スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記 - 夢はいつまでも…

 1974年にリリースされたトッド・ラングレンの代表曲、「A Dream Goes On Forever」。あまり洋楽や古いのはお聴きにならない方も、コノ曲はゴスペラーズやカーネーションなどメジャーな方々がカバーしたから、聴いたコトがあるかも知れませぬ。

 コノ動画、原盤はおそらくビデオテープですね。音がウネウネしちゃっている…。ビデオテープやカセットテープなど、テープ媒体特有の音。テープが古くなって、へたってしまうと、こんな音になっちゃいます、笑。チト聴き苦しいけれど、総合的に判断しますとコレが一番に良いかなと…。

 「A Dream Goes On Forever」は有名です。知っておくと、音楽仲間との話が広がったり、音楽好きな人と世代を超えて繋がるコトが出来たりするやも。

 ちなみに、ゴスペラーズによるカバーは原曲に近いです。個人的には、可も無く不可も無くといったところ…。カーネーションのはライブ演奏(!)、歌詞が何故か日本語(!)。コレが、かなり格好良いのですっ、機会がございましたらば御一聴あれ…、オススメです。
スポンサーサイト

ペトロールズ - ライブレポ(2009/1/18@下北沢GARAGE) 、(2/2)

 ダラダラと、徒然なるままに…。


 昨年の11月に行なわれたワンマンライブ同様、今回も飛び石2DAYS。場所は馴染みの下北沢ガレージ。前列付近は一人につき一人分のスペースを確保できたが、会場全体を見渡すとスシ詰め状態。チョット詰込み過ぎの感あり。
 
 立ち位置は中央にジャンボさん(B.)、向かって左にボブさん(Dr.)、右に長岡亮介さん(G.&Vo.)。
 
 ジャンボさんのベースは、スティングレイ。普段の安定したプレイに加え、今夜はエフェクターを強く効かせた新たなサウンドも響かせた。
 
 長岡さんのギターはギブソンのモダン。FACTORY721でも使用した、アイコン度の高いレアなギター。アンプはマーシャル。硬質なタッチは以前のテレキャスサウンドを彷彿とさせたが、あの独特な中音域の雰囲気は薄れ、ロック色の濃いサウンド。マーシャルを、マーシャルらしく素直に鳴らしていました。

 
 印象に残った点を、いくつか。

 「トンネル」
 段々とロック色が濃くなっていく。近頃はスイートなナンバーを連発していたけど、「トンネル」はわりと男っぽい、ロックテイスト。

 ハーモニクスとワウを上手く使った長岡さんのバッキング、かっこ良しっ。「テケテケテケテケワギャー!」みたいな…、ヒステリックでイイ感じ。手が疲れて、一拍だけ手を抜いた長岡さん。確かに、あのバッキングは手がつりそう。

 ベースとドラムだけで奏でるクセっ毛GROOVEっ、そのあとにイントロを一発かませて、ギターソロに入るトコはテンション上がります。

 「最近」
 一発目の「トンネル」で、かなりヒートアップしましたが、二曲目の「最近」で、陰鬱と…、ペトファンの持病(?)、お地蔵さんモード、達磨さんモードに突入…、なむ~、メディテイション。

 長岡さん、指が引っかかったのか、イントロでピヨっちゃいました。でも、コノ日は思い切りが良くて、全体としては、めっさ格好が良かったです。ミスの無いように小さくまとめるより、思い切りピヨったりする日の方が、断然に格好が良いと分かった。

 「ホロウェイ」
 キッチリと、バリバリ弾きました!何ヶ月ぶりでしょうか…、記憶にないくらい、久方ぶりです。ホロウェイが簡素になり始めたのは、渚音楽祭あたりからかな。今夜はオカズも目一杯つめこんで、バッキングもしっかりやって、唄も気合を入れていて…、珍しいです。

 弾かない日の、倍くらい弾いてましたよ(ホントに)。FACTORY721でも、かなりスッカスカだったし。外さないプレイというか、石橋を叩いて壊して短く小さくしちゃう、みたいなミニマムホロウェイが定番になりつつあったのに、今夜は冒険冒険、また冒険…、かつ、てんこ盛り。格好が良かったです!

 「水蒸気」
 ファンキーな「水蒸気」が、スローテンポでメローな新アレンジで蘇りました。賛否両論?おいらは割と好きだけど、初っ端だから、こなれてないなあという印象は在りました。歌詞が飛ばなかったねえ、オリジナルアレンジより、唄い易そうでした(いずれにしても、相当にムズカシイと思うけど…)。

 ジャンボさんのベースプレイ、艶っぽかった…。エフェクターとチョーキングを上手く使って、ボコーダみたいな、面白いサウンドを聴かせてくれました。

 「ELF」
 ギターソロ、かなりメチャクチャ。ディミニッシュでも無いし、スケールはずれまくりで、アウトな雰囲気。アバンギャルドで、狂気が溢れていて曲のテーマにピッタリと合っていました。

 おいらは、こういう思い切りの良いプレイを、ずっと待っていました。もう、ここ半年…、もっとかな…。「ELF」のギターソロを聴いて、おいらは、長岡さんに以前の荒削りさや、思い切りの良さが戻ってきたような気がしました!ソフトでスイートばかりでは、若い男連中は少し物足りないでせう…(んなコトないかな)。

 「貝」
 かなりニルヴァーナしてました、笑。ペトロールズ初期の、ロックナンバーです。貴重ですね…、もう、なかなか聴く機会が無いように思います。

 「環八」
 今のソフト、スイート路線って、この「環八」あたりが原点なのかなあ…、そんな気がしました。今のような音楽では無くて、ロックテイスト満載ではあるけれど、都会的で、甘く切ない曲調です。

 「草紅葉」
 記念すべき、ペトロールズ御披露目の曲。そんなエピソードをMCに交えてから奏でた「草紅葉」。ん~…、今夜のライブは、何だか、一つの節目というか。自分の中で、一区切りつけている…、おいらは長岡さんから、そんな印象を(勝手に)受けました。

 「指」
 コノ曲、ちかごろ個人的に気に入っています。今さらですけど。「EVE2009」は実験的で、スタジオワークを楽しんでいるかのよう。それはそれで面白いのだけど、「指」は、もっとシンプルに録音したのも聴きたいなあ。コーラスワークも、ゴージャスにすれば良いってワケでも無いと思うけど。少しスカスカな方が、おいらにはちょうど良いです。

 「闖入者」
 盛り上がったなあ…、ボブさんのおかげですね。おいらは、良いと思いますよ、ああいう煽りというか、盛り上げ方は。ライブ慣れしてなくても、ああいうフォローがあれば、盛り上げタイミングとか楽しみ方が分かるし。

 「磁気」
 コノ日の「磁気」は、スバラシかった。今まで聴いた中で、ベストやも…。コノ曲やるのは、大変だと思うなあ…。また聴きたいです。おいらは、毎回でも聴きたいけど。以前は、ほぼ毎回、演奏していましたね。

 「雨」
 ギターソロ!アグレッシブでしたっ。一音だけ思い切りピヨってましたが、ぜんぜん気にならない。あのくらい、勢いのある破天荒なアドリブの方が、断然、格好が良いです。

 バッキングで、色々とオカズやら、アルペジオやら挟み込んでました。ボーカルとギターの分離度が、より高くなってきた。目指せ矢野顕子、クラムボンの郁子。

 ギターの音が、ギブソン+マーシャル…、合うかなあ。愛用フェンダーテレキャス、復活して欲しいです。テレキャスはみんな弾いているからアイコン度は低いけど、あんなボロっちーの弾いているのは、長岡さんくらいだから、アイコン度も充分に高いと思う。変なペグとかついてるし、ピックアップも変だし。いつの日か、復活して欲しいです。

 「インサイダー」
 テンション、高っ。

 ギターがジャッキジャキに歪んでいたし、太かったなあ。ファンキーなサウンドに、あの音はチョット合わないやも…、なんてチョッピリ考えたけど、周りがヒートアップしていて、おいらも大盛り上がり、笑。細かいコトは吹き飛びました。

 「ミラーボウル」
 今夜のアレンジと、ベースから始まるのと、どちらが古いのですかい?

 おいら、ベースから始まるのが好きと公言したコトがあるけど、ん~、コッチの方が好きやもっ。えと、亮介街道バージョンですね。YouTubeにアップされている、椎名純平さんが唄っているやつ。ベースから始めようバージョン、亮介街道バージョン、超スローエロティックバージョン(ギター=弟)、能天気娯楽バージョン(ギター=弟)。コノ日は、亮介街道バージョン。

 欲を言えば長岡さんにも、も少し唄って欲しかったです。メインボーカルはボブさんで、長岡さんはコーラスを担当しました。


 一つの、大きな区切りかなと…、そんな感じのライブでした。こんな風に、一つの区切りだなあと感じたのは、「亮介街道」以来かな。セットリストを御覧になるだけでも、想像がつきますね。今までの活動を総括するような、すばらしいライブでした!

ペトロールズ - ライブレポ(2009/1/18@下北沢GARAGE) 、(1/2)

 コノ日のライブは参加したので、ちとレポいたしますがっ、取り急ぎセトリだけ…、汗。ライブ後に遊び過ぎまして、あまり寝ておりませぬ…。てなわけで、今夜はもう、寝てしまいます、笑。

 あ、一言だけ…、すごいセットリストだと思いました!新旧、入り乱れ。かつての人気ナンバーも惜しみなくっ。会場は、当然に盛り上がりましたよっ、ヾ(@^▽^@)ノ。続きは後日!

  1. トンネル
  2. 最近
  3. ホロウェイ
  4. ないものねだり
  5. 水蒸気
  6. ELF
  7. 環八
  8. 草紅葉
  9. カーテン
  10. アンバー
  11. 闖入者
  12. 磁気
(アンコール)
  1. ツバメ
  2. インサイダー
  3. ミラーボウル

ペトロールズ - ライブレポ(2009/1/16@下北沢GARAGE)

 おいらは参加していませんが、セットリストだけ記します(ご協力に感謝っ)。

  1. ツバメ
  2. Mac
  3. インサイダー
  4. 高速
  5. トンネル
  6. ELF
  7. ゴング
  8. 環八
  9. 水蒸気
  10. アンバー
  11. 闖入者
  12. ホロウェイ
  13. 磁気
(アンコール)
  1. 湖畔
  2. ミラーボール

ペトロールズ - 新旧のナンバーを交えて?!

 以下、公式サイトより一部を抜粋。

去年は馴染みの下北沢を飛び出し野外フェスやTV出演など徐々に触手を伸ばし始めたペトロールズ、今年もその勢いは増すばかり。そんななかでも初心を忘れずに、本年一発目は新旧のナンバーを交えてお贈りします。



 ホントウかしら…、Brilliant


 1月16日(金)はチケット残りわずか、1月18日(日)は完売っ。また、新譜『EVE2009』は好評ゆえ、タワーレコード店舗での取り扱い開始とのコトっ(今まではタワレコ通販のみでした)。

 おお…。年明け早々から、勢いを感じますっ、Brilliant.

clover
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。