ペトロールズ - ライブレポ(2008/5/4@下北沢GARAGE)、(2/2)

 立ち位置は以前の形。正面にDr.のボブさん、向かって左がB.のジャンボさん、右がG.&Vo.の長岡亮介さん。

 使用楽器は、ジャンボさんはジャズベースに戻した。

 ボブさんは、キチンとカウベルを持参 笑。

 長岡さんのギターは分かりません。アメリカン・ショウスターが作るような、フライングVの変形ボディに、不釣合いな、オーソドックスなヘッドが付いている…、おいらには分かりかねます。

 ※2008/5/6追記。
 長岡さんのギターは、「ギブソンのモダン」であるとの情報がございました!情報をお寄せくださった、"ささくれ"さん、有難うございました!キラキラ。おいらが確認したところ、ネット調べの俄仕込みではありますが、確かに長岡さんのギターと諸々同じ形状!間違い無いと思われますっ。


 1.闖入者
 イントロ、ハーモニクスを使ったアルペジオとトリルがキマっていた。
 
 ダンサブルな曲であるにも関わらず、コノ日のオーディエンスは、やや硬い印象…。が、ジャンボさんのベースソロでは大きな歓声が!硬いというより、疲れていたのかな…。コノ日は長丁場でしたから(開場18時、終わったのは22時少し前っ)。
 
 2.ツバメ
 この楽曲はコーラスが鍵。コーラスの音量が大きくなりバランスは良くなった。が、音程に若干の不安を…汗。しかし、長岡さんは更に上手くなっているように感じました。「go! go! go ahead!!」という部分の歌いまわしが比較的に激しく、アクセントになっていて良い。
 
 3.夜中の数学
 イントロでウェス・モンゴメリー風の、速いオクターブ奏法を披露。あんな珍しい形のギターで、フルアコのようなオーソドックスな音色を響かせていた。まあ、たいてい長岡さんは、何を弾いても似たような音を出します…笑。
  
 毎度のベース⇒ギター⇒ドラムとソロパートをまわす部分で、ベースとギターは印象の薄いフレーズを(しかし、長岡さんのトリルは新たな試みか)。ボブさんのドラムは…、アレで良かったのかな…笑。いつもは格好が良いボブさんだが、コノ日はおいら、笑ってしまいました。ドラムロ~ル+ドコドンっ …。
 
 4.ホロウェイ
 前曲からメドレーで。唄の入り、長岡さんは音程をとり損ねて唄いにくそうでした。テンションの上がるイントロが、メドレーになったコトで割愛されたコトは少し残念…。
 
 が、近頃では恒例となりつつある「お題目」では、今回もテンションが上がりました!「お題目」とは、間奏部にメジャーな曲が挿入され、それをみんなで当てるコトです。とは言っても宿題みたいなモノで、ライブ中は引っ張らずにサラっと流す長岡さんですが(レッチリの時は大盛り上がりで、流すわけにはいかなかったけど 笑)。
 
 お題の答えは前日の日記に記した通り。参照してくださいまし。マルーン5、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、レッド・ツェッペリンと続きましたあ。次回は何でしょ!楽しみです。

 5.雨
 6.指
 コノ日のベストチューンはこの二曲を挙げたい!しっとりと落ち着いたひと時でした。
 
 この時間帯に限って言えば、いわゆる「ロックバンド」という呼び名は相応しくない…、AORというコトバが思い浮かびました。

 かつてAORというジャンルがございましたよ。概ねにしてジャンルの定義は曖昧だが、ざっくり表すと、「歪まない、叫ばない、洗練されたロック」かな。ロックバンドと聞くと、ロックンロール、パンク、ヘビメタ、オルタナ、あたりのキーワードが思い浮かぶと思う。

 AORもロックの一ジャンルだが、前述のキーワードとは一線を画したジャンルでありました。まあ、ジャンルにこだわる聴き方は時代錯誤も甚だしいので、参考までに止めてくださいまし。
 
 兎に角、コノ二曲はステキですから!ご注目いただきたい。ペトの真骨頂、また新境地とも言えます。「雨」のコーラスは、コノ日もキレイだったなあ。初めてご披露なさった時からバシっとキマっていました。
 
 7.無い者ねだり

 「ばーい えっくす」と聴こえる部分がございます。以前は無かった。「Bye!! X」かな…?、つまりは「さようなら、某元彼女」というコトか。切ない歌詞だ…。

 8.インサイダー
 イントロのベースがおどろおどろしくて、曲のイメージにピッタリ。「皆さんの心に、インサイダーが潜んでいる。お互いに、気をつけませう」(長岡亮介)。
 
 コノ曲のコーラス、ステキですよ!比較的に、美しくハモっていたように思います。
 
 長岡さん、カッティングソロを奏でていました!ああいうフレーズを弾く長岡さんは、チョット珍しいやも。ギターの聴かせどころ満載。ソロらしいソロは無いが、随所に長岡さんのワザが光っていますから、ご注目ください!
 
 ところで長岡さん、終盤は完全に歌詞が飛んでいませんでしたか?笑。気のせいかな…、アレで良かったのかな…。「失敗なんて…、無いんだよ」(椎名純平@亮介街道)。
 
 16分なノリがファンキー。ダンスの得意な方は、バシっとキメて欲しいですっ(スペースは小さいから動きは限られますが、そこそこ動けます)。

 9.フラップ
 渚音楽祭から、ギターソロに注目しているコノ曲。コノ日も、ソロで歓声があがっておりました!(第一声はおいらです…汗)。
 
 コノ曲は、長岡さんの長い長いギターソロが、聴きどころ。音に身を任せて、「ん。かっちょいいっ」と感じたら、わき目もふらず(たとえ自分ひとりであってもっ)、「俺は今の、かっこいいと思うぜ!」的な、拍手と歓声を!

 (アンコール)
 1.カーテン
 エンディングの定番になりつつあります。アルペジオを基調とした美しい曲調ですが、終盤に大きく、激しく展開します。そこで、ハーモニクスを「カキョーン!」と響かせる箇所があるのですが、何とも格好が良いんです…。一瞬ですが、エモーショナルでアクセントの利いた一発にご注目っ。


 コノ日の長岡さんのプレイは、丁寧だなあと感じましたよ。ギターとボーカルを、一つ一つキチンと奏でようとしているなあと…。いつもの、良くも悪くも抜く部分が、コノ日は無かったように感じました。

 あと、曲が進化を続けているのが興味深い。楽曲のアレンジにしても、細かいフレーズやバッキングにしても、歌詞にしても、試行錯誤を続け、より良い形にしようとする姿勢が伺える。同じ楽曲を聴いても、常に新鮮に感じるのはそのおかげもあると、思います。

 「初めてペトロールズを御覧になる方は?」と尋ねる長岡さん。コノ日は、久方ぶりに初参加が多かった。それを知った長岡さんは、大変に嬉しそうでした、キラキラ

コメントの投稿

非公開コメント

ささくれさん、毎度です!

 そうです、例の…、アレですよ、('▽')。ああ、ご友人にレンタルしたままですかっ。パスワード他、諸々だけでも教えて頂けると良いですねえ、(T^T) 。

 おいらも、早速ニコルズさんの方で、確認させて頂きました。嬉しそうに笑顔で…、写っていましたよね 笑。無邪気な顔が微笑ましかったです。

 また、何かございましたらお教えくださいねっ。皆さんに助けられるコトが、ホントウに多いです。協力してくださる方が、ずいぶんと増えました…。助かっています。頂いた情報は大切にし、キチンとブログに反映させます。

Mさん、毎度です!

お褒めのコトバ、恐縮です…汗。実は、近頃は御酒を呑みすぎるコトが多く、文章にまとまりがつかず 笑。期待にそえるよう、もう少し節制せねばっ。

ペトは都内で活動するコトが多いですから、遠方の皆さんは、どうしても情報が不足しがちですよね。だけど、ネットさえあれば共有できる、便利な時代です。少しでも何か共有できれば、幸いです。

また機会がございましたら、ペトロールズのライブへ足をお運びくださいませ、ヾ(@^▽^@)ノ。

何度も

すいません><

いえいえ。わたしも何のギターなのかなあと疑問に思っていて。たまたま見たニコルズさんのブログに書いてあったのでメモしてあったんです。お役に立てて光栄です!

あ、そうなのですか!HPの方の、アレですよね。笑
実は友人にCDを貸してしまっていて、パスワードやらなんやらが今現在分からないのです……。教えていただけてよかったです!早く返してもらわなければ。笑

みなさん本当にネタの幅が広くて……。音楽も出来て、お話も出来てって凄いですね。見習いたいものです。笑

何度もすいません!
またお邪魔させていただきますね^^
失礼しましたっ。

ヒロさん、お疲れ様でした(^^)
毎回このレポに感心させられます。なんと臨場感あふれる文章でしょうか!!
一度聴けば忘れられない長岡さんのギターやペトの楽曲、シチュエーションや技法を伝えられるだけで地方組は楽しめたりするんですよね。ほんと毎回感謝です(^0^)

トックさん、お久しぶり?

ああ、ココではね 笑。

ボブさんの引き出しの多さには、ホント、驚きます。あんな風に学生の頃から、長岡さんとフザけてたんだろうなあ…。目に浮かびますっ。

雨指攻撃ね…笑。しかし、あまりこうやって、みんなで期待していると、次回はスルーされそうで怖いわ… 汗。

おひさしぶりです

こちらは。笑

今回も楽しかったですね。
最近は一人で行く事が多いですが、一人でも大声で笑ってしまいます。
吉幾三の件など。

次回も雨・指攻撃があったら良いなぁ。
続けて聴きたいです。

こんにちは。

コメントの返信ありがとうございました。レポ、お疲れ様です!早速レポが更新されていて嬉しい限りです。
音楽の知識が無知に等しいわたしにとって物凄く勉強になります…。笑

長岡さんのギターはGibson“modernと呼ばれるものだそうです。変形ギターでかなりレアものだそう。(出演してたD.W.ニコルズさんのブログに書いてありましたっ)

CDに歌詞カードが付いてなかったのって、毎度毎度歌詞が変わっていったりしているからですかね?お話を聴いていると、アレンジが毎回違うようで……。わたしも当日CDと全然違うので吃驚したのですが、それもまた新鮮でドキドキしますね!笑

ボブさんのげげげの鬼太郎から「住みなれた~」への繋ぎに笑ってしまいました…。笑
長岡さん今度やろうっていってたけれど、本当にやったら面白いですね。笑

な、長々と失礼しました。
またお邪魔させていただきますね^^

どうも!おはようございます。
このレポを見て、色々と鮮明に思い出しました!
そうですね、無い者ねだりのとき「ばーいえっくす」みたいなこと言ってますよね♪なるほど、「bye X」と変換すると納得しました!


本当、ヒロさんの仰るとおり、指と雨よかったですね。雨が終わったあと、「珍しく前向きな曲です」とか長岡さん言ってなかったでしたっけ?


わたくしも、メンバーのプレイで凄いなぁと思ったら素直に歓声をあげてますヾ(^▽^)ノ


では、また次回!

おそのさん、毎度!

お、またもや…笑。おそのさんこそ、お疲れ様ですっ。

雨のサビ、良くなりましたね!おいら、今回のが好きです。前回に、テンションが上がってアドリブっぽく唄った旋律が採用された…、そんな感じでしょうかね。

歌詞も好きですよ。語感が良く、かつ音楽の邪魔をせず、でしゃばらないのだけど、気が利いている…、ステキです。

フラップのアドリブ時にあがった奇声の、第一声は確かにおいらです…汗。皆さん追随なさって、結構な盛り上がりでしたねっ。

ペトロールズと言えば…、という質問に答えるのは至難でしょうね。アレは、無茶振りです 笑。それでも、何人か答えてましたね。ペトファンは、あたたかいっ。

再びコメントです。

またもやコメントです。笑 レポお疲れ様でした!

今回の雨はサビのフレーズに変化がありましたね。
といってもペトは毎度アレンジを加えているし、それかもしれないですが…。
歌詞も素敵ですよね!
あれは名曲ですね。

フラップの歓声の最初がヒロさんとは!私も続いて歓声飛ばしました。笑

今回のMCでボブさんが「ペトロールズといえばこの曲」って言って、どれだろう…と考えてしまったんですが、口々に色んな曲名が出てたのが面白かったですね!
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント