くるり - 男の子と女の子


 くるり、早くも大御所の貫禄すらありますね。もっとかっこ良い曲、ノリの良い曲などがたくさんありますが、私はこの曲が大好きです。男と女の違いって何だろ、どーして上手く行かないのだろ、なんて思う時にこの唄を聴くと、そうか、あの頃から違っていたんだな、なんて思う。ノスタルジックな気分になって、思い出や過去に浸れる、懐かしい気分になれます。

 タイトルも好きです・・・。所詮、どんなに成長してかっこつけても、大人として振舞っても、私達はどこか「男の子と女の子」なんじゃないかな、なんて青臭い事を思う。そう考えると、上手く行かなくても当たり前かなとか・・・。この曲を聴いていると、勝手に納得してしまいます。まぁ、私が勝手にそう感じているだけで、岸田がそんな思いを込めて歌っているかなんて知りませんけどね。アルバム『THE WORLD IS MINE』の10曲目に収録されています。
Disc.1
1 GUILTY
2 静かの海
3 GO BACK TO CHINA
4 WORLD'S END SUPERNOVA
5 BUTTERSAND / PIANORGAN
6 アマデウス
7 ARMY
8 MIND THE GAP
9 水中モーター
10 男の子と女の子
11 THANK YOU MY GIRL
12 砂の星
13 PEARL RIVER

コメントの投稿

非公開コメント

ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント