吉田拓郎 - こうき心


 「吉田拓郎&かぐや姫 Concert in つま恋 2006」に参加してきたよ。印象に残るライブは数あれど、ブログでライブリポートを書いたことはない。が、あのようなライブは二度と体験できないと思うから、書き留めておこうと思った。ご年配のファンを、あれほど集めた大規模野外ライブは他に無いだろうし、おそらく、もう無いでしょう・・・。

 31年前に5万人を動員した伝説のライブが、きのう復活したわけです。NHK-BSでは生中継され、各メディアでも大きくとり上げられたので、ご存知の方も多いかな。サプライズゲストとして、かまやつひろしと中島みゆきが加わり、8時間以上に及ぶライブは大変に盛り上がりました。

 「還暦をむかえた人ぉ~!」の呼びかけに、少し照れながら手を挙げるファン。まわりを見渡すと、50才前後の人が多い。31年前のつま恋に参加した方も、いらっしゃるだろう。おいらのチケットはステージに一番ちかいエリアだったので(!)、一段と盛り上がっていた。でも、ずっと立ちっぱなしというコトは無かったよ。こうせつが座らせてくれて、静かな曲の間はマッタリできた。ヨッパラって寝てるファンも居たな(苦笑)。天候はカラッとしていて、暑くも寒くも無い。心地良い風が吹く、非常に気持ちの良い空間でした。

 3万人以上の大先輩たちに囲まれたおいらは、ネットもゲームもケイタイも、あれもこれも無い時代の音楽は、今よりずっと大きな力を持っていたのだと痛感した。拓郎に、こうせつに、しょーやんに(←格好の良いギタリストでした・・・、驚いた)、パンダさんに、圧倒されました。

 学生時代は、「つまらない大人には成りたくないな」と思っていたが、きのうのライブを観てからは、「つまらないじーちゃんには成りたくないな」と・・・(笑)。おいらもつま恋に集まったファンのような、素敵なじーちゃんリスナーに成りたいな。

 素晴らしいライブ・・・、否、コンサートでした!拓郎&かぐや姫、そして各地からいらしたファンのみなさん、ほんとうにお疲れさまでしたっ。

 謝辞:Kちゃん、チケット予約から宿の手配までありがとう。物心つかぬ頃から拓郎を、音楽の楽しさを教えてくれたコト、感謝しています・・・。

 「こうき心」は初期の作品。詩も曲も大好きっ。作詞・作曲は、勿論たくろうです。

(再生ボタンをクリックすると、ブログ内で再生されます)

Disc.1
1 青春の詩
2 とっぽい男のバラード
3 やせっぽちのブルース
4 野良犬のブルース
5 男の子・女の娘(灰色の世界2)
6 兄ちゃんが赤くなった
7 雪
8 灰色の世界1
9 俺
10 こうき心
11 今日までそして明日から
12 イメージの詩

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは、うさぎさんっ。

今回のつま恋コンサートは、叔父(母の弟)と共に参加したのですが、その叔父とうさぎさんは、同年代のようです。叔父ものどかな土地で高校時代を過ごしていたので、当時のつま恋への想いは、うさぎさんと似たモノだったかと思われますっ。

美容院のマスターさんのライブ、ハウリングに苦労したようですねー。「やってる当人にはわからないものなんでしょうか?」というご質問ですが、アマチュアの場合はなかなか難しいかも知れません。モニターというモノで、自分自身の音を確認しながら演奏するのですが、自分自身の音を冷静に聴きながら演奏するというのは、意外に難しい。バンドを組み始めたり、ライブが初めてなんてグループの場合、モニターさえ鳴らさなかったり、設定しなかったり、なんてコトも少なくありません。プロの場合は、自分の音は勿論、ステージ、会場など、全体を見渡せているようです。

つま恋のBS放送、圧巻ですよ!叔父の知人がダビングしてくれたのですが、あんなによく録画されているとは、思いませんでした。期待して良いとおもいます!(ただし、めっちゃ長いです・・・)。

こんばんは

「つま恋」やっぱり懐かしい響きですね。私は高校に入ったくらいでうろ覚えですが、学生時代を静岡で過ごしたので「つま恋」が凄かったことはあちこちで耳にしたように思います。
当時はホントにメディアに飢えてましたね、ド田舎でラジオで聴くしかなかったから。レンタルもないし、レコードもそれほど買えないし。
フォークの間をぬって、洋楽聴くこともなかなかでした。邦楽で入れ込んで聴いたのは陽水くらいですが ずっとラジオかかってたので当時のヒット曲は身体に染み付いてますね。いい歌たくさんありました。

余談ですが 2週間ほど前、行きつけの美容院のマスターが初めてのライブをする、というので聴きにいったんですけど(全く関係ないローカルな話ですいません)50代前半のおじさんバンド、マスターは高校時代からドラムを、彼の奥さん(40代なかば)が無理やりベース、おじさん2人がリードギター、20代の男の子がリズムギター・ヴォーカルという構成。ベンチャーズに加山雄三(若い子が歌う雄三はちょっと新鮮でしたが)・・そして70年代のフォークメドレー、まさにこの頃!でしたね。後半はローリング・ストーンズやグランド・ファンクの「ハートブレイカー」など熱演でしたが。。音響が悪くて~(ハウリングばりばりで)最後まで聴くのが一苦労でした。。。
ライブスタジオなんて行ったの初めてだったんですが 音響って難しいんだ~とつくづく思いました。
やってる当人にはわからないものなんでしょうか? すいません、こんなことヒロさんに聞くことじゃないですね。

「つま恋」またBSで特集やってくれるみたいですね。生中継見逃したので次は観たいです!

長々と無駄話、お邪魔しました。。。
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント