スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢野顕子 - 中央線


 オレンジ色のにくい奴、JR中央線がリニューアルするって、知っていましたか?あのステキなオレンジ一色の車体が、今月の終わりごろ、モデルチェンジするそうです。

 多くのミュージシャンが、中央線への愛着を語っているのを耳にする。中には、詩にしたためている者まで居ます。
 
 例えば、林檎の「メロウ」。「橙色はとまらない、黄色を探して乗り込め」は、西荻、阿佐ヶ谷、高円寺あたりで降りるために、「だいだいいろ(の中央線)から、きいろ(の総武線)に乗り込め」、と唄っているのだと推測。小島麻由美も「恋の極楽特急」で、「オレンジ色した極楽特急に乗り込んで彼に会いに行くよ」と唄っている。オレンジ色の極楽特急は、きっと中央線だと思います。吉田拓郎の「高円寺」も、よく知られた一曲かな。

 ご紹介した曲は、タイトル自体が、まんま「中央線」。この曲を聴くと、おいらは早朝の中央線を思い浮かべます。非常に心地の良いアコースティックな曲ですっ(実際の詩の内容は、最終電車あたりの中央線を唄ったモノ。比較的、詩より曲を中心に聴いてしまうせいか、おいらは勝手に朝をイメージしてしまう・・・)。

 今日は寒さにめげず買い物へ。そうしたら偶然、新車両らしき電車を、初めて目にしました(試験運転中?)。今時ありがちな、ステンレス製の車体・・・、が、しっかりとオレンジ色のラインが入っていましたっ。やっぱり、中央線と言えばオレンジ。おいらの大好きな色。長らく住み続けている中央線沿線。おいらも、あの電車には愛着があります。

(THE BOOMによるカバーを発見。オリジナルの伴奏は、ギターでは無くピアノです※)


 ※THE BOOMがオリジナルとのご指摘を頂きましたっ。確認すると,作詞作曲ともに確かに宮沢和史さん,(・_・、) 。長年,矢野顕子さんの曲だと思い込んでおりました。ご指摘を,ありがとうございましたっ。誤情報を振りまいて,ゴメンナサイ……。

Disc.1
1 ひとつだけ
2 気球にのって
3 電話線
4 在広東少年
5 春咲小紅
6 どんなときも どんなときも どんなときも
7 ラーメンたべたい
8 デヴィッド
9 自転車でおいで
10 ウォッチング・ユー
11 いいこ いいこ(グッド・ガール)
12 スーパー・フォーク・ソング
13 中央線
14 すばらしい日々
15 夢のヒヨコ(ドリーミング・チック)
16 二人のハーモニー
17 ニュー・ソング

コメントの投稿

非公開コメント

通りすがりさん,ありがとうございます!

今の今まで,気が付きませんでしたっ,(・_・、)。長きに渡り誤情報を振りまいてしまいました。速やかに訂正しますっ。

本当に,ありがとうございます!

中央線は THE BOOM がオリジナルで 矢野顕子がカバー

です。曲書いてるのもブームのMIYAです。
今後見る人のために一応書いておきます。

もり侍さん、毎度っ。

おいらも田舎育ちですよー。社会人になってから、ドラマや音楽に憧れて(←この発想が田舎者の証(笑))、中央線沿線に住み始めたのです。

オレンジ色の電車沿線には俳優さんや劇団員、あと漫画家さんも割と多いみたい。小説にもよく出てくるので、注意深く読んでいると、新たな発見があったりしますっ。

「メロウ」の歌詞にそういう意味があったとは...
田舎暮らしの自分には想像も付きませんでした。
そう考えると、地名を歌詞に多用する林檎さんらしい歌詞ですね。
「メロウ」、大好きな一曲です。
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。