長岡亮介 - ライブレポ(2009/8/17@下北沢ガレージ)、(2/2)

 「インプロ1」と題された、ペトロールズ・長岡亮介さんのソロ企画。セットリストは、以下の通り。

 1. 偏食
 2. Smooth Operator(シャーデー(Sade)のカバー)
 3. 唯一無二
 4. 雨
 5. Redemption Song(ボブ・マーリーのカバー)
 6. 屋根(リトルハンセン)
 7. ケンタッキー・ワルツ(三拍子の、古典的なブルーグラス)
 8. 世界は日の出を待っている(レス・ポールのカバー。インストゥルメンタル)
 9. オハイオ(クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング(=ニール・ヤング)のカバー)
10. ホロウェイ
11. lay lady lay(ボブ・ディランのカバー)
 
 EN-1. Will the Circle Be Unbroken(カントリー)

 1~4(Vo.&G.:長岡亮介)
 5、6(Vo.&G.:北原豪、G.:長岡亮介)
 7、9、アンコール(Vo.&G.:山口玉三郎、G.:長岡亮介)
 8.(G.:長岡亮介、G.:山口玉三郎)
10(Vo.&G.:長岡亮介、G.:山口玉三郎、Dr.:ボブ)
11(Vo.&G.:北原豪、G.:長岡亮介、G.:山口玉三郎、Dr.:ボブ)


 長岡さんもMCで仰っていましたが、アレほど場内が埋まるとは、おいらも想像しておりませんでした。9割ほど埋まっていたと思います。
 
 使用ギターはピンブロに写真が。Telecaster三人衆、☆。

 告知がありました。10月27日(火)にタワレコ・渋谷店の地下(前回より広いスペース)で、ペトロールズのミニライブが。詳しくは、コチラ

 続きをご覧になる方は、「曲目リスト」をクリックしてくださいまし。

続きを読む»

長岡亮介 - ライブレポ(2009/8/17@下北沢ガレージ)、(1/2)

 詳細は後日に、☆。

 久々の「唯一無二」、シャーデーあり、カントリーあり、ゲストありと、盛りだくさんな一夜でした、♪。

 ゲストはボブさん、北原豪さん(リトルハンセン)、目玉ゲストは…、山口玉三郎さんっ。おいら、「長岡さんが敬愛しているギタリストの一人」というコトは、風の噂に聞いておりました。玉さんは、以前にケイコ・ウォーカーさんのバンドでギターを担当、玉さんが抜けたあと、その座を引き継いだのが長岡さんなのですよ…ね?たぶん(定かじゃない。おいら調べ)。

 いやあ…、想像を絶するウルテク。インプロヴィゼーションは、圧巻っ、すばらしいギタリスト…、☆、否、ギターだけで無く唄も良し、それに、鍵盤もステキという噂…、実に音楽的なミュージシャンなのですね、♪。

 登場したときは、「ん…、どなた?」ってなリアクションでしたが、一曲を終えたらば、すぐさまオーディエンスの心をつかんでおられました。拍手が、一際おおきかった、('▽')。

 今夜にご披露した「世界は日の出を待っている」とは、だいぶ趣が違いますが(今夜はアコギでは無くてエレキだし、インスト)…、参考までに、玉三郎さんの動画を添付いたしまする。向かって左の、長髪&グラサンが、玉三郎さんです。




 …、ザックリし過ぎて、ちっともレポになっておりませんが、(・_・、)。後日に、ボチボチと書きます、♪。

長岡亮介 - 明日はホントに、ソロワンマン!?

 亮介街道、初のペトロールズ・ワンマン(初夜)、初のフェス(渚音楽祭)、初のテレビ出演(ファクトリー)、初のソロ、初の比較的に大規模なワンマン(代官山ユニット)など、大きな期待と、小さな不安の入り混じる、笑、長岡さん御出演のライブは、いくつかありました。明日のライブも、そんなライブの一つです、☆。

 ホントウに、ソロでワンマンか…。どうやって、2時間もたせるの、(・_・、)、20曲くらい出来ますよ。今までにも、ソロライブは何度かありましたが、セトリは、当然に少な目でした(多くても6曲とか)。

 おいら、お忙しい最中に申し訳ないのですが、下北沢ガレージに確認してみました。

 「おそらく、ソロだと思います」との回答。 「お、そ、ら、く」というのは、「構成までは分からない」というニュアンス…、ふむ。ゲストで、たとえば馬頭琴とか、カホンとか…、お連れになるのかしら。まさか独りで、弾き語りで2時間?('▽')。

 セトリは…。カバーはあるのかな。カバーするなら、カントリーナンバーも織り交ぜるのか…、それとも、ペトナンバーオンリー?ハテ、ハテハテ。

 楽器はギターだけかな。初のピアノ披露とか、('▽')。ドラムも叩けるけど、ソロでドラムってわけにも、笑。ギターだけだとしたら、持ち替えるのかしら。アコギ⇒テレキャス⇒12弦ギター、とか。

 …、ビートと、ベース、鍵盤あたりを打ち込みって可能性は、低いけれど、あるにはある。

 2時間でしょ…、1時間とかで切り上げちゃうのかな。いや、たぶん2時間。20曲…、想像がつかない。

 おいらの勝手な推測だけど、少なくとも一人は、ゲストは迎えると思っています。タブ・ゾンビさんのトランペットとか、('▽')、っと、ないない、(・_・、)。

 色々と推測しましたが、「長岡亮介」名義のライブというコトだから、極端な話、「長岡亮介バンド」、であってもおかしくは無いワケで(さすがにソレは無いでしょうけど)、つまりは何でもあり。どんなライブになるのかは、さっぱり分かりませんが、いずれにせよ、楽しみっ、☆。

イエロー・マジック・オーケストラ - 千のナイフ@夢の島公園陸上競技場

 このあいだの、ワールドハピ‥、('▽')。

 シンセっぽい、アバンギャルドでウネウネきゅいーんなソロプレイは、小山田くん(コーネリアス)のギーソロでございまする。



 もう、わがままは言わないので、笑。来年は、ビハインド・ザ・マスクだけは、お願いしまする(←そーいうのを、わがままっちゅーねん、(・_・、))。

 これが、ビハインド・ザ・マスク。エリック・クラプトンが唄っているビハインド・ザ・マスクはカバー。当然に、YMOがオリジナルでございまする。クラプトンは、YMOのビハインド・ザ・マスクに歌詞を付けたモノを、唄っておるのでした。歌詞を付けたのはクラプトンじゃなくて‥、マイケル・ジャクソンでつ、(!)。




 クラプトンばーじょん。歌詞は前述の通り、マイコー(一部、坂本さん?)。


イエロー・マジック・オーケストラ - ライブレポ(2009/8/9@夢の島公園陸上競技場)

 コチラも、前回の相対性理論に引き続き、ワールドハピネスでの一幕でござい。当然に、オオトリ。

 (セットリスト)
 1. Hello, Goodbye
 2. Rescue
 3. 千のナイフ
 4. The City of Light
 5. Tibetan Dance
 6. Supreme Secret
 7. Still Walking to the Beat
 8. Riot in Lagos
 9. ライディーン
 (アンコール)
 1. Fire Cracker

 YMOとして出演するというコトなので、当時の古い機材で「東風」、「中国女」、「Cosmic Surfin'」、「Technopolis」、「Behind the Mask」‥、「CUE」は小山田くんのヴォーカルで、笑、とか。勝手に妄想ふくらましておりましたが、大はずれ。普通にHASYMOテイストなライブでした。YMO名義で出演する、ってコトに極端に反応し過ぎたかな‥。

 演奏は当然に文句無しで、圧巻。小山田くんは、予想外のナイスギタープレイで、(・_・、)、驚いた。千のナイフでのギタープレイには、しびれました(香津実と比べたりは、しないでくださいまし、汗)。

 「Rescue」、「千のナイフ」あたりで、グッと心踊りましたが、その後は、だんだんと‥、汗。えと、あくまで個人的な感想です。

 アンコールの「Fire Cracker」で少し持ち直したけど。んー、‥。客観的に聴いたら、かなり格好が良いライブだったと思います。おいらは、自分の想像とあまりに違ったので、何か、肩透かしをくらったような心境に、勝手に陥っております、笑。

 あ、「在広東少年」も、聴きたかったなあ。矢野さんゲストで、笑。ミーハー過ぎ?そかな‥、皆さんも、聴きたいんじゃなかろか。盛り上がると思うけどなあ。

 おいらには、ちとハイセンス過ぎるセトリでございやした。心躍らず‥、無念。通な方々、ハイセンスなリスナーは、きっと楽しめたコトと思いまする、☆。
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント