椎名林檎 - 丸の内サディスティック (EXPO Ver.)


 リリースされたばかりなのにメールで、また電話で「三文ゴシップの丸サド、すごい!」と、興奮気味のメッセージが届きました、笑。

 おいらはまだ手にしていませんが、電話越しに聴きました、(・_・、)。林檎博覧会(エキスポ)で耳にしてはいたけど、いやあ、想像していたより、すごかった。

 ちかごろチト忙しくて。音楽を聴き出すと色々とおろそかになるので、音楽から少し遠ざかっています。だから、三文ゴシップをキチンと聴くのは少し先になりそうですが、とっても楽しみ!

 以下は、電話で聴いた限りの感想…、汗。

 実に今っぽい、洗練されたアレンジ。リズムは、「今夜はブギーバック」のような打ち込み。つまりはシンプル、横ノリでファンキー。

 バッキングもシンプルで、ベースのみ。落ち着いていて、渋いプレイ。三浦淳悟という方が弾いているそうです。ん、聞き覚えのある名前。

 コーラスは、圧巻!たいへんに美しく、重厚なコーラスです。幾重にもかさねているけど、クレジットを見る限り、どうやら浮雲のコーラスだけを重ねているようですね(自分の目では確認していません、汗。人づて)。それらをバックに、林檎さんのボーカルが絡むのですが、めっさコーラスが目立っているなあと感じました。

 いつまでも色褪せない「丸の内サディスティック」。色々なアレンジで、長い間たのしむコトが出来るのは名曲の証か。コノ曲は林檎さんの黎明期の作品で、「A NEW WAY TO FLY」というタイトルでも知られています(デモ音源が出回っているかと…、すべて英詩です)。「丸サドが好き」と言うと、ベタ過ぎる感じで気恥ずかしさを感じるけど、矢張り、名曲中の名曲だと再認識。

 しかし、リズムは打ち込みでベースは三浦(ジャンボ)、コーラスは浮雲(長岡亮介)って…。ペトロールズ、フューチャリング椎名林檎?笑。いや、楽曲は林檎さんのオリジナルだから、フューチャリングペトか。

 なんちって。当然に林檎さんのソロです。が、ペトの落ち着いた雰囲気が加味されているなと…、フューチャリングペトは言いすぎだけど、どこかペトっぽくもあるアレンジだなあと感じました。

 リリースに合わせて、SSTV、MonTVといった音楽専門チャンネルで、椎名林檎特集が盛んに放映された。充実した内容でした…、注目度の高さに少し驚き。林檎さんは、特別な存在ですね。林檎さんはそれほど若くは無いけれど、今でも若い世代の圧倒的な支持を集め、また広い世代に受け入れられているように思う。リスナーの傾向も幅が広い気がします、通もミーハーもうならせるって感じ。今の時代を、日本を代表する、特別なミュージシャンの一人だと思います。
Disc.1
1 流行
2 労働者
3 密偵物語
4 0地点から
5 カリソメ乙女
6 都合のいい身体
7 旬
8 二人ぼっち時間
9 マヤカシ優男
10 尖った手口
11 色恋沙汰
12 凡才肌
13 余興
14 丸の内サディスティック (EXPO Ver.)

コメントの投稿

非公開コメント

Daymoonさん、初めまして!

デビュー当時からのファンですかっ、ファン歴が長いですね、☆。

「流行」はダンサブルですねっ。林檎さんのソロというより、事変っぽいなと感じました。事変で演るなら、ラップは「秘密 FOR DJ」で実績のある浮雲で、♪。

「旬」は林檎さんらしい、憂いを秘めた、メロウな雰囲気。サウンドはゴージャス。後半のジャジーなピアノソロがとてもステキですっ、♪。

ブログ、拝見いたしました。療養中でご不便もあるコトと思われますが、ご不便と上手く付き合い、日々を楽しんでらっしゃいますねっ、('▽')。お大事になさってください。

コメント、有難うございましたっ。

今更ながら…

はじめまして♪
Deut当時から林檎ちゃんの大ファンの物です。
わたくしヘルニアで自宅療養中のため、つい最近このアルバムを知り、聞いた所かなりの衝撃を受けまして、その後毎日聞きまくり、上げ上げ状態になっています。
「丸の内サディスティック (EXPO Ver.) 」も勿論素晴らしいですが、私は1発目の「流行」と7曲目の「旬」にやられてしまいました。
「ショックGメン参上っ!!!」というブログの9/11に詳しく戯れ言を書いておりますので宜しかったら覗いてください♪

ケンナカくん、毎度!

布教活動、笑。

ベーマガに?ほう。
ジャンボさんの名、ますます拡がりますなあ。

おおくぼ。さん、毎度!

さらりと、早い。
ざわわ、ざわわ‥、広いさとうきび畑?笑。

バタ犬と?ほう。下ネタはいけません、なんちって。

「あるといいながある」は、いいね。大好きよりいいかも。大好きはしんどい、笑。

イルカ説、納得。話し声も、いいもんね。
声が好きって、大事やと、おいらは思ったりします。
声が苦手だと、性格が合わなかったりする事が、
経験的に多いです、笑。

ベーマガ読んで、びっくりですよ!
丸サディに三浦淳悟さん参加(笑)


大学で徐々にペト布教してます(^O^)/笑)

林檎ちゃんと浮雲さん。


今朝「三文ゴシップ」さらりと聴きましたよ。
何だか音色が豊富過ぎて、ざわわ。ざわわ。
個人的にはバタ犬のお方々と演ってくれたのが嬉しいな~。
林檎ちゃんの楽曲は私にとっては“特別”なのかな…と染々思いました。
彼女が大好きで仕方ない、とかそんなもんでなくて。
「あるといいながある」
林檎ちゃんの言葉に納得。
丸の内サディスティックにはほろほろと。笑。
林檎ちゃんと浮雲さんのコーラスは数式でも解明できるくらいベストマッチなのではないでしょうかね。
自然と溶け込んで、ぐるんぐるんに入り交じっても爽快す。
それは浮雲さんの澄んだ声が重要なんですね。彼の声はα波。イルカちゃん。
また彼の才能に触れることができて嬉しいです。

くろねこしろさん、毎度!

 新感覚な丸サディ~、ジャンボさんの名を目にした時の興奮が、文面から伝わってきましたよ、笑。初めは、何事かと思った、(・_・、)。

 賛美歌とか、唄えそうですよね。ホントウに美しい声。何とも言えない。コトバでは伝えられない魅力が、彼のボーカルにはあります。

 早々にお知らせいただき、さんくす!おかげで、その後の「あれ、なんだろ…」という類の連絡は、丸サド絡みだと予測がつくようになりました、笑。

アヤコちゃん、毎度!

 チトおひさかな、('▽')。なつかしいですな、エキスポバージョンっ。アヤコちゃんの…、神の手のおかげでございます、笑。

 ペトっぽいよねえ?不思議だなあ…、後付けとかじゃなくて、クレジットが無くっても、やはりペトっぽいと感じたように思います。

 あのコーラスは反則ですなあ。唄は練習したのかも知れ無いけど、あの声は、どう考えても生まれつきだ。ずるいね、笑。

 まあ…、タバコを吸わないという努力もあるね。あの透明感のある艶やかな声は、スバラシイ!

tockちゃん、毎度!

 興奮しちょりましたなあ、笑。何事かと、本題を切り出されるまでは、チト心配してもた、(・_・、)。

 たしかに、鳥肌ものですな。キチンとした音で聴くのが楽しみっ。早々に知らせてくださり、さんくすっ。

 feat.PETROLZ←お、字面もいいね、('▽')。

 あ、そんなプチ情報は…、笑。夢の島で聴けたら、サプライズだね!

大興奮!!

メールせずにいられませんでしたよ(笑)
ついにジャンボさんも!!!と。
もうほんと格好良過ぎる。
幾重にも重ねられた長岡さんのコーラスが
賛美歌を聴いているかのようです。
自分の中で新しい感覚です、この丸サディは!!

丸サド

クレジットで三浦さんの名前を見つけた時の驚きぶりは尋常じゃなかったです(笑)
ペト色っぽいなーって思ってましたが納得です´`*

浮雲さんのコーラスが素敵過ぎでした><

ははは

興奮してすみませんでした。

いや、しかしながら。
本当ビックリしました。
鳥肌立ちました。

feat.PETROLZ、ですか!!
なんて格好の良い!笑

今夜はブギーバック好きの私より。笑
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント