ペトロールズ - ライブレポ(2007/4/1@下北沢GARAGE)、(5/5)

 4/1に下北沢ガレージで行われたライブイベント「激走 亮介街道」のレポートを続けて参りましたが、今回で最終回です。

 次に登場した"The West of the Moon"は、"ブルーグラス"というジャンルに属する音楽をプレイするバンド。長岡亮介さんの言う「私が幼少の頃から慣れ親しんだ音楽」とは、この音楽のようです。

 ベテランらしい、余裕のあるパフォーマンスは圧巻っ。楽器のウマさ、コーラスの美しさ・・・、実に素晴らしかった。アカペラもキレイだったし、インストも格好が良かった。リード楽器担当のメンバーは全員、バリバリにアドリブを弾いていました(ドブロギターのアドリブ、すご過ぎ・・・)。

 長岡さんは、途中からマンドリンを抱えて乱入っ。さすが、幼少の頃から慣れ親しんだ音楽、なかなか良いソロを奏でてはいました、が・・・、ちょっと緊張していたようにも見えた(笑)。出番の直前まで、楽屋で練習していたのかな?「よし、練習してきた」と言っていました(単なるジョークかも)。The West of the Moonのメンバーは皆、長岡さんのコトを「りょーすけくんっ」と、親しそうに呼んでいた。本当に、子どもの頃からの知り合いなのだなぁって雰囲気でした(本当のトコロは、おいら知りません)。

 で、お次はトリ・・・、ついに「ペトロールズ」の出番っ。会場は一気にヒートアップ!

 一曲目は、ノリの良い「O.S.C.A.」(オスカ、と読みます)。この曲と、二曲目に演奏された「ホロウェイ」は、即売会で売り出された『仮免』に収録されています。途中でベースがテンポを上げ、ギターソロにつなげるトコ、何度聴いてもテンション上がるなぁ・・・。長岡さんのギターと唄が、速い速いっ。初めてライブで聴いた時は、ビックリした(長岡さんは、ボーカルも、実に器用なんですよ)。ベースのジャンボさんも、ブリブリとリズムを引っ張って行きます。

 二曲目は、おいらの大好きな「ホロウェイ」。大きく展開する曲調、テンポはアップテンポからスローテンポまで変化し、唄メロも、かなりの低音から裏声まで・・・。あんな難しそうな曲を、背筋と首をスっと一直線に伸ばし、淡々とギター弾きながら唄う長岡亮介さんっ。もっと多くの人に観て欲しい(SSTVあたりで、中継しないかな・・・)。この作品は、詩もステキです(「ホロウェイ」の世界観は「ミラーボウル」に近いと、おいらは思います)。

 三曲目は、椎名林檎のアルバム『平成風俗』へ提供した、「花魁(おいらん)」。そう、林檎の花魁は、長岡亮介さんの作詞・作曲ですよっ(あ、言わずもがな、長岡亮介=浮雲です)。ペトロールズの花魁は、林檎のとは随分と違う。ミラーボウルのアレンジもかなり違うのだけど、花魁は、もう雰囲気からして、まったく違うっ(何故に、テクノサウンド・・・。分からんでもないが)。おいらは、ペトロールズの方が好きです。イントロで、長岡さん独特のフレーズが聴けます(耳慣れないフレージング。テレキャスじゃないと、あーいう音の雰囲気、出せない気がする・・・)。

 四曲目は、スペシャルゲストとして椎名純平とSOILのタブゾンブを招いての、「ミラーボウル」っ。ボーカルは純平さんがとりました。ホントは長岡さんも唄う予定だったのに、譲り合っているように見えた。おいらは純平さんもデビュー当時から好きなのだけど、ミラーボウルは長岡さんに唄って欲しかった・・・。純平さんはカッチリと、ソウルフルに唄っていた。長岡さんのミラーボウルには、もっと破れかぶれと言うか、なげやりな雰囲気がある。良い意味で、雑な感じ。ソコが格好良いのですっ。だけど、純平さんはさすが、上手かったなぁ・・・、一箇所、歌詞を飛ばしましたが(純平さんは、「間違いなんか、無いんだよ」とおっしゃるでせう(笑))。

 五曲目と六曲目は、純平さんの「無情」と「ビューティフル」。無情はよく聴いていたので、しっかりと憶えていました。この曲のカップリングに、「指」って曲が入っているのだけど、このギターソロがおいらは大好きで、当時、何度も聴いていた。林檎の「意識」のギターも好きだった。そして、東京事変を聴いて"浮雲"が好きになった。それらすべてが、「長岡亮介」であると気が付いたのは、わりと最近のコト。色々なギタリストを聴いて居たつもりが、全部同じ人だったと知ったら、かなり驚きますよね・・・。おいらは間違いなく、長岡亮介のギターが、大好きってコトです(ボーカルまで格好が良いと知ったのは、つい最近の話)。

 七曲目は、「環八」。初期のナンバーなのかな、「昔、よく演っていた」と言っていた。おいらは初めて聴きました。んー・・・、もう一度くらい聴かないと、何とも言えないなぁ。まだ強い印象は残って居ないけど、壮大なイントロから始まり、ミドルテンポでねばっこくグイグイと来る、正統派ロックって感じだったように思います。

 八曲目は、「磁気」。これは、前回のライブで気に入った曲っ。これも「ホロウェイ」同様、曲の展開が斬新。ギタープレイも、イントロ、ソロ、バッキングと、聴きどころ満載。ハーモニクスも、効果的に使っていました(コキーン、♪)。

 ペトロールズの出演が終わるとアンコールがっ。そして、主な出演者が再びステージに上がり、マービン・ゲイの「ホワッツ・ゴーイング・オン」と、ローリング・ストーンズの「サティスファクション」を、観客と共に大合唱!大盛り上がりのうちにライブは幕を閉じ、CD&Tシャツの即売会開始。4時間に及びイベントは、大成功をおさめたのでした・・・。

 ライブ終了後、長岡さんは生まれて初めて胴上げをされたそうな。そして、おそらく打ち上げ。そして・・・、おいらと駅前でバッタリ再会っ。少しだけ、お話しをさせて頂きました。

 長岡さんは別れ際、「5/4に、またやりますよ」とおっしゃった。おいら、行きますよーっ。楽しみにしています。次回は、ペトロールズのオリジナルをタップリと聴きたいです。


(アンコールで演奏された、「わっつごーいのんっ、♪」。実に楽しいひと時でしたっ)

コメントの投稿

非公開コメント

うさぎさん、まいどっ。

長岡さんのギターは、ホントに格好が良かった。前から言っているけど、おいらの印象としては、やっぱり「変」なんです・・・。スタンダードでオーソドックスなプレイと、アバンギャルドで斬新なスタイルが混在していて・・・。今回のイベントで、どんなプロセスを経て今の形になったかが、少しだけ垣間見えた気がしました。

CDは、手軽にゲットできるようになって欲しいと、おいらも願っています。だけど、ペトロールズはまだ結成3年目とのコト。マイペースに、じっくりと形にしていく活動も、好感が持てますよねっ。ここは、いましばらくガマンしませう・・・。

チケット買ったのですかっ。もしかしたら、バッタリ逢うかもしれませんね(笑)。留守番は息子さんに任せて・・・、というわけにはなかなかいかないでしょうけど。行けるコトになると良いですねっ!

圧巻でしたね!!!!!

ヒロさん こんばんは

5回にわたり リアルなライブレポありがとうございました!!

どのバンドも個性的でライブの情景が目に浮かぶようです。
ペトロールズ、長岡さんのギター堪能されたようで良かったですね~!!
いろいろな音楽繋がりで浮雲さんのギターに惹かれてたなんて それも凄い事ですね! 私も浮雲さんの音をたどってみたいです。
アンコールもまた意外な選曲ですね~
いいなぁ 聴いてみたいなぁ
CD、もっと一般発売してほしいですね。

5月4日の実況中継楽しみにしてます!
。。。ほんとは行きたい。。。実は。。チケットだけ衝動買いしてしまったんです。。夢を買うつもりで。宝くじ買うより値打ちあるかなぁ、と(笑)
でも 子供は誰もついて来ないし、おばば様に「そんな留守番ようせんで」と言われて。。。やっぱり夢に終わるかなぁ。。。うぅ。。。
ヒロさん絶対行ってきて下さいね~

Y子さん、こんばんはっ。

ペトロールズのワンマン、おいらも心待ちにしているのですよ!めいっぱい、ペトのオリジナルを聴きたいなぁと・・・。

5月のライブも、レポすると思います。乞うご期待っ。

長岡亮介さんを知るには、これ以上ないと思われる素晴らしいイベントでしたよ。ミラーボールは、けっこう頻繁に演奏しているようです、次回も楽しみっ。

レポ素晴らしい(´∀`)

ヒロさんのレポ読んで思い出し笑いしちゃいました(笑)細部にわたってよく覚えてますねー!
いやー思い出しました。有難うございますv-238
ペトのワンマンやらないかな~あ~とにかく行きたい(>З<)全国回ってくれないかな~;
v-1075月のライブレポもして欲しいなぁ~v-157v-156

やっぱスゴイ!

ヒロさんのレポートも凄いですが、ライブも本当に最高だったんですね~♪

そして、ミ、ミラーボール?!私の大好きな曲です!!!!!聴きたいなぁ。

5/4楽しみですね☆また感想聞かせて下さ~い★
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント