東京事変 - ライブレポ(2007/11/20@Zepp Tokyo)、(3/5)

カラオケ マイク MC②
 伊澤さん
 ・イザバウワーは2006年に封印した(観客は最後まで承認せず)。
 ・苦し紛れにオリジナルのギャグを二連発。
 ・ギャグその一「うるおい美率(?)。今晩は‥、伊澤です」‥。
 ・ギャグその二「何も思い浮かばん。言うこと"ゼロ"だ‥、"セロ"です!」‥、撃沈。

 撃沈したが、伊澤さんは偉かった!場つなぎに孤軍奮闘していました。

 浮雲さん
 ・「ようこそ、お出でくださいました」と、きちんとご挨拶。
 ・「オレ、話があるから」と一言のこし、おもむろに伊澤さんへバトンタッチ‥。
 ・舞台監督さんの自転車と乗り比べをした。
 ・ツアーで北海道へ赴いた際、汚れた自転車を丁寧に拭いていた。

 刃田さん
 ・「あぇ~。うぃ~。おぇ~」と、ワケの分からぬご挨拶‥。
 ・金髪にしたせいか、スチュワーデスさんに英語で話しかけれた。
 ・そのスチュワーデスさんに、「僕、どうしたの?」といった調子で子ども扱いされる。
 ・事変メンバーとカラオケに行ったことが、すごく楽しかった。

 刃田さんがカラオケの話をした流れで、恒例「刃田さんのお題コーナー」!。お題コーナーとは、抜き打ち即答インタビューです。刃田さんがミドルテンポでリズムを刻みながら、お題を出す。メンバーは一小節しか考える間を与えられず、リズムに合わせて即座に答えねばならぬ。さて、今夜のお題は‥、「カラオケで一曲目に唄う歌は?」。

 亀田さん
 ・「歌舞伎町の女王!」(即答)

 浮雲さん
 ・「あー、えっと、ルビーの指輪っ」(時間いっぱい!アセアセ‥)

 伊澤さん
 ・「千の風の‥なんとか」(グダグダ‥)

 - お題コーナーのリズムから、そのまま「某都民」のイントロへ。ここから浮雲メドレー開始!「某都民」⇒「月極姫」⇒「メトロ」と続く。
 
音符 10.「某都民」
 浮雲さんの、非常に気持ちの良いボーカル!浮雲さんのボーカルを初めて目の当たりにし、驚いたお客さんも少なく無かったと思います。

 ここで浮雲さん、二度やらかしました‥。一度目は、「そう、ココ東京!」と皆で盛り上がるコトのできる歌詞を、何を思ったか「そう、ココお台場ぁ~」と肩透かし。林檎さんも「東京」と唄ってらしたので、これは浮雲さんお得意の単独スチールか‥。

 二度目は、"歌詞飛ばし"‥と言うか、完全に唄うの忘れていた(笑)。心根の美しさゆえか、唄っている最中なのに反射的に「ごめん!」と謝ってしまう浮雲さん。「ごめんじゃねーよ!」と、間髪を入れず激しくツッコむ林檎さん(怖っ‥、浜ちゃん級)。実は、歌詞飛ばしもお得意なのだ。ご愛嬌というコトで、お赦し願いたい。おいらは、そういう力の抜けたところも、浮雲さんの魅力だと思います!

音符 11.「月極姫」
 元々はもっとコミカルな曲なのだけど、林檎さんが唄うコトで、テクノというかニューウェーヴというか‥、ずいぶんと本格的な作品に仕上がったなと感心しました。「ししゃも」というバンドのファンは、コノ曲で不可思議な舞をまうコトがあります‥そっとしておいてくださいっ。

音符 12.「メトロ」
 事変はペトロールズの曲をいくつかカバーしていますが、その中でもコノ曲は、林檎さんに合っていると感じました。浮雲さんのギタープレイ、やる気があるよな無いよな単音バッキングがカワイかったです。

 - 浮雲ワールドに包まれた場内‥、ここから伊澤さんと林檎さんの巻き返しが!まずは伊澤さんが、心地の良いポップソング「鞄の中身」を放つ。続いて林檎さんが、デビュー前から唄い続けている不朽の名作「丸の内サディスティック」!秀逸なポップナンバーが続いたコトで、会場はやさしい空気に包まれました。
 
音符 13.「鞄の中身」
 伊澤さんのナンバーの中で、特にお気に入りのナンバーです!浮雲さんがボトルネックを使ったスライドギターを見事に披露してくれる。彼はカントリー、ブルーグラス系の音楽をバックボーンにしていますから、スライドギターは大の得意です。

音符 14.「丸の内サディスティック」
 林檎&亀田コンビの、数あるキラーチューンの内の一つ。デビュー前から「A NEW WAY TO FLY」というタイトルで唄い続けている、思い入れのある一曲だと思います。おいらはコノ曲を聴くと、椎名純平さんを想ふ…。お兄さんからの音楽的影響を感じます。

 - これよりライブは後半へ突入します。続きは後日!次回は亀田さんのMCの様子から書き始めます。

コメントの投稿

非公開コメント

YOKOさん、まいど!

いえいえ、とんでもない‥、恐縮です。今回のYOKOさんのレポ、拝見いたしました。質と量ともに気合はいっているじゃぁないですか!読み応え充分です、e-420。後ほど、読み返させて頂きます。

そうそう、そのユルさもライブって感じで、おいらは好き!あまりカッチリと作りこまれてもさ‥、っと、事変はカッチリしていましたね(汗)。それに比べてペトロールズは‥。もし林檎さんがペトのメンバーだったら、三人とも「きちんとしなさい!」と、連日怒られそう‥、e-330‥、いや、アノ御三方に囲まれたら、林檎さんも諦めてユルくなるかも(笑)。

おぉ~

すごい、会場の雰囲気が伝わってきますねぇ!
今自分のレポ書いたとこなんで、凄い格差を感じるなぁ(笑)
見るとこが違うものぉ~w

出だし歌い忘れ・・・ふふふ
時々思い出したように唄の出だしひょいっと出てくるときがありますけど、今回はやっちゃったみたいですねぇ^^
でもまぁ、なんだかね、それもまた・・・なんて、ね、ヒロさんのおっしゃること分かります。
そのゆるさもまた・・・ね!
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント