ペトロールズ - ライブレポ(2008/1/26@下北沢GARAGE)、(2/2)

 ペトロールズ(http://www.petrolz.jp/
 ・長岡亮介(vo.&g.&cho.)
 ・ボブ(vo.&カホン&cho.)
 ※ジャンボさん(b.)は御欠席。

    (セットリスト)
  1. 闖入者(ちんにゅうしゅ)
  2. 無い者ねだり
  3. 高速(?)
  4. The Highway of My Life(Isley Brothersのカバー)
  5. My insatiable one(スウェードのカバー)
  6. ホロウェイ

 今夜はピックを使わず、すべて指弾き&爪弾きのみで弾いていました。ギターはSongBird(ショップブランド)製の変形エクスプローラー。ギターのチューニングは、普段のフェンダーのテレキャスと同じく半音下げ(6弦から順に、E♭ A♭ D♭ G♭ B♭ E♭)。

 アンプは小型のフェンダー製、5Wの小さなモノです。それにギターを直結、エフェクターは一つも使っていません。チューニングメータもはさまずに、そのままプラグインしていました。こんなチープな構成とは思えない、素晴らしいギターサウンド!長岡さんの真骨頂という気がしました。高価な楽器じゃないと、大きなアンプが無いと、あのエフェクターが足りない、これも足りない‥、そういうコトでは無いのだなぁと、あらためて認識。長岡さんらしい機材構成だと感じました。

 ボブさんは去年ご購入されたと思われる、少し小さめのカホン。ボブさんのカホンを聴いたのは二度目ですが、前回と比べると、だいぶ慣れたように聴こえました。自分の楽器になったという感じでしょうか‥、前回はいかにも「最近、買ったのです」という雰囲気が残っていましたから(笑)。

 ①闖入者(ちんにゅうしゃ)
 長いイントロ。6弦の開放弦をベース代わりに上手く利用して、オーケストレーション効果のある格好の良いイントロを奏でていた。タイトル通りの、暗くて陰鬱とした雰囲気。唄の無いパートが大部分を占める。しかも、ただでさえ少ない歌メロはシンプル。インストゥルメンタルといっては大げさですが、終盤までギターとカホンだけが、サウンドのほとんどを占める。

 しかし最後、長岡さんのボーカルが解き放たれます!格好が良い!!この一瞬のためのフリだったとさえ思える、長い長い序章。ストーリー性のある、ドラマティックな楽曲でした。

 ②無い者ねだり
 上手いコトバが浮かばないので、語弊を恐れずに書くと、「男の女々しさたっぷりのアレンジ」。コードの響きが女性的だったし、アルペジオを爪弾く指使いも女性のようにソフトだった。この日のアレンジ、大変に気に入りましたっ。コードが非常にキレイに、やわらかく響いていて、心地が良かったです。

 ③高速(?)
 前曲と対照的に、これは幸せいっぱいの曲だ!高速道路を二人で、水銀灯の光を次々とくぐり、駆け抜けてゆく‥。誰も知らぬ場所へ行って、二人だけになりたい‥、そんな作品でした。東京事変へご提供された「メトロ」も幸せいっぱいという感じでしたが、あちらが昼間から夕方のデートなら、こちらは深夜から明け方という感じかな。この新曲、おいら大変に気に入りました!ぜひまた聴きたいです。

 ※タイトルにハテナマークを付与したのは、個人的な見解ですが、仮題の可能性があると判断したからです。コノ作品が完成したのは、ライブ当日の午前4時ごろだと、MCで仰っていたので‥。「高速」は、セットリストに記された文言を、とりあえず書いたに過ぎません。ライブでは、ハッキリとはタイトルを告げて頂けませんでした。

 ④The Highway of My Life
 Isley Brothersのカバーです。ボブさんが美声を聴かせてくれましたっ。去年の4/1に行われたライブでもボブさんは黒っぽい、ブルージーなボーカルを聴かせてくれた。ボブさんは、R&B調だけどもあまり泥臭く無く、洗練された都会的な楽曲がお好きなのだと推測。そのあたりが、長岡さんとの共通点なのかも知れません(←おいらの勝手な空想、妄想。裏づけ無し)。

 ⑤My insatiable one
 スウェードのカバーです。おいら、タイトル思い出すのに苦労しました‥(スウェード、苦手なのです)。んー、チョット意外な選曲だなぁと感じました。ブリティッシュテイストの溢れたバンドですから、長岡さん好みなのかも知れませんが‥。長岡さんのボーカルは相変わらずステキでした。

 ⑥ホロウェイ
 この日のベストパフォーマンスは、文句なしに、このホロウェイ!もう二度と聴くコトができないのだろうか‥。もっと、たくさんの方にお聴かせした方が良いと思う。スパニッシュまではいかないけど、熱かった。こう、青き炎が、静かに、煌々と‥。隠微な雰囲気も感じた。退廃的な印象も残った。かなりダメ人間‥(え?)。いや、もう燃えるしかないな、みたいな。近頃、月しか見てないし。太陽って、いつ昇ってるんだろ(んー…、書きにくい。えと、大人の唄です)。最後に、「オッレ!」とフラメンコのようにシャウトしたのには、チョット驚きました(笑)。

 おいら、普段のペトでもコノ編成を楽しみたいっ!誤解されると困りますが、おいらジャンボさんのベース、大好きですよ。だから、例えばコノ編成の後は、指を休めたジャンボさんのベースを前面に出した曲を演って頂くとか、ソロプレイをご披露するとか‥。推測ですが、ジャンボさん御欠席の時は敬遠するファンもおられると思うのです。そういう方々にも、ぜひコノ編成を楽しんで頂きたいなぁと(←わがままな一ファンの、勝手な戯言です‥)。

 兎にも角にも、圧巻のライブでした!大興奮、大満足。ステキな夜を有難うございますっ。こんなライブならおいら、できるコトなら毎晩でも聴きたいですっ、キラキラ

コメントの投稿

非公開コメント

Mさん、こんばんは!

お褒めの御言葉、恐縮です‥。拙いレポではございますが、ライブの様子がほんの少しでもお伝え出来ているとしたらば、幸いですっ。

カホン&ギターという編成は、相当に良いです。抜けた穴を埋めようとしてらっしゃるのか、どういうワケか分かりませんが、キッチリと仕上げて来る印象がありますよっ。

コメント、有難うございました。こちらこそ、今後とも宜しくお願い申し上げます。またぜひ、遊びにお出で下さいっ。

はじめまして

いつも勝手ながら拝見させて頂いています。
自分はまだ普段のペト構成しか見たことがないので、カホン構成が見たくてたまりません!
ライブがあるたびにここのレポを楽しみにしています。これからも素晴らしいレポ、よろしくお願いします。

sierraさん、毎度!

昨夜は、お疲れ様でした!

ギタープレイ、冴えていましたねっ。
終始たのしそうだったし、リラックスしているのに、程よい緊張感‥、絶妙のバランスでした。

ホロウェイは圧巻でしたね!おいらが推しに推している作品なので、おいら余計に衝撃を受けました‥。

三曲目は、セットリストに記された文言を書きました。が、おそらく仮題みたいなモノという気もしています(完成がAP4時ですからね)。

お疲れ様です。

昨日のライブも、私は・・・
何とも物悲しく、終始目を閉じて聴いておりました。

何が良かったかって、ギター。
長岡さんのプレイの中でも、こういうサウンドが聴けるのは珍しい気がします。
何と言うか・・・いつもに増して洗練されていました。

特にホロウェイ。
どうしてあんなアレンジが・・・
心に突き刺さる音。切なくなりました。

三番目の曲は、「高速」という歌だったのですか?
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント