雑記 - 懐古の情。

 昨日、ペトロールズのライブ前に寄った店の話。

 少し前にビリヤード場で知り合った男性が、「カフェバーをやっている。昼は軽食も出しているヨ」と言っていたのを、ふと思い出した。店の名は覚えていたし、ライブまでは半端な時間が空いていたから、寄ってみるコトに。

 一度お逢いしたきりだったので、少し図々しいかなという気持ちを抱えながら向かった。何故そんな思いをしながらも寄ったかと言うと、彼が音楽に詳しそうだったから。知り合った場所はビリヤード場でしたから、あまり多くを話すコトは無かったのだけど、ほんの少しだけ音楽の話になった。その話の中で、音楽通を思わせるキーワードがいくつか出てきたので、ちょっと気になって居たのです。

 おいらの予想を超えて、マスターは音楽通だった。店にはレコードがずらりと並んでいた。「何をかけますか?」と引き出したケースにはカセットテープ・・・、すごく懐かしい気分になった。カセットテープの山の中から流したい曲を選ぶなんて、いつ以来だろう。

 おいら達は少し迷った。ジョー・パス、ウェス・モンゴメリー、パット・メセニーとジャズギタリストを物色した結果、渡辺香津美を流すコトになった。おいらは図々しくも、小一時間のアルバムを最後まで聴きました(汗)。

 香津美が終わると、マスターは何も言わずに次のアルバムをかけた。おいらの知らない曲だったけど、パット・メセニーの音に似ていると思った。そのアルバムを最後まで聴いてはペトのライブに遅れてしまうので、二曲目が終わったところで、店を出るコトにした。

 清算の際、「今の、パット・メセニーですか?」と尋ねると、「そう、すごく気に入っているライブ盤なんだ。フレットレスギターを使ってプレイしているんだよね」と、マスターは嬉しそうに答えた。山勘が当たって、おいらはホッと胸を撫でおろしました(笑)。

 アナログな、落ち着く店だった。大きなカセットデッキ、レコードプレイヤー・・・、懐かしかった。その店に流れる音楽はモチロン、匂いとか、雰囲気とか、色々なモノが懐かしく思えて、少しだけ目頭が熱くなった。アナログは良い。懐古趣味なんかじゃ無いよ。ホントに良いんだ。

 冷製ベジタブルスパゲティと珈琲、美味しく頂きました。マスター&奥さん、ステキな食事と音楽をアリガトウ。

ペトロールズ - ライブレポ(2007/6/9@下北沢GARAGE)

 ペトロールズのライブレポート!2007/6/9に下北沢GARAGEで行われたライブについて書きます。

(チケットっ)
チケット


 すごく良いパフォーマンスでした!前回のライブで感じた若干のモノ足り無さを、今回はまったく感じなかった。それどころか、どの曲も素晴らしい内容でしたっ。

 一曲目は、「ツバメ」。前回のライブでも良い曲だと感じたけど、今回は一段とステキでした。長岡亮介さん(東京事変の浮雲)のボーカルは、まだ一曲目だと言うのに全開っ。各メンバーもすごくノッて居るように見えました。

 二曲目は、「最近」。それほど好みでは無かったのだが、今回は・・・、楽曲やアレンジは何も変わっていないのに、前とは違って聴こえましたっ。で、この度、割と好きな曲に昇格・・・、聴き込むと味の出るタイプの曲かも。長岡さんの、投げやりなボーカルが渋かったなぁ。

 三曲目は、と、その前にMCが。(長岡さん):「えーと・・・、何か聞きたいコトありますかぁ?」、ん・・・どんなMCやねんっ(笑)。すぐさま、「ダメだよ、お客さん任せではっ」というボブさん(ドラム)のツッコミが。そう、今回のライブで少し驚いたのはタイトル紹介。今まではほとんど無かったのに、今回は都度・・・(感謝!)。このMCタイムでも、一曲目と二曲目のタイトルを教えてくれました。

 で、三曲目は・・・。長岡さんは「タイトルは無い」と言いました。が、セットリスト(曲目を書いた紙)には「MAC」と・・・、ハテ。ま、長岡さんがタイトル無しと言っているのだから、当面は「無題」としておこうかな。いやぁ、コノ曲も好きっ。大抵の曲に言えるコトですが、長岡さんのバッキングはリズムが複雑。唄がバッキングに、バンキングが唄に引きずられて当たり前なのだけど、稀に、完全に独立している様に、自由にプレイするミュージシャンが居る・・・不思議だ。長岡さんも、そういうタイプの一人です。

 四曲目は、「気化」。少し陰ウツとした雰囲気の、都会的な作品。うーん、何とたとえたら良いか・・・、初期のオリジナル・ラヴ?・・・。長岡さんの声質は、オリジナル・ラヴの田島貴男と少し似ている気がします(これは単なる偶然だと思うが、タイトルの付け方も少し似ている・・・)。この作品は、久方ぶりに演奏したとのコト。今回のライブでは、古いナンバーが多かったようです。

 五曲目は、「夜中の数学」。ギターの、ブルージーなオブリガードが格好良かった・・・。長岡さんは色々なスケールを駆使しているけど、シンプルな、例えばペンタトニック(五音階)だけでも、個性的なフレーズを紡ぐコトが出来そうだ。エフェクターとか、小難しいスケールやコードに頼らなくても、格好良く鳴らすコトができる真の実力派ギタリストだと、おいらは推測していますっ。

 六曲目は、「無い者ねだり」。前回も書いた通り、ベースのハーモニクス(パポーン、プポーンって音)が、めっちゃ格好良いのですよ。ジャコパスかと・・・(←大げさ)。てなわけで、コノ曲ではおいら、ジャンボさんに集中っ。ジャンボさんは手もデカい・・・。今日は雨のせいで、頭が普段よりチリチリして居ました(笑)。

 七曲目は、「ゴング」。長岡さんはタイトルを教えてくれたですが、おいらは、ハッキリと聞き取れなかった(不覚っ)。かつ、コノ1曲は、急遽サービスで演奏してくれたので、セットリストにも書かれていない・・・。ペトにお詳しい方へお聞きしたところ、「ゴング」とのコト。おいらの耳には「So Long」と・・・(笑)。「(何かに応えて)そう、ゴング」と言ったのかしら(確かに、「So Long」はペトらしくは無いね・・・)。

 八曲目は、「カーテン」。非常に良い曲です!!椎名林檎の「映日紅の花」を彷彿とさせる、美しいアルペジオ(「映日紅の花」も、長岡さんの作曲ですっ)。サビは、カワイイ・・・、いや、全体的にメロディーがカワイイっ。これは、事変で演っても、良いのでは無いかな?初めて、「ん。林檎も唄っておくれよっ」と思った作品でしたっ。

 兎に角ね、今回は素晴らしいライブでした!!満足して帰った方が多いのでは無いかなっ(少なくとも、おいらは大満足でした)。

 さて、次回のライブは7/27(金)、下北沢GARAGEで。おいらはまだ、参戦できるかどうか分かりませぬ。もし行くコトが出来たら、またレポートします!

(セットリスト)
 ①ツバメ ②最近 ③無題(MAC?) ④気化 ⑤夜中の数学 ⑥無い者ねだり ⑦ゴング ⑧カーテン

ペトロールズ - ホロウェイ(中盤~エンディング)

 ペトロールズの「ホロウェイ」を題材に、ギタリスト・長岡亮介さんの魅力に迫ろうというコノ企画、今回で最終回となります。今回の技術テーマはアルペジオとストロークプレイです。さっそく動画をご覧ください。中盤からエンディングまで通して弾いています。この箇所、非常に格好の良い部分です!

(5分10秒あたりから、エンディング[6分54秒]までです)


 添付した動画は、「アルペジオ」から始まっています。長岡さんのアルペジオは実に個性的っ、彼の持ち味の一つだと思います。椎名林檎さんへ提供した「映日紅の花」他、多くの楽曲で、非常に美しいアルペジオを奏でています(ちなみに、「映日紅の花」は彼の作曲、作詞は椎名林檎さんです)。独特な音使いのアルペジオ、ぜひ感じて頂きたいです。

(テンポを下げて弾きました。不思議なアルペジオ・・・)


 一度ギターが止み、ドラムだけが鳴り響く。で、再びギターが入る際のきっかけに使っているフレーズ、格好が良いでしょう?ほんのわずかな短いフレーズですが、彼らしさが出ているので、コレもマスターしちゃいましょっ(このフレーズは、少しだけ難しいかも・・・。初めはユックリ弾き、徐々に速くしていけば、きっと大丈夫)。

(一度オリジナルのテンポで弾いた後、ユックリと弾きました)


 さぁ!あとはジャカジャカと、勢い良くストロークして下さいっ。おいらはオリジナル通りに弾こうと心がけましたが、ココはあまり細かいコトにはこだわらず、エモーショナルに突っ走ってしまっても、良いと思いますっ。

 三回にわたり分析を続けてきた「ホロウェイ」、いかがでしたかっ。コノ曲は、ただ格好が良いだけでは無いと、おいらは思っています。歌詞もステキだし、長岡さんのギタープレイは凝縮されているし、記念すべき初CDの一曲目だし・・・。

 コノ曲が収録されている『仮免』は、今のところ、ライブ会場でしか発売されていません。まだ残りがあるのか、今度の6/9のライブで発売されるのかすら、おいらは知りませんが・・・、CDなりライブなりで、ぜひ聴いて頂きたい、オススメの一曲です!

 CDに関するお問い合わせ:下北沢GARAGE
 ペトロールズ公式サイト:http://www.petrolz.jp/
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント