東京事変 - 歌舞伎

 7曲目は「歌舞伎」。私はフジTV系列「僕らの音楽2」で、中村勘三郎と林檎とのトークを観ました。彼女は勘三郎のファンだそうで、舞台を観に行った事もあるそうです。この曲には、そんな勘三郎の舞台から触発された部分もあるのでしょうかね・・・。ちなみに、林檎は歌舞伎には興味があるようですが、歌舞伎よりも勘三郎のファンであると番組では語っていました。

 曲は、全編アバンギャルドで激しい曲調。イントロでは、各パートがそれぞれソロを聴かせてくれます。このイントロ、かっこ良いですよっ!四弦から始まって、六弦、鍵盤、太鼓と回してボーカルが入ります。サウンドはロックなのですが、このソロパートを回す手法も比較的Jazzで耳にする事が多いですよね。ライブで、ソロパートごとにスポットライト切り替えたら・・・、素敵だろうなぁー。目に浮かびます。

 1分59秒と、とても短い曲なのですが、なかなかかっこ良い曲だと思います。次の曲「ブラックアウト」との繋がりも、私は気に入っています。どちらもアップテンポなので、スムーズにスッと入っていく感じ。ライブでも、この2曲はアルバムと同じ曲順でプレイしたら盛り上がると思います。

 ちなみに、歌詞は全て英語で書かれています。そして驚く事なかれ、ブックレット、歌詞の書かれた頁の左半分には、亀ちゃんが上半身裸でベッドに座り、遠い目をしているフォトが・・・。どうしたんすか、亀田さん!カメラメンや林檎のアイディアですか?ま、まさか、自分で脱いじゃったんすかーっ?・・・、謎。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント