The Jon Spencer Blues Explosion
180 : The Doors
181 : Sufjan Stevens
182 : Eminem
183 : MIKA
184 : The Cranberries
185 : Wilco
186 : Interpol
187 : My Bloody Valentine
188 : 矢井田瞳
189 : YUKI
190 : Beck
191 : The Velvet Underground
192 : Johann Pachelbel
193 : Dorothy's Magic Bag
194 : Jack Johnson
195 : Maroon 5
196 : ケツメイシ
197 : 森広隆
198 : Prince
199 : Max Richter
200 : Styrofoam
201 : Green Day
202 : Syrup16g
203 : のだめオーケストラ
204 : Bob Marley
205 : m-flo
206 : Velvet Crush
207 : Muse
208 : L'Arc~en~Ciel
209 : Trans-Siberian Orchestra
210 : Teenage Fanclub
211 : SUGAR BABE
212 : Sophia
213 : Pale Saints
214 : Nullsleep
215 : Belle and Sebastian
216 : HYDE
217 : Beastie Boys
218 : Boom Boom Satellites
219 : The Mamas & The Papas
220 : Kula Shaker
221 : The Apples in Stereo
222 : Mum
223 : シーガル・スクリーミング・キス・ハー・キス・ハー
224 : Herbie Hancock
225 : The Brand New Heavies
226 : The Get Up Kids
227 : Iron Curtain
228 : Yes
229 : Hi-STANDARD
230 : Yen Town Band
231 : Lucy Van Pelt
232 : Hans Zimmer
233 : Nine Inch Nails
234 : R.E.M.
235 : Igor Stravinsky
236 : PENPALS
237 : Primal Scream
238 : Ben Harper
239 : Pat Metheny
240 : 山下達郎
241 : じゃがたら
242 : Fishbone
243 : Ludwig van Beethoven
244 : Mogwai
245 : Earth Wind & Fire
246 : Imogen Heap
247 : Delia Derbyshire
248 : Modest Mouse
249 : Badly Drawn Boy
250 : Air
251 : noodles
252 : Aphex Twin
253 : Yann Tiersen
254 : Hi-STANDARD
255 : Neil Young
256 : Charlie Parker Quartet
257 : The Blue Hearts
258 : Madonna
259 : Rocketship
260 : The Flaming Lips
261 : Chet Baker
262 : Jet
263 : Elastica
264 : Trivium
265 : blink-182
266 : Keane
267 : J.O.Y.
268 : Mad3
269 : MAMALAID RAG
270 : Balun
271 : Missy Elliott
272 : Avril Lavigne
273 : Pete Yorn
274 : 大瀧詠一
275 : Fertile Ground
276 : James Blunt
277 : Mazzy Star
278 : Wir sind Helden
279 : Jean Sibelius
280 : 羅針盤
281 : Nena
282 : Vo Vo Tau
283 : つじあやの
284 : フジファブリック
285 : John Williams
286 : Chuck Berry
287 : Sly & The Family Stone
288 : Guns N' Roses
289 : Gamine
290 : 暗黒大陸じゃがたら
291 : Sublime
292 : Zero 7
293 : Joe Pass
294 : ウルフルズ
295 : Diana Ross
296 : Non Phixion
297 : Rufus Wainwright
298 : XTC
299 : Iron Maiden
300 : The Postal Service
301 : The Decemberists
302 : Nigel Kennedy
303 : Gustav Mahler
304 : Elvin Jones
305 : uinona
306 : Pavement
307 : Craig Armstrong
308 : 311
309 : Dinah Shore
310 : fra-foa
311 : Andres Segovia
312 : triPhaze
313 : Jurassic 5
314 : King Crimson
315 : Echobelly
316 : The Galactic Heroes
317 : 怒髪天
318 : ルースターズ
319 : オスカー・ピーターソン・トリオ
320 : Travis
321 : μ-Ziq
322 : Charlie Parker Quintet
323 : Ennio Morricone
324 : Primus
325 : Muddy Waters
326 : Carl Orff
327 : The Stone Roses
328 : Thomas Newman
329 : Bela Bartok
330 : HOME MADE 家族
331 : Spiritualized
332 : Zilch
333 : Heaven
334 : Ratatat
335 : 青山陽一
336 : RJD2
337 : The Charlatans
338 : The Maytals
339 : Camille Saint-Saens
340 : 中村一義
341 : 河野紘子
342 : Cubic U
343 : Carl Nielsen
344 : Sofia Sinfonietta Orchestra
345 : 森山威男
346 : Stereolab
347 : Philip Glass
348 : Billie Holiday
349 : Russell Simins
350 : Elton John
351 : Tegan and Sara
352 : Johann Sebastian Bach
353 : Hardfloor
354 : Cassius
355 : Ron Sexsmith
356 : Michael Nyman
357 : Good Charlotte
358 : Maurice Ravel
359 : Susan
360 : Steve Reich
361 : Johnny Cash
362 : Bernard Herrmann
363 : Buffalo Daughter
364 : Tristeza
365 : Lisa Maffia
366 : Elvis Costello & The Attractions
367 : Do As Infinity
368 : Anima
369 : Anton Bruckner
370 : The Cat Empire
371 : Anastacia
372 : Os Mutantes
373 : Isis
374 : wyolica
375 : Tommy heavenly6
376 : Robert Wyatt
377 : Eric Clapton
378 : Glenn Gould
379 : 平井堅
380 : Van Morrison
381 : McCoy Tyner
382 : The Cure
383 : The Streets
384 : Black Flag
385 : Richard Wagner
386 : Gordian Knot
387 : nina soul
388 : Pearl Jam
389 : Three Berry Icecream
390 : The London Philharmonic Orchestra
391 : Tree Wave
392 : バッファロー・ドーター
393 : DJ Shadow
394 : The Three Sounds
395 : 808 State
396 : Junior Boys
397 : Thelonious Monk
398 : Leonard Bernstein
399 : Yanni
400 : Yum!Yum!ORANGE
401 : AJICO
402 : The Blues Magoos
403 : John Lennon&the Plastic Ono Band
404 : Sonny Clark
405 : Astral Projection
406 : Sergei Rachmaninoff
407 : Howlin' Wolf
408 : Gackt
409 : George Gershwin
410 : Pelican
411 : Kate Bush
412 : Jazzanova
413 : Dream Theater
414 : The Bad Plus
415 : Joseph Nothing
416 : Mike Oldfield
417 : Mark de Clive-Lowe
418 : Cat Power
419 : アニタ・オデイ
420 : Sarah Vaughan
421 : Yeah Yeah Yeahs
422 : GRAPEVINE
423 : Kaki King
424 : ELLEGARDEN
425 : Utada
426 : 大田佳弘
427 : Vitalic
428 : Howard Shore
429 : LUNA SEA
430 : ZEPPET STORE
431 : Piana
432 : Galaxie 500
433 : Erik Satie
434 : Essence
435 : Bo Diddley
436 : The Go! Team
437 : はちみつぱい
438 : Northcape
439 : advantage Lucy/フリー デザイン コープ
440 : Michael Jackson
441 : Hella
442 : The Allman Brothers Band
443 : Explosions in the Sky
444 : The Zutons
445 : Lisa Loeb
446 : Dark Tranquillity
447 : Esthero
448 : Papas Fritas
449 : Elvis Costello & the Imposters
450 : 憂歌団
451 : ストレイテナー
452 : Hall & Oates
453 : The Libertines
454 : Akira Yamaoka
455 : 朝日美穂
456 : Squarepusher
457 : Stevie Wonder
458 : Cynthia Dall
459 : Tommy february6
460 : Ashanti
461 : World's End Girlfriend
462 : YOSHIKI
463 : ゴスペラーズ
464 : Zimbo Trio
465 : Massive Attack
466 : Kiss
467 : Queen Adreena
468 : Yo-Yo Ma
469 : DJ Food
470 : Little Richard
471 : Frou Frou
472 : 東京スカパラダイスオーケストラ
473 : Ella Fitzgerald
474 : The Kinks
475 : 森田童子
476 : Supergrass
477 : The Beautiful South
478 : Touch
479 : Gioacchino Rossini
480 : John Petrucci & Jordan Rudess
481 : Cassandra Wilson
482 : NONA REEVES
483 : 野宮真貴
484 : The Roots
485 : The Verve
486 : John Cage
487 : Stevie Ray Vaughan
488 : Backstreet Boys
489 : Jon Brion
490 : ART-SCHOOL
491 : Tan Dun
492 : Jean-Michel Jarre
493 : PE'Z
494 : Janis Joplin
495 : hide

JMUSICランキング(2006年) - ベスト3!

 ついに、ベスト3っ。2006年に、(おいらがPCで)もっとも多く聴いた3アーティストです。

第3位 RCサクセション

 3位はRC!もう、ずいぶんと長いあいだ聴いています・・・。エレキを持ち始めた頃、よく練習していました。清志郎は去年、喉を患いましたが、復調しつつあるようですねっ。気長に、ボチボチとやっていただけたら、おいらは嬉しい。清志郎&チャボは、もっと歳を重ねたら、ブルース色が濃くなるのかな・・・。今後の活動も、おいらは楽しみですっ!

※この曲、昔から好きですっ。清志郎&チャボって、いいなぁ・・・、仲良し。



第2位 Nirvana

 コベインが亡くなって13年もの月日が経つ・・・、早いなぁ。しょちゅう聴いているし、映像も観ているから、彼がこの世に存在しないという感覚が、おいらには稀薄です。今でも、多大なる影響を与え続けているであろう、Nirvanaのカート・コベイン。華奢な体、キレイな顔、魅力的な声、繊細な心・・・。コベインには、もう少し、せめて自殺せずに済む程度の無骨さ、図々しさといった類のモノを、持ち合わせて居て欲しかった。享年27歳、あまりにも若すぎます・・・。

※アコースティックサウンドは、新たな可能性の一つでした。新作が聴きたい・・・。



 で、ついに、2006年JMUSICランキングのトップワンっ。

第1位 aiko

 意外と言われるコトも多いのですが、aikoの再生頻度は、ダントツの1位です。詩に思い入れのある方が多いようですね(特に女性)。おいらは曲の方が好きで、彼女の作曲にたいへん興味があります。

 一般的には、良くも悪くも歌謡曲的なイメージの強いaikoですが、アルバムを聴きこむと、きっと印象が変わりますよ。ジャクソン・ファイブやスティービー・ワンダーのようにソウルフルだったり、良質のポップスだったり、ストレートなロックだったり、時にはパンクやグラムまで彷彿させる・・・。意外なほどたくさんの引き出しを持っていて、音楽性の幅が広いです。

 複雑な旋律を、「簡単じゃないの?」とリスナーが錯覚するほど、自然に歌いあげるaiko。楽曲は、一曲を除く全てをaiko自身が作曲しています(!)。良質な作品をコンスタントに紡ぎ出し続けている。aikoは稀有な、素晴らしいシンガーソングライターだと思いますっ。

 てなわけで、2006年、JMUSICランキングの1位は「aiko」でしたっ!

※YouTubeの邦楽動画、少なくなりましたね・・・。この動画も、短命やもっ。

JMUSICランキング(2006年) - 10位~ 4位

 2006年JMUSICランキングも、いよいよ大詰め。今回は10~4位を発表っ!



 第10位
 BONNIE PINK

 去年は、知名度を上げましたねっ。デビュー11年目にして、初の紅白出場を果たした彼女ですが、FMラジオでは、「Heaven's Kitchen」発表当時に盛り上がっていました。J-WAVEが大プッシュしていたのを、今でも憶えています。おいらは、デビュー当時に彼女を観ました。彼女は、非常に緊張していました(観ているうちに、おいらも緊張してきた・・・)。年末、久方ぶりに紅白で観た彼女は、ずいぶんとリラックスして、のびのびと唄っていた。それもそのはず、「Heaven's Kitchen」から、はや、10年の月日が・・・。時の経つのは早いっ。

 ※当時、ご多分にもれず、おいらもかなりハマった一枚。このアルバムを超えるのは、彼女自身、至難では・・・。





 第10位
 Jaco Pastorius

 35年の、短い人生を駆け抜けたジャコ。繊細なガラス細工のようなアーティストは、愚鈍なマッチョに葬られました。

 ※彼の他の作品と比べると、聴きやすいと思います。心のバランスを失ってからの彼のパフォーマンスは、おいらには難しくて、残念ながら理解できません・・・。




 第 9位
 ASIAN KUNG-FU GENERATION

 レコード屋をさまようおいらの耳に、いきなり飛び込んできた彼らのサウンド。(いつものように)「これ、誰すか?」と店員さんへ尋ね、ファーストを即買いしました。彼らのアルバムは、ジャケもステキですねっ。なんと言うか・・・、センチメンタルテイスティー(?)。

 ※近頃の作品としては、このシングル、「ワールドアパート」が好きです。歌詞も歌声も、力強いっ。




 第 8位
 椎名林檎

 忙し過ぎませんか・・・。早く再婚すれば良いのになーなんて、勝手なコトを思ってしまいます(←余計なお世話)。

 ※「正しい街」では、上京する前の心情を唄っています。もしデビューしたら、ファーストの一曲目に収録すると決めていた曲。ソロツアーの全ステージで唄った曲。

 「正しい街」(作詞・作曲:椎名林檎)

 なんて大それたことを夢見てしまったんだろう
 あんな傲慢な類の愛を押し付けたり
 都会では冬の匂いも正しくない
 百道浜も君も室見川もない

 もう我が儘など云えないことは分かっているから
 明日の空港に最後でも来てなんてとても云えない
 忠告は全ていま罰として現実になった

 あの日飛び出した此の街と君が正しかったのにね





 第 7位
 BLANKEY JET CITY

 来たー!ブランキー。解散コンサートの記憶が、今でも残っているよ。アマチュア時代のイカ天出演も、リアルタイムで観ていた・・・。解散したのは、残念。今でも喪失感が残っています。

 ※名曲揃い!文句なしに、ブランキーの代表作だと思います。不思議な詩の世界と、上手いんだか下手なんだか分からんギター(ごめんなさいっ)も、おいらは大好きです!





 第 6位
 大塚愛

 彼女を聴き始めたのは、2006年からです(遅っ)。デビュー当時に一瞬見た瞬間、「ん。おいらとは無関係」と、早合点していた。たまたま「フレンジャー」を聴いて、「あれ。根っこはパンク?」と(勝手な)判断。で、調べてみたら、日本の代表的なパンク(?)、ブルーハーツの梶くんがドラムを叩いていたコトを知った。そんなきっかけで、2006年は大塚愛作品を、一気に勉強しました。結果、ランクインっ。



 第 5位
 advantage Lucy

 アドバンテージ・ルーシーは、良いよ。Last.fmでも、時々ながれます(が、Last.fmでは「Nico」しか聴いたコトないぞー。謎・・・、偶然かな)。ギターポップが好きな方には、オススメですっ。一度メジャーになってから、さくっとインディーズに戻る「凛」とした音楽活動にも感心(でも、もう少し簡単にCDが手に入ると嬉しい・・・)。

 ※オススメは他にあるのだけど、少し入手し難い(実際に自分でレコード屋まわってみて、実感した・・・)ので、ベスト盤をご紹介します。このアルバムは、Amazonやレコードショップで、当たり前に買えます。





 第 4位
 The Roosters

 大江、復活!ロックの荒削りな魅力って、表現するの難しいと思う。練習でどうなるものでは無い気がします。ミッシェルなんかも格好が良いし、他にもそういった類のバンドはあるけど、おいらはルースターズが好きです。

 ※ちょっと極端な分け方だけど、ルースターズの楽曲はThe Rolling Stonesのようなシンプルなロックンロール、Echo and the Bunnymen(エコバニ)のようなブリティッシュ系ニューウェーブサウンド、及びThe Velvet Undergroundのようなサイケな作品に大別できると思います。今回ご紹介したアルバムは、シンプルなロックサウンドです(ニューウェーブ系が好きな方には、「φ」(ファイ)をオススメします)。




 さて、次回はついに、ベスト3かっ。2006年、(おいらに)もっとも聴かれたアーティストは・・・。

JMUSICランキング(2006年) - 20位~11位

 2006年JMUSICランキングも、残り僅か。今回は20~11位のランキング発表ですっ。



12 Jimi Hendrix
13 CORNELIUS
14 The Yellow Monkey
15 The Beatles
16 Loudness
17 BOOWY
18 大江 慎也
19 Radiohead
19 NUMBER GIRL



 ナンバーガール、今でもこんなに聴いているのだなぁ。ちなみにおいら、向井フリークではありませぬ。ナンバガが好き。ですので、ZAZENネタは振らないでください・・・、悪しからず。

 ※初めて耳にした時は、「ん?なんじゃこりゃ」と思った。近所の男子大学生がナンバガファンで、一緒に聴いているうちにおいらもナンバガ好きに。で、一緒にナンバガが主題歌を担当した映画を観たり、ライブへ行ったりしたな・・・、思い出深いバンドです(その学生には、今ではカワイイ嫁が。時の経つのは早いっ)。


 レディへは、おいら、実はあんまりよく分かっていないと思う。クリープのような、ポップなのばかり聴いている。決して、レディへファンとは言い難いです。が、意外と再生頻度たかいのだなぁー。自分自身、ちょっと、意外なランクイン(データは嘘つかないですね。このあたりの、主観とのズレが、ちょっとオモシロイ)。

 大江慎也、とクレジットされているのは、ルースターズではなく、大江慎也のソロ作品です。今でも現役ですよー、がんばれ・・・、いや、がんばらなくていいや、楽しんでくれ大江っ。

 ※昨日より今日が、ほんの少しでも良くなればって、あきらめずに想っているだけで、奇跡的に復活することもあるのだな。なーんて、勝手なコトを想像しました。復活オメデト、大江さん。ボチボチと、行こー。


 こんな高いところにランキングしちゃったか、ボウイ・・・。総合17位って・・・。え、16位はラウドネス・・・。あー、なんか気恥ずかしい。えと、都合20年以上聴いているコトに。んー・・・、変わんないのね、おいら。

 ※BOOWYのアルバムを今さら紹介って、どーなんすかね。ま、いいや。好き嫌いに関わらず、聴いて良いでしょ。いろーんなJPOPの原点、原典です。


 15位はビートルズ。ちなみに、Last.fmの世界ランキングでは、1位ですね。まぁ、ずっと1位でしょ、きっと。おいらから、特に語れるようなコトは、ありません。ちなみにおいらは、ポールのメロディーがすきなのだけど、人としては圧倒的にジョンが好きです。

 14位、きたー、イエモン!!大好き。ずっと好き。余談だが、おいらは三回だけ、友人の結婚式で一人で(?!)唄ったコトがあるのだけど、三度ともイエモンを唄わして頂きました(一度は新婦のリクエストだったが、他の二回は、おいらの勝手な選曲・・・。各位、ゴメンよっ)。

 ※大好きなイエモンなのですが、実は、後期はあまり聴いておりませぬ・・・。グラムなイエモンが好きっ。デヴィッド・ボウイ丸出し初期の吉井が、おいらは大好きですっ。


 13位はコーネリアスっ!去年、5年ぶりに復活しましたねー。残念ながら、おいらはあまり聴いていないけど・・・。でも、彼はたくさん名作を残しているよ。小山田圭吾は、好みの作品で無くても、ずっとチェックし続けると思う。そういうアーティストは、おいらの場合、少ないです。

 ※Last.fmで、このアルバムから何曲か流れました。自分が持っている曲なのに、ラジオとかで流れると、不思議と嬉しい。


 12位は、永遠のギターヒーロー、じみへんっ。前のランキングで書いたように、「The Jimi Hendrix Experience」でクレジットされている作品が29位にランクインしていて、票が割れてしまった。トータルすると、総合7位です。今でもしょっちゅう、弾いていますっ。

 ※権利の問題がどうとか、何がどうとかで(?)、突然リリースされた伝説のライブ音源。ジミヘンって、海賊盤がたくさんありますね。おいらも昔は、何枚か変なの買いました。今はきちんとした音源がリリースされるので、幸せ。



 (伝説のウッドストックより一曲ご紹介。「Fire」!!っ)


 さて、次回はついに、トップ10っ。当然のこと、登場するのはJMUSICなじみのアーティストばかりだが、その順位は意外かも・・・。
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。