相対性理論 - さわやか会社員


 ホントはまだ、どこからどれだけ書こうかと、思案中。いつもはテキトウに、さくっと書きアップロードしちゃうんだけど(その分、書き直しは多い、汗)。
 
 『ハイファイ新書』については、かなり延々と語れちゃうような…、それは好き嫌いを超えた部分で。たぶん、アイデンティティに近いからかなと。おいらの居場所…、は言い過ぎだけど。立ち居地と言うか。ヘビメタバンドも手伝うし、ジャズもロックもやるし、アイドルも聴くし、我慢して○○○○(書けません、汗)のコピバンもやるけど、お昼休みには、彼らと机を囲んで昼食を、みたいな(?)。

 ノンジャンルに、通もミーハーもうならせるクロスオーバーな魅力は、彼らの特色の一つだと思う。けっこう、どこからでも入っていけますよ。「ナンバガ命です」、では、相対性理論を。「アキバ系です。音楽よりアニメが」、んじゃ、相対性理論を。「第一期ピチカートとカヒミが好き。趣味はカフェ巡り」、それなら相対性理論を。「ミーハー大嫌い。自他共に認める音楽通」、ならば、相対性理論を。「超ミーハーなんですけど」、そしたら相対…、しつこい、笑。
 
 「ポストYouTube時代のポップ・マエストロ」って、自ら称したのかしら。言い得て妙、感心。ベースの真部脩一にはYouTube時代の小山田圭吾、小西康陽、細野晴臣あたりの役割を期待してしまう。時期尚早か…、いや、期待しちゃおう、('▽')。平静を装い、傍観を決め込んでいたけど、もう書いちゃう。

 追記。細野さんは、別格だな…、それはあまりに大げさな喩えでした、笑。「あたりの」ってニュアンスを、汲み取ってくださいまし。


1. テレ東
2. 地獄先生
3. ふしぎデカルト
4. 四角革命
5. 品川ナンバー
6. 学級崩壊
7. さわやか会社員
8. ルネサンス
9. バーモント・キス

コメントの投稿

非公開コメント

ぽんすけくん,毎度!

興味深い,かつ適時性の高い話題,☆。

確かに,以前にもコメを。が,3年の時を経た今,その質と温度が違ふ。それもそのはず,理論は破綻,♬。

理論は真部脩一さんのバンドであったのだと再認識。

真部さんは,「楽曲は自分一人で創りあげたものではない」といった内容の発言を。確かに,多少は意見を出し合ったことでしょう。しかし,多分に,他のメンバーを気遣っての発言であったと,おいらは思っている。バンドを良い形で継続するために……。リーダーとして,グループをまとめるための発言であったと。それは,音が証明している。タルトタタンは,好い時の理論。前身の進行方向別通行区分には,理論の1stのテイストいっぱい。

評価されるか否かは,難しす。あのゴッホでさえ,評価されたのは死後(大げさな引き合い,☆)。

意見を,ある程度に共有できた気がします,('▽')。

ヒロさん、こんばんは。
随分と前の記事にコメントさせて頂きます。(しかも、前にも一度コメントしてますね。。)

最近、相対性理論というか真部脩一さんにとても興味を持っています。
進行方向別通行区分やタルトタタンなど、個人的に真部さんのセンスはもっと評価されるべきかなと偉そうに感じております。

と、いう意見をヒロさんと共有したいなぁと思ってコメントしました!
失礼します!

ケンナカくん、毎度!

 顔じゃなくて体なのか、笑。

 シフォン主義は、シーンの一角として、傍観してたのだけどね。やたら売れてたから、書く必要もなさそうだったし。

 ハイファイ新書で、なぬ!と…。ムーンライダーズとの対バン、今夏のYMOとの共演あたりから、これは見過ごせない事態だと、(・_・、) 。

 あれ、おいらと同じ道を歩いておりますなあ、高大と、笑。

メガネは体の一部です

相対性理論、掴みどころのない音楽性ですよね。

作詞作曲のbaの才能とその音を鳴らすメンバーはすごいです(笑)


大学でジャズ始めました!

tockちゃん、毎度!

 良いでしょ?彼ら、引き出しが多いのです。

 トクちんは、おいらが推すのを、マメに聴いてくださいますねえ。いつもありがとっ、何だか嬉しいです、('▽')。

たらたらこくん、毎度!

 iTunes、星5個つけてますよ、四角革命、('▽')。

 デモver.と、賛否両論のようですね。おいらは、どちらとも言えないなあ…、気分によるかな。ライブに通っている方は、デモver.の方に慣れてるやも。

 真部脩一は、たらたらこくん世代の代表格になる予感がしますっ。

わー!

これ凄い好きです!!!!!!!

四角革命は名曲だと思います!
デモverだとシンセ(?)の音がなくてそっちのが好きだったりしますw
真部脩一さんのセンスは脱帽です^^

ぽんすけくん、毎度!

 ネットを駆使したプロモート(と言うか、ネット頼み)な相対性理論。mixiとも親和性が高いようですねっ。

 品川ナンバーとは、チト意外っ。エイティーズですお。若いのに、テクノ・ニューウェーブ感覚、笑。

 相対性理論の成功は、そのプロセスもスゴイね。ムーンライダーズとの対バン、今夏のYMOとの共演。このまま、勢いづいて欲しいですっ。

相対性理論、もの凄く気に入ってmixiで紹介してしまいました笑。
このアルバムだと「品川ナンバー」がお気に入りです。

こういん音楽がもっともっと浸透して欲しいな、と思いました。
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント