スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペトロールズ - 夏フェス出演決定!

 MUSICMAN-NET最新記事の見出しに、「夏結びMUSIC FESTIVAL’09にペトロールズなど3組追加」と。写真入りで、報道されていましたっ。以下に一部抜粋。

--
 夏びらきMUSIC FESTIVAL’09の兄弟イベント「夏結びMUSIC FESTIVAL’09」が、9月19日(土)~21(月祝)の3日間、埼玉県 所沢航空記念公園 野外ステージで開催される。このイベントに、新たにペトロールズ / 中山うり / ROCOの3組の出演が決定した。

 また、8/3(月)までイープラスでチケットの先行予約受付が行われている。
  
 ■オフィシャルサイト
 http://www.natsu-musubi.com/
--

 フェスのスタッフブログでも、動画と写真入りで紹介されていました。

 おいら、近頃ではナタリーさえチェックしておけば、音楽関連ニュースは充分かな‥、と考えていたけど、このニュースは、まだナタリーでは報道されていませぬ。

 タイムテーブルは未発表ですが、出演者リストには、既に写真入りで発表されていました。夏の終わり、比較的に過ごし易い良い季節ですね!
スポンサーサイト

雑記 - 長岡さん?ではありませぬ、笑。

 今日はペトのライブですよね。何を披露したのかしら‥、おいらは今回もスルーしちょります、(・_・、)。お誘いしてくださった方、お赦しを。SOURとの対バンは行きますよ☆(代官山ね)。

 さて。近頃にCMや雑誌で、「ペトの長岡亮介さんらしき人を見た!」という声を、ときどき耳にするようになりました。ファッションアイテムは帽子、無精ひげ、メガネ‥、髪型は一つに束ねたり、ふわゆるだったり。背格好もほぼ同じ。たしかに見た目の共通点は多いですね。

 彼は長岡さんでは無くて、某ファッションモデルさんです。近頃、コノ手の質問がチラホラとございますので、ココで、まとめて回答させて頂きました、('▽')。

8.jpgo0480085410197074336.jpgb.jpgo0480085410196001351.jpg11.jpg9.jpg12.jpga.jpg  c.jpg 15.jpge0036919_22152467.jpg10.jpgo0480085410191921301.jpg

雑記 - 丸サド、色々。

 ボサノバな丸サドは、まあ分かりますが。ハードロックな丸サドには驚いた、笑。どちらも外国の方だけど、発音バッチリっ、唄もお上手っ、('▽')。

 ボサノバな丸サドがかなり上手いし、格好が良い。が、おいら、ハードロック丸サドを何度も観ちゃう、笑。ギタリストが、ノリノリっ、☆、すごい、違和感、(・_・、) 。「ワシ‥、ホンマはハードロックやりたいねんっ」と全身でアピールするも、彼女は事変ファン。で、話し合いを重ね、互いに歩み寄り、やっと見つけた妥協点、←おいらの妄想、('▽')。

 アダルトやなあ‥、しっとり。プロフを観る限り、アルゼンチンの方らしい。




 おいらもハードロック好きよっ。どこのお方かな‥、スペイン?リッチー・ブラックモアとイングヴェイをリスペクトしていると想うよっ、このギタリストさん、笑。事変 missing 浮雲 featuring (プチ)イングヴェイ‥、(ヒロシマモナムール+丸サド)/2って感じ。




 追記。見つけちゃった、ヒロシマモナムール、笑。超速弾きギタリスト(当時、弱冠20歳!)と、ジャパニーズマフィアスタイルのボーカル、('▽')。多くの方がコピーしたコトと思いやす。ヤングギター誌に譜面が掲載されたからね。たしかライオンマーク(=難度、最高)。




 アルカトラスのファーストは格好が良いです、('▽')、‥、アレ、変なトコに着地してもた、(・_・、)。

RCサクセション - 君が僕を知っている



 今日も再放送していました。

 キヨシローの声は独特だから、ハモってもユニゾンしても、パートを分けても、シックリとくるパートナーは少ない気が‥。永積タカシ(ハナレグミ、スーパーバタードック)は比較的に合うなあと想ふ。けっこう、シックリ、♪。

ふるーつ☆Cultivation・キラキラ星


続きを読む»

SOUR - 日々の音色



 ステキだ。

 セカチュー観てもノーリアクション、すすり泣くお客さんとの温度差に、ばつの悪い想いを‥、といった類のエピソード満載のタフネス涙腺なおいらだが、このミュージックビデオには感涙、連発。たまらんなあ‥、コノ作品、(T^T) 、泣けます。

 全体を包む雰囲気は、アコースティックでオーガニック。クラムボンでコーネリアスなオケに、ハナレグミでフィッシュマンズなヴォーカル、ミトちっくなベース、ギターは‥って、説明は要りませんね、音が在るのだから。

 アコギのタッピング、面白い。ウォーターな‥、ぶくぶくぶくぶくサイダーな(ん?)。エレキだと機械的に過ぎるし、古臭さも感じるけど(一周まわって、も少ししたら、逆に新しいやもだけど)。

 知名度を考えると、コノ作品に5000以上も5つ星が付いている事実は、驚きの高評価と言えるでせう(アップロードされてから、まだ、2週間ほどしか経っていない)。

 コメントも沢山ついているから、ざっくり読んだけど八割方が外国語でした。たしかに、グローバル感あふれる音と絵‥、極東の島国育ちなおいらは、こういう感覚って、実は薄いと思う。きっと、その大部分は後天的に学習したんだろうなあと、自己分析。だから、余計に感動したのやもです。あたたかく、ほっくりとした、ピースでラブリーな音楽と映像、ん?抽象的に過ぎますな、笑。

 説明不要、ご覧いただければ分かります。世界各地のファンがWebカメラで撮影した映像を持ち寄り、それをコラージュした、デジタルでアナログな斬新ミュージックビデオです。


続きを読む»

ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。