スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長岡亮介 - ライブレポ(2008/5/16@下北沢GARAGE)、(2/2)

 サプライズな夜でした!

 メインのフェンダー・テレキャスターを背負い、舞台に立つ長岡さん。ソロでエレキを使う姿は初めて拝見した。この時点で、すでにサプライズの予感が…。

 1.最近
 MCの"ふじたたくみ"さんの進行に促され、おもむろに弾き語りはじめた。

 まずはディレイを効かせた幻想的なサウンドから入る。アルペジオを基調とした美しいコードの響き…。

 数小節を奏でたのちに、ディレイのペダルを踏み直してナチュラルトーンに戻し、パーカシッブなバッキングを。独特の、アタックの強い指弾きで伴奏しながら、静かに唄い始めました。

 ギターソロは圧巻!初っ端から飛ばすっ。5弦と4弦の開放弦を、ベース代わりに巧みに使い、ルート音を聴く側に意識させながら、その合間合間にアドリブで、秀逸な旋律を繰り出す。アドリブは誰しも、日により多少の出来、不出来があると思いますが、コノ日は調子が良いのだとスグに分かりました。

 2.体
 メインアクターでは無いから、一応の簡単な自己紹介を済ましてから、「ボクの兄弟がかいた曲を演りましょう」と告げ、イントロを奏で始める。兄弟とは、浮雲さんのコトですね 笑。言わずもがな、浮雲は長岡亮介さんが東京事変で活動する時の芸名です。

 せっかくだから、兄弟という"てい"で…。兄弟のかいた曲は兄弟が奏でますと、より活きますよ…。そう、痛感した。事変においても好きなナンバーだったが、ずいぶんと趣が違った。「ホントウは、こうなのか…」と。アレンジや構成の問題ではありませんよ。事変のそれと、ほぼ同じでしたし。

 おいらは長いあいだ、今でも椎名林檎さんが大好きです。が、おいらは、林檎さんが書いた作品を林檎さんが唄い、長岡さんがバッキングとコーラスをするのが、好きです(ファンの、勝手でワガママな気持ちですので、各位、お赦しを…。スルーして下さいまし)。

 3.運河
 前日にかきあげた新曲。ほの暗くてヒンヤリとしたアンダーグラウンドから地上を見上げるような、何とも暗い曲でした。

 ひたすらに高速のアルペジオでバッキングしていた。曲のリズムはミドルテンポだけど、音数の多いバッキングでした。

 作品の世界観とは遠いけど、ウェスタンっぽい旋律を部分部分に感じました。ペトロールズで演奏すると、意外に激しさや熱さを醸し出すような気がしています(勝手に…。どんなアレンジにするおつもりか、まだ想像がつきません)。

 4.メトロ
 メトロを唄う長岡さんを聴いたのは、これで二度目。一度目は東京事変の「娯楽」がリリースされる前でした。

 チキン・ピッキング風のアタックの強い、跳ね上がるバッキングに跳ねた声。実に楽しそうで、明るかった。前曲との対比が極端で、面白いなあと思いました。

 これもですねえ…、事変のナンバーに慣れているにも関わらず、長岡さんの、しかも単に弾き語ったコノ日のメトロの方が良い…、と感じましたよ。

 おいら自身、それは大変に意外なコトでありました。

 たとえば事変のOSCAに対する違和感は、先にペトロールズで耳慣れていたからだと考えていました。だけど、同じ理屈であれば、「体」も「メトロ」も、おいらにとっては事変が馴染み。にも関わらず、コノ日の両曲の方が圧倒的に良いと感じたのは、小さくは無い驚きであり、発見でありました。

 5.無い者ねだり
 弾き語りの定番ですね。メローにつややかに、色っぽく唄いあげておりました。

 6.I Love You(オフコースのカバー)
 ゲストの"さーぼー"さんが、馬頭琴を持って登場!コノ日のライブに、強烈なアクセントをつけてくれた。素晴らしい音色でしたよっ。

 「スーホの白い馬」という、モンゴルに古くから伝わる民話を御存知であれば、馬頭琴の由来が分かる。その話は、おいらの世代であれば誰しも知るような物語で、長岡さんも当たり前に切り出したのだけど、なぜかオーディエンスの反応は薄く、よって、まったく割愛されてしまった 汗。

 ま、まさかのオフコースですよ!オリジナルに近いアレンジに、馬頭琴の切ないソロが響いて、すごくステキでした!エレキ+馬頭琴という組み合わせの妙が、コノ日のライブの盛り上がりに一役かっていたコトは、間違いないです。

 長岡さんは、唄のバッキングに少し苦労している様子でした。馬頭琴のアドリブをバッキングする時は簡単なコードであったし、長岡さん自身が大変に心地良さそうでありました。

 7.Old Man(エンディア・ダベンポートのカバー。原曲はニールヤング)
 ニールヤングっぽくないニールヤング。それもそのはず、長岡さんは、エンディア・ダベンポートがニールヤングをカバーしたOld Manを、カバーしていました。

 エンディア・ダベンポートはBRAND NEW HEAVIESの初代ボーカリストを努めた女性。昨夜のは、ニールヤングのカントリーな雰囲気とはかなり違ったけれど、エンディア・ダベンポートのOld Manとはアレンジもテイストも近いです。以下に挙げたアルバムをお聴きになれば分かります。エンディア・ダベンポートのソロアルバム、Old Manは10曲目です。
エンディア・ダヴェンポート

 馬頭琴のアジアンなテイストが絡み、不思議な趣のあるサウンドに。馬頭琴が、チェロのように聴こえましたよ!そう、ムリに喩えれば、ニルヴァーナのアンプラグドのようなサウンド…。

 馬頭琴とエレキ、という組み合わせは意外なほどにマッチしていました。もし、長岡さんがアコギを手にしていたら、ありがちなサウンドで、つまらなかったかも知れない。エレキを使ったのは、良いアイディアだと感じましたっ。

 8.雨
 イントロでとちって仕切りなおしたのだけど…、やっぱりイイ。コノ曲は兎に角、イイ!多少の語弊がありますでしょうが、メジャーな音ですよ。FMから流れ来る、クリストファークロスや、TOTOのポップなナンバーのような、AORテイストのサウンド。

 今であれば、たとえば世界の人がエアチェック(ネットチェック?)しているグローバルな人気ネットラジオから、アメリカ、イギリスのトップチャートにまじって流れてきても違和感が無い。ポップだけど、子ども向けじゃあない。親しみ易いけど垢抜けていて、簡素だけど超都会的なハイセンス。そこらの有体なポップチューンとは違う。その当たりも、充分に堪能して頂きたいです。



 比較的にアウェイであった空気を跳ね除け、あんなにもキッチリと場を暖めたのは、失礼だけども少し意外に感じました。MCも良い具合だった。自分で何とかするしか無いという気迫が、功を奏している気がしました 笑。

 セットリストにしろ、馬頭琴奏者・"さーぼー"さんのフューチャーにしろ、いつもの良くも悪くも脱力系な(ゴメンなさい…)ノリとは、少し違ったライブでありました。長岡さんがメインの場というワケでは無いから、それなりのサービス精神が在ったと申しましょうか…。だからこそ、比較的に緊張もしていたように見えました。大変に気に入りましたよ…、ステキなライブでした!馬頭琴も、是非また聴きたいです、キラキラ
スポンサーサイト

長岡亮介 - ライブレポ(2008/5/16@下北沢GARAGE)、(1/2)

 取り急ぎ、セトリ!


 1.最近
 2.体
 3.運河(前日にかきあげた新曲)
 4.メトロ
 5.無い者ねだり
 6.I LOVE YOU(オフコースのカバー)
 7.Old Man(エンディア・ダベンポートのカバー。原曲はニールヤング)
 8.雨

 なんとも、レアなセットリストでありました!

杏露虫 - ライブレポ(2008/5/11@渋谷屋根裏)



 杏露虫(シンルチュウ)は、全員25歳の比較的に若手のバンドです。JMUSICでは、過去にも採り上げております。

 vo.葉(ヨウ)さん、g.森健司郎さん、b.平泉佑真さん、dr.遠藤篤さん

 オフィシャルサイト
 MySpace


 演奏に限れば、おいらが拝見してきた彼らのライブにおいて、最高であったと感じました!杏露虫主催のイベントでは無いから、座の暖まる前の出番(一番手)で、セットリストもそれなりであったコトは、惜しい。

 セットリスト(括弧内はアルバム名。「jacuzzi」はライブ会場のみで入手可能)

 1.Oh! My Birthday(Lick me all over)
 2.繋ぐ手(jacuzzi)
 3.SUNSHOWER(jacuzzi)
 4.オリエンタル(Lick me all over)
 5.妖精エコー(Lick me all over)
 6.Everything Strange(jacuzzi)

 相変わらずの完成度の高さ!この日も、楽器と音響機器をキチンと調整し、秀逸なサウンドで素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

 安定したリズム隊に、ディレイの利いた今時のデジタルな…、それでいて、アナログの粘りつく様な心地良さも持ち合わせた、独特のギターサウンドが絡む。いずれも大変に技術力が高く、いつも安心して聴いていられる。

 その安定感に裏打ちされたバッキングの上を、葉さんのボーカルが、実にエモーショナルに、自由に漂う。衝動に任せているように見えて、決してそうでは無い。高い歌唱力と表現力を感じる。バンドであれだけ激しいパフォーマンスを魅せながら、一方ではいくつかのCMソングも唄っている事実は、彼女の実力の高さの、証の一つと言えるかも知れません。

 ベースの平泉佑真(ヒライズミ ユウマ)さんは5弦ベースを使用。彼が5弦ベースを使っているのは憶えが無い。5弦だからというコトは無いが、独特の秀逸なサウンドを響かせていました。葉さんの圧倒的な存在感、サウンドの要である森さんのギターサウンド、複雑なリズムをタイトに刻む遠藤さんのドラミングに加え、あの5弦ベース!各メンバーの、個性のバランスが良くなっていたように感じました。

 次回のライブは未定のようです。彼らに御興味が湧きましたらば、とりあえずはMySpaceで彼らの作品に触れてみてはいかがでしょうか…。海外のポストロック、またビョークやレディオ・ヘッドの中のエレクトリックな面を好む方は、気になるサウンドではないかと推測いたします、キラキラ

 「このサウンドをライブで、4人でどこまで再現できるのか…」、「いわゆるライブバンドというより、スタジオにこもるタイプかな?」、と思われる方も少なくないと存じます。が、それはまったくの検討違いでございますよっ。彼らは、とにかく演奏能力が高い!実力派のライブバンドです、♪

ペトロールズ - ライブレポ(2008/5/4@下北沢GARAGE)、(2/2)

 立ち位置は以前の形。正面にDr.のボブさん、向かって左がB.のジャンボさん、右がG.&Vo.の長岡亮介さん。

 使用楽器は、ジャンボさんはジャズベースに戻した。

 ボブさんは、キチンとカウベルを持参 笑。

 長岡さんのギターは分かりません。アメリカン・ショウスターが作るような、フライングVの変形ボディに、不釣合いな、オーソドックスなヘッドが付いている…、おいらには分かりかねます。

 ※2008/5/6追記。
 長岡さんのギターは、「ギブソンのモダン」であるとの情報がございました!情報をお寄せくださった、"ささくれ"さん、有難うございました!キラキラ。おいらが確認したところ、ネット調べの俄仕込みではありますが、確かに長岡さんのギターと諸々同じ形状!間違い無いと思われますっ。


 1.闖入者
 イントロ、ハーモニクスを使ったアルペジオとトリルがキマっていた。
 
 ダンサブルな曲であるにも関わらず、コノ日のオーディエンスは、やや硬い印象…。が、ジャンボさんのベースソロでは大きな歓声が!硬いというより、疲れていたのかな…。コノ日は長丁場でしたから(開場18時、終わったのは22時少し前っ)。
 
 2.ツバメ
 この楽曲はコーラスが鍵。コーラスの音量が大きくなりバランスは良くなった。が、音程に若干の不安を…汗。しかし、長岡さんは更に上手くなっているように感じました。「go! go! go ahead!!」という部分の歌いまわしが比較的に激しく、アクセントになっていて良い。
 
 3.夜中の数学
 イントロでウェス・モンゴメリー風の、速いオクターブ奏法を披露。あんな珍しい形のギターで、フルアコのようなオーソドックスな音色を響かせていた。まあ、たいてい長岡さんは、何を弾いても似たような音を出します…笑。
  
 毎度のベース⇒ギター⇒ドラムとソロパートをまわす部分で、ベースとギターは印象の薄いフレーズを(しかし、長岡さんのトリルは新たな試みか)。ボブさんのドラムは…、アレで良かったのかな…笑。いつもは格好が良いボブさんだが、コノ日はおいら、笑ってしまいました。ドラムロ~ル+ドコドンっ …。
 
 4.ホロウェイ
 前曲からメドレーで。唄の入り、長岡さんは音程をとり損ねて唄いにくそうでした。テンションの上がるイントロが、メドレーになったコトで割愛されたコトは少し残念…。
 
 が、近頃では恒例となりつつある「お題目」では、今回もテンションが上がりました!「お題目」とは、間奏部にメジャーな曲が挿入され、それをみんなで当てるコトです。とは言っても宿題みたいなモノで、ライブ中は引っ張らずにサラっと流す長岡さんですが(レッチリの時は大盛り上がりで、流すわけにはいかなかったけど 笑)。
 
 お題の答えは前日の日記に記した通り。参照してくださいまし。マルーン5、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、レッド・ツェッペリンと続きましたあ。次回は何でしょ!楽しみです。

 5.雨
 6.指
 コノ日のベストチューンはこの二曲を挙げたい!しっとりと落ち着いたひと時でした。
 
 この時間帯に限って言えば、いわゆる「ロックバンド」という呼び名は相応しくない…、AORというコトバが思い浮かびました。

 かつてAORというジャンルがございましたよ。概ねにしてジャンルの定義は曖昧だが、ざっくり表すと、「歪まない、叫ばない、洗練されたロック」かな。ロックバンドと聞くと、ロックンロール、パンク、ヘビメタ、オルタナ、あたりのキーワードが思い浮かぶと思う。

 AORもロックの一ジャンルだが、前述のキーワードとは一線を画したジャンルでありました。まあ、ジャンルにこだわる聴き方は時代錯誤も甚だしいので、参考までに止めてくださいまし。
 
 兎に角、コノ二曲はステキですから!ご注目いただきたい。ペトの真骨頂、また新境地とも言えます。「雨」のコーラスは、コノ日もキレイだったなあ。初めてご披露なさった時からバシっとキマっていました。
 
 7.無い者ねだり

 「ばーい えっくす」と聴こえる部分がございます。以前は無かった。「Bye!! X」かな…?、つまりは「さようなら、某元彼女」というコトか。切ない歌詞だ…。

 8.インサイダー
 イントロのベースがおどろおどろしくて、曲のイメージにピッタリ。「皆さんの心に、インサイダーが潜んでいる。お互いに、気をつけませう」(長岡亮介)。
 
 コノ曲のコーラス、ステキですよ!比較的に、美しくハモっていたように思います。
 
 長岡さん、カッティングソロを奏でていました!ああいうフレーズを弾く長岡さんは、チョット珍しいやも。ギターの聴かせどころ満載。ソロらしいソロは無いが、随所に長岡さんのワザが光っていますから、ご注目ください!
 
 ところで長岡さん、終盤は完全に歌詞が飛んでいませんでしたか?笑。気のせいかな…、アレで良かったのかな…。「失敗なんて…、無いんだよ」(椎名純平@亮介街道)。
 
 16分なノリがファンキー。ダンスの得意な方は、バシっとキメて欲しいですっ(スペースは小さいから動きは限られますが、そこそこ動けます)。

 9.フラップ
 渚音楽祭から、ギターソロに注目しているコノ曲。コノ日も、ソロで歓声があがっておりました!(第一声はおいらです…汗)。
 
 コノ曲は、長岡さんの長い長いギターソロが、聴きどころ。音に身を任せて、「ん。かっちょいいっ」と感じたら、わき目もふらず(たとえ自分ひとりであってもっ)、「俺は今の、かっこいいと思うぜ!」的な、拍手と歓声を!

 (アンコール)
 1.カーテン
 エンディングの定番になりつつあります。アルペジオを基調とした美しい曲調ですが、終盤に大きく、激しく展開します。そこで、ハーモニクスを「カキョーン!」と響かせる箇所があるのですが、何とも格好が良いんです…。一瞬ですが、エモーショナルでアクセントの利いた一発にご注目っ。


 コノ日の長岡さんのプレイは、丁寧だなあと感じましたよ。ギターとボーカルを、一つ一つキチンと奏でようとしているなあと…。いつもの、良くも悪くも抜く部分が、コノ日は無かったように感じました。

 あと、曲が進化を続けているのが興味深い。楽曲のアレンジにしても、細かいフレーズやバッキングにしても、歌詞にしても、試行錯誤を続け、より良い形にしようとする姿勢が伺える。同じ楽曲を聴いても、常に新鮮に感じるのはそのおかげもあると、思います。

 「初めてペトロールズを御覧になる方は?」と尋ねる長岡さん。コノ日は、久方ぶりに初参加が多かった。それを知った長岡さんは、大変に嬉しそうでした、キラキラ

ペトロールズ - ライブレポ(2008/5/4@下北沢GARAGE)、(1/2)




 今日はMUSIC DAYというコトで、久方ぶりにペトロールズ初体験の方が多数いらっしゃいました(申告した方で15~20人弱。というコトは、実際には相当数いらしたかも…)。

 多くの方に楽しんで頂きたいと願っている(と思われる)長岡さんは、そのコトを知って大変に嬉しそうでしたっ。

 取り急ぎ、セットリストを。レポートは後日に書きます。

  1. 闖入者
  2. ツバメ
  3. 夜中の数学~
  4. ~ホロウェイ
  5. 無い者ねだり
  6. インサイダー
  7. フラップ
 (アンコール)
  1. カーテン


 今日のお題の答え。ホロウェイにミックスされた曲は、Zep.の「MOBY DICK」でした!

ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。