ペトロールズ - ライブレポ(2008/4/19@下北沢GARAGE)、(2/6)

 今回は、コノ日の使用楽器についてレポートいたします。

 ベースのジャンボさんは定番になりつつあるスティングレイを使用。ボブさんは、渚音楽祭に引き続き、この日もカウベルをお忘れに(が、ボブさんはその失点をプラスに変えました!詳細は後ほど)。

 長岡亮介さんの使用していたギターについて、いくつかの誤った憶測が耳に入りました。たとえば、「また違うテレキャスだあ。好きだねえ」など。

 確かに、この日の長岡さんのギターは、いつもの愛用テレキャスターではございませんでした。が、別のテレキャスというワケではありません。コレを機会に、この日のギターについて、少し詳しく記します。

 あのギターはテレキャスターでは無く、「フルアコースティック」、というギターです。メーカーは、「ギブソン」です。ちなみに、愛用テレキャスターのメーカーは、「フェンダー」です。フルアコースティックは、略して「フルアコ」と称するコトが多いです。テレキャスターを、「テレキャス」と略すのと同じですね。

 長岡さんが使っていたギブソンのフルアコの型番は、「ES-175」と言います。元々はピックガードというモノが付いているのですが、長岡さんのは外されていました。一番に特徴的だったのは、ギターの弦を巻くためのペグという部品(ねじ回しのような部分)が、ひとつ欠けてたコトです 笑。一弦(一番に細い)を巻くためのペグが砕けて、ほとんど無くなっていた。今度ご覧になる機会がございましたら、チェックしてみてください(その時は、なおっているかも知れませんが)。

 このギターは、ジャズギタリストがよく使います。アンプにつながなくても、ある程度、音が響きます。とは言っても、アコギのようには響きません。この日のギターに似た形状で、もう少し薄くてスマートなギターもあります。それは大抵、「セミアコースティック(略してセミアコ)」というギターであります。

 ポイントを、整理いたします。

 ①コノ日のギターは「ギブソン」の「フルアコ」です。
 ②型番はES-175です。
 ③1970年前後のモデルです(推測)。
 ④一弦を巻くためのペグが欠けています。
 ※一弦のペグはギターを持った時の下側、もっともボディー寄りに在ります。
 ⑤普段のギターは「フェンダー」の「テレキャス」です。

 楽器についてのレポートは、以上です。次回は、長岡亮介さんのエフェクター(ギターの音色に特殊な効果を与える機械)について、分かる範囲で簡単にレポートいたしますっ。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント