相対性理論 - 第1回CDショップ大賞、大賞を受賞。


 ナタリーによると、本日5月12日にHMV渋谷店で、全日本CDショップ店員組合が主催する「第1回CDショップ大賞」の授賞式が。

 メジャーどころを挙げると宇多田ヒカル、Mr.Children、Superfly、秦基博らが入賞。

 準大賞にPerfume、他一名。

 で、栄えある大賞には…、相対性理論が選ばれたそうです。

 「CDショップ大賞」は、全国のCDショップ店員が「この作品を心から売りたい」、「お客様に絶対聴いてもらいたい」と思う邦楽のオリジナルアルバムを、メジャー・インディーズ問わず選考する賞とのコト。ショップ店員の投票によって一次選考と二次選考が行われ、各賞の受賞作品が決定するらしい。

 マスへの露出が少ない相対性理論だが、マスがスルーしていると言うより、マスがスルーされている様相ね…、笑。MySpace、YouTubeやニコニコ動画、ネットニュース、mixiといったネットメディアでは、出ずっぱりだもん。

 YouTube世代は、それより前の世代の者ほど、テレビを観ないように想う。マスに対して冷ややかだし…、マスの情報を真に受けないと言うか。「アイドル○○○○が、売れまくってますよー」とか、「タレント○○○○の着うたが、ランキングトップですよー」とか言っても、「ん?iTunes StoreやCDショップランキングを見る限り、相対性理論の方が売れてますが…」、みたいな、笑、マスの思惑どおりには、なかなか動かない。洗脳しにくいと言うか…、鵜呑みにはしない。

 相対性理論の作品をリリースしている"みらいrecords"は、彼らが自ら立ち上げたインディーズレーベル。吉田拓郎、泉谷しげるらが携わっていた頃の"フォーライフレコード"や、小山田圭吾が立ち上げた"トラットリア"を彷彿させる勢いですが、みらいrecordsは、より自主性の高いレーベルという気が。なんだか…、とってもパーソナル、笑。

 相対性理論のような存在と、その存在を認める若年層は、マスにとって脅威の火種じゃなかろうか。だって、マスにお金が入らないもん。ミュージシャンとリスナーが、ネットとショップを介して、なんだか色々と、勝手にやりとりしている。マスが上前をはねるシステムに、いまひとつ、組み込まれていない…。

 これは、由々しき問題だあ。マスなおじさん達が上前を8割ほど頂いて、残りの2割ほどを売ったり買ったりする常套システムに取り込まれない若者達の存在は、まったく困ったものです。

 …、なんちって、笑、冗談ですよっ。嬉しくて、逆説的に書いたのです。こういう風潮、おいらは大歓迎!待ち望んだ流れでございます…、て言うか、今までの古いシステムは、ミュージシャンとリスナーにとって、決して望ましい形では無かったと思いまする。

 相対性理論、音楽性はモチロンのコト、その活動方法と彼らを支持する若年層を含め、諸々、期待しています!ようやく、こういう時代がやってきたんだなあ…。今までもそういう流れはありましたが、インターネットが無かったし。インターネットが生まれても、古い世代はYouTube世代ほどネットを上手く活用できなかったから、これほどのシーンは確立できなかったのだと想う。隔世の感がございます。

 相対性理論(それと、彼らを支持する若年層)、CDショップ大賞受賞、オメデト!新たな時代の幕開けを予感させますっ、。YouTube世代の心を、マスはつかむコトができないっ(…と、チト大袈裟やもだけど)。近い将来、マスな人たちがネットを牛耳ろうと大挙して押し寄せても、YouTube世代は踊らされない…、おいらは、そう想う。ポストYouTube時代のポップ・マエストロ、相対性理論!今後の更なる活躍を期待していますっ。


 追記。受賞した作品は『シフォン主義』。「ハテ、『ハイファイ新書』じゃなくて?」と、おいらは感じました。で、以下は推測なのですが、まったくの的外れでは無いと思います。

 CDショップ大賞のサイトで選考方法を確認したところ、一次投票の期間が2008年11月17日から2009年1月20日まで。その選考で選ばれた29作品が、二次投票の対象作品となるそうです。

 『ハイファイ新書』は、一次投票の締め切りが迫った2009年1月7日にリリースされました。ですから、既に投票を終えた投票者が多かったのじゃないかなあと。1月7日には、もう、のんびりとした投票者しか残っていなかったんじゃないかな(もしかしたら、全員投票済みだったりして)。

 結果、『シフォン主義』が選ばれたのだと、おいらは推測しています。投票期間がもう少し遅かったら、ダブル受賞の可能性もあったんじゃないかしら…、『シフォン主義』が準大賞で、『ハイファイ新書』が大賞、みたいな、('▽')。

 えと、あくまでも、おいらの勝手な推測です。根拠はありませぬ。

 余談ですが、「全日本CDショップ店員組合」のサイトって、その仰々しい名前からは想像しにくい内容、笑。なかなかに興味深い、にぎやかで楽しいサイトでした。

コメントの投稿

非公開コメント

ぐりうっどちゃん、毎度!

 やーんって、笑。相対性理論、ど真ん中やろ、めろちっ。しかも、噛めば噛むほど…、☆。

 あ、同感していただけましたかっ。ネットをクレバーに使っていますよねえ、YouTube世代。

 芸術な人と営利な人は、色々と、どうしても相容れない部分が在りますよね。相対性理論の存在と、その試みを取り巻くシーンは、より良い形への大きな一歩という気がしますっ、('▽')。

やーん!

相対性理論!!のレビューがいっぱい!
心躍っちゃいました笑
ハマりますよね~スルメ系っ*+

全くもって同感です!
のらりくらりとかわす若者たち笑

音楽に営利は無用ですよね。
素敵なこと。

tockちゃん、毎度!

 合っているよね、たびゅん。

 テレ東は、落ち着いた、良質のシティーポップっちゅー感じやねっ、おいらも大好きな一曲です、('▽')。長岡さんが唄っても違和感が無いなあと、おかしな空想に耽るおいら、笑。

ふむふむ

その推測が合ってそーな。

しかし、聴けば聴く程よいです。
やっぱテレ東が一番好きかもです。
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント