シアターブルック - まばたき


 彼らの作品はスピリチュアルなものが多いですが、特にこの曲は、ライブで演奏されるとサビの部分でオーディエンスが万歳し、両の手を左右にゆらゆらと・・・(ちょっと怖い)。シアターブルックのライブは、どこか宗教的なオーラに包まれます。それは、タイジの醸し出す雰囲気のせいかも知れません。

  まばたきをした瞬間に見落としてた
  輝きと溜息が残像となって匂いを残す
  (作詞:佐藤泰司)

 唄いだしの、「まばたきをした瞬間に見落としてた」という表現、研ぎ澄まされた人のみが持ちうる感覚でしょうね。タイジらしい表現だと思います(余談ですが、イチローや中田にも合う気が・・・)。

 私は、吉祥寺の公園でタイジと遭遇しました。運の悪い事に母親と一緒に歩いていた私は、その喜びを全く共感してもらえず、「あのモジャモジャ、有名なの?お笑いの人?」の一言ですっかり興醒めしてしまった・・・。それから数日間、サイン欲しさにCDとペン抱え、公園をうろつくも結局逢えず終いでした、残念。

 「まばたき」は、アルバム『TROPOPAUSE』の3曲目に収録されています。(一枚前のアルバム『TALISMAN』もお薦め。彼らの代表曲「ドレッドライダー」と「ありったけの愛」が収録されています)
Disc.1
1 俺の手にはギター
2 悲しみは河の中に~イフ・ユー・ウォント・トゥ・テル・ヒム
3 まばたき(オリジナル・ヴァージョン)
4 曼珠沙華
5 透き通らず
6 ブリング・サム・ウォーター~イフ・ユー・ウォント・トゥ・テル・ヒム(リプライズ)
7 乾きすぎた風
8 捨てちまえ
9 カウント9
10 けものみち

コメントの投稿

非公開コメント

ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント