雑記 - 夢はいつまでも…

 1974年にリリースされたトッド・ラングレンの代表曲、「A Dream Goes On Forever」。あまり洋楽や古いのはお聴きにならない方も、コノ曲はゴスペラーズやカーネーションなどメジャーな方々がカバーしたから、聴いたコトがあるかも知れませぬ。

 コノ動画、原盤はおそらくビデオテープですね。音がウネウネしちゃっている…。ビデオテープやカセットテープなど、テープ媒体特有の音。テープが古くなって、へたってしまうと、こんな音になっちゃいます、笑。チト聴き苦しいけれど、総合的に判断しますとコレが一番に良いかなと…。

 「A Dream Goes On Forever」は有名です。知っておくと、音楽仲間との話が広がったり、音楽好きな人と世代を超えて繋がるコトが出来たりするやも。

 ちなみに、ゴスペラーズによるカバーは原曲に近いです。個人的には、可も無く不可も無くといったところ…。カーネーションのはライブ演奏(!)、歌詞が何故か日本語(!)。コレが、かなり格好良いのですっ、機会がございましたらば御一聴あれ…、オススメです。

コメントの投稿

非公開コメント

くぼんぬ。さん、毎度!

 お久しぶりっ!…、ネット上では、笑。

 トッド・ラングレンの話は、たぶんしたコトないね。てか、N氏のネタに時間を割きすぎやねんっ、汗。トッド・ラングレンは多彩ですなあ。活動の幅が広い。

 この動画だけを聴くと、ピアノで弾き語りで、なるほど、こういうポップシンガーかあ…、と思われちゃうね。ホントは、ぜんぜん違うのに…、笑。多面的ですよねえ。プロデュース能力を発揮したのも、納得ですっ。

どうもです。

ついに来ましたね~。Todd Rundgren。
嬉しいな~。この方を紹介してもらえるのは。
ヒロさんとToddの話しただろうか?
やっぱり繋がるのですね。
私が記憶深いのは「あの頃ペニーレインと」??だっけ。映画です。
すごく映像美の場面があって、そこにToddの「It Wouldn't Have Made Any Difference」が流れていて。
何てことない場面なんだけど、映像と曲がマッチしていて感動~。

この方やり手さんですよね。プロデュースやらでも成功していらっしゃる。
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント