THE ROOSTERS - Dissatisfaction


 ROOSTERSは不満だらけの若者の鬱憤を晴らしてくれる。ピストルズみたいだ。
 ROOSTERSはミディアムテンポで骨太なサウンドを聴かせてくれる。ストーンズみたいだ。
 ROOSTERSは古典的なロックンロールを聴かせてくれる。コステロみたいだ。
 ROOSTERSは幻想的なアルペジオにポップな歌メロをのせる。キュアーみたいだ。
 ROOSTERSは退廃的な女性の日常をスカサウンドにのせて唄う。ポリスみたいだ。

 ROOSTERSはガレージサウンドで、ポップで、オルタナティブで、歌謡曲で、ロックンロールで、パンキッシュで、ニューウェーブで、男性的で、女性的で、タテのりで、ヨコのりだ。だから、ROOSTERSはROOSTERSだ。

 ROOSTERSは今年もフジロックに出演予定(※)。出演キャンセルとなった忌野清志郎の分も盛り上げて下さいっ!

 (※)正確には「大江慎也のソロ」として出演します。しかしバックは、ベーシストを除いたROOSTERSオリジナルメンバー(!)。つまりは、(ほぼ)ROOSTERS。

(左下の小さな再生ボタンをクリック。ブログ内で再生されます)

Disc.1
1 Radio Shanghai~Wipe Out
2 Lipstic On Your Collar
3 One More Kiss
4 Sitting On The Fence
5 Girl Friend
6 Dissatisfaction
7 Fade Away
8 Bacillus Capsule
9 Fly
10 I’m A Man
11 Telstar

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして!

ルースターズの魅力は色褪せませんね!

一世を風靡したバンドは懐かしさを感じさせるモノだけど、彼らはいま聴いても、さほど古く感じない。不思議です・・・。

素晴らしい言葉の応酬ですね。
そしてなにより、いつの時代も最新型で最高のロックンロールだ!
フジロック素晴らしかった。
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント