雑記 - マイケル・ジャクソン

 おいらの世代で、感化されなかった方は少ないと思います。

 たまたま、病院へ搬送された直後から、現地のCNNニュースをリアルタイムで観続けました。搬送されたというニュースが、死亡に変わった時は、まったく信じていませんでした。ツアー直前だから、盛り上げに一役買うニュースになるなあ、なんて‥。今となっては不謹慎な話だけど、まったく信じていなかったので、ご容赦ください。

 何時間、観続けたかなあ。4時間、5時間‥、アメリカCNNニュースは、朝も昼も夜も、マイケル一色でした。比較的に、日本での報道は少なくて、少し意外でした。

 死後、アメリカのMTVが作成したマイケルジャクソン特番は、おそらく全て観ました。ライブ映像も観ました。懐かしい。ダンスがあるから、激しい曲では口パク(マイクは活きてるけど、バックでボーカルが流れている)が多いのだけど、口パクが上手だから、あまり気がつかない(フォー!って叫び声に着目すれば、口パクであることは簡単に分かります、笑)。でも、あの激しい「Beat it」を、本意気で踊り、唄うライブ映像があって。途中、振り付けの都合で唄えないパートはあるし、キーは下げていたけど、めっさ格好が良かったです。ダンスが上手いのは一目瞭然だけど、唄も、めっさ上手いんです。彼の場合、唄がヘタなコトを誤魔化すためや手抜きのための口パクじゃありませんから。バラードは唄っています。口パクは、激しいダンスをする時に限り使います。スリラーなんて、もう、イリュージョンだから、汗。マスクとかかぶっちゃうし‥、物理的に、唄うのはムリ、笑。

 「スリラー」のPVの、メイキング映像も面白かったです。監督に足をくすぐられて、「やめてよ!昨日もやったじゃん」と、笑いながらのけぞる姿は、笑えました、('▽')。

 PVは、ジャクソン5時代、ジャクソンズ、ソロ時代と、けっこうマイナーなやつも持っているので、一通り観ました。彼は映画に出演したことがあるのですが、その経験から、ストーリ性のある凝ったPV制作のヒントを得たのかなあ。クインシー・ジョーンズと手を組んでからは、どれも凝ったPVでした。

 それより前のPVは、素朴だけど、彼のダンスと唄の原点が垣間見えて、興味深かった。初期のステップは、ジェームス・ブラウンにそっくりでした。ムーンウォークも、独特のキック、ターンなども、ジェームス・ブラウンにヒントを得たんだなあと、あらためて感じました。

 追悼式は、最初から最後まで、すべて観ました。日本国内の報道では、縁の方々の、故人を偲ぶスピーチがメインのような採り上げ方でしたが、実際にはライブ中心でした。一番に気に入ったのは、JOHN MAYERが、ギターメインのインストゥルメンタルにアレンジした、「Human Nature」。シンプルなメロディーだから、フェイクが難しそうだった。「インスト?大丈夫かな。退屈しそう」と、聴き始めは思ったのだけど、なんのなんの。独特な音色で、まるでマイケルが唄っているかのような、ギタープレイでした。

 ‥、もっと色々と書こうと思ったけど、上手い言葉が浮かびませんので、これくらいにします。とにかく、おいらはたくさん、彼の音楽を聴きました。特別にファンだったからじゃないです。当時、おいらの周りにいた同級生も、当たり前に聴いていました。唄とダンスがダントツに上手い、シンガーソングライター。おいらの好きな「Billie Jean」も、彼の作詞作曲です。数々の凝ったPV。テレビをつければ、頻繁にPVが流れていた。「ベストヒットUSA」という、人気のある音楽番組があって、その番組で彼は、頻繁に採り上げられていた。「Beat it」のギターソロはヴァン・ヘイレンが弾いたから、比較的にソウルミュージックへの関心が薄いハードロッカーも、彼の曲を聴いていました。たくさん、楽しませてもらいました。これからも時々、楽しませていただきます。ありがとうございました。長い間、お疲れ様でした。

 「One More Chance」を添付しました。映像はオリジナルでは無く、彼のキャリアを広範に渡り繋ぎ合わせたスペシャル映像です。主要なPVの印象的なシーンを、たくさん含んでいます。


コメントの投稿

非公開コメント

おおくぼ。さん、毎度!

ぬお、NHKの特集なら、観たかったなあ。知りませんでした。民放には期待してないけど、笑。NHKなら、おいらも上がりますっ。

同年代には続かない‥、ほう。まあ、日本は鎖国しているというか、笑。音楽番組が少ないから、仕方がありませんね。せめて、ベストヒットUSAだけでも、地上波で復活して欲しいです。

マイケル話で酒盛り、りょーかい、('▽')。

今日NHKでマイケル特集がありましたよ。
なぜか上がる私。
彼のパフォーマンスはいつ見ても興奮しちゃいますね。

マイケル話ってのは同年代には続かないもんです。
友人曰く「白いときしか知らない」とさ…。
ここ数年メディアコントロールにより、こんな言葉も根付いてしまいましたね。
友人の言葉が全てを物語っているように感じて、何だか切なかったす。

今度はぜひマイケル話で酒盛りしましょ。笑。

おおくぼ。ちん、毎度!

虚無感、ああ、おいらもそういう感じです。早すぎたし、いきなりだったからかな。色々と噂があるけど、ホントはタフだったんじゃないかと‥、おいらは勝手に、思っています。亡くなったのは、事故みたいなもんかなって。

壮大なアメリカね‥、うん。ベトナム戦争が終わって、数年して、ショービズがグワっと盛り上がった頃だったから。日本も‥、あの頃はバブル時代なんて呼ばれてるけど(実際、そうなのだろうけど)明るくて、良い時代でした。

ベストヒットUSAは、実は今も、BSで放送されているのだけど、コアな音楽ファン向けの、マイナーな音楽番組って感じ。寂しいね。

> 45度に傾くあのパフォーマンス
相変わらず、話が合いますわ、笑。面白いね。あのパフォーマンスって、おいら、しかけを知らないんです。まあ、今はネットで調べれば分かるのだろうけど、んな野暮なコトはどうでも良くて、とにかく、格好が良い、('▽')。

「Billie Jean」って、おいら、一番に売れた曲だと思ってたら、違うみたいね。おいらの妄想?笑。ヒット曲の中ですごく好きなナンバーだったから、勝手に、「一番売れたのはビリージーン」と、記憶を摩り替えてたみたい、(・_・、)。お好きでしたかっ、合いますな。シンプルよね、ビリージン。ギターのカッティングが、格好良いです。

「We Are The World」は、マイケルも発起人の一人だよね。Willie Nelsonがお気に入りだったの?まったく‥、年齢詐称疑惑、再浮上、笑。おいらはマイケルと‥、シンディー・ローパーが好きだったかな。王道でしょ?昔からミーハーなんです、汗。あ、ホールアンドオーツも出てたよね。おいら、ホールアンドオーツも大好きでした。これは、チョット渋いでしょ。

ありゃ、お母ちゃんにお願いしたんだけど即却下?お母ちゃんは、内緒で観に行ってたりして、笑。

ゴシップ‥、特に日本のマスコミには、呆れます。もう、諦めの境地、ヽ(`⌒´)ノ。

彼ほどのエンターテイナーって、また、現われるのかな。英国ツアーで復活して、音楽ムーブメントの盛り返しに、一役買うだろうと思っていたけど‥、無念。



特に熱狂的な聴き手さんでもありませんが、マイケルが亡くなってから堪らない虚無感が続いております。
何かね、私の幼少時のアメリカの象徴でした。当時、彼から壮大なアメリカって国を感じさせてもらっていました。
「あなたいくつ?」て思われるけど。笑。
兄ちゃんとベストヒットUSAを見るのが大好きだった私には影響を受けたアーティストの一人です。
本当にマイケルはよく取り上げてられてましたね。
何度も興奮し惹き付けられましたよ。
特に衝撃的だったのが「Smooth Criminal」のパフォーマンス。
45度に傾くあのパフォーマンスには度肝を抜かれました。横では兄ちゃんが何度もトライ。バタバタうるさかったのを覚えています。
個人的には「Billie Jean」が大好きでした。ヒロさんと一緒です。
「We Are The World」は好き過ぎて、ベストヒットUSAで流れたPVを録画しては擦りきれるまで見た気がします。あの場に上手く馴染めてなかったWillie Nelsonがお気に入りでしたね。笑。

生のマイケルが見たくて小学2年の時に東京ドームでライヴがあったから、母ちゃんにお願いしたんだけど即却下。
一度でいいからライヴ行きたかったな~。

ここ数年は下らないゴシップばかり、マスコミにうんざりでしたね。
もっと早く唄とダンスと向き合って欲しかったす…。
リスペクト!マイケル。

うさぎさん、毎度!

ご無沙汰していますっ、('▽')。密かにですか、笑、ありがとうございますっ。

良い曲が、たくさん在りますよね。ダンスやPVが注目されがちだけど、唄はめっさ上手いし、シンガーソングライターだし。80年代は、リアルタイムに、彼の音楽を聴いて過ごしました。あの頃は、やたら洋楽が盛り上がっていて‥、何だったのでしょう、あの時代は、笑。洋楽に限らず、音楽が、盛んな時代でした。

コンサートを観たのですか!それは、良い思い出ですね、☆。

おいらは、やっと、実感がわいてきました。ホントウに、亡くなったのですね。

ヒロさん、こんばんは
ご無沙汰してますが、いつも秘かに拝見させていただいております。。
マイケルの訃報、ホントに信じられませんでした;;言葉でなかったです;;;
私も特別なファンというわけではありませんでしたが、80年代の彼の楽曲は大好きでした。「ベストヒットUSA」欠かさず見てましたね。当時の貴重な番組でした。
87年の大阪ライブに行けたことが大切な思い出です。
本当に本当に残念ですが、天国で安らかにと、願っています。
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント