ペトロールズ - ライブレポ(2009/9/6@代官山ループ)、(3/3)

 時系列に一曲ずつレポしたのだけど、冗長なので辞めまして、(・_・、)。も少しざっくりと、平たく書きたいモノです…。印象に残ったコトを、チトだけ書きます。


 コノ日のライブは、演奏に関しては今年のベストアクトと言って良いと思いますっ。盛り上がりも、代官山UNITでのソロライブには当然に負けますが、比較的に大きな歓声がたくさん上がっていました。

 会場は、フロアも通路もギッチギチ。ホントに250人限定?満員御礼、♪。

 長岡さんのギターは、おニューと思われるSt. Blues Bluesmaster II。以前のメインギターに、近い音(基本構造は、同じですね)。気持ちキレイ目かなあって感じだけど、似た音でした。

 一番に印象的だったのは、全体にわたる、長岡さんのギタープレイ。コノ日は冴え冴えだったし、サービス精神旺盛。コレは推測なのですが、弾いていて楽しいギターなのでは?自然に格好の良いフレーズが浮かび、音数が増えていると感じました。ELFのギーソロなんて、ぶっ飛んでました、♪。弾きまくっていましたよっ。

 当たらし目の曲は、「昼と夜」と「バス」。「昼と夜」は、代官山UNITの一発目に披露した曲。そのときとは、だいぶ違った印象に。格段に良くなっていました。

 「バス」は初披露。イントロ、かなりステキです。唄メロは、長岡さんにしては低いキーで、低音部が辛そうだったけど、回を重ねるごとに、変わっていくと思います。途中、大きく展開するトコは、チト違和感を感じたけど、キャッチーなサビもステキだし。初期の、田島貴男在籍時のピチカートを彷彿とさせる、都会的ハイセンスな曲でしたよ。

 ラストの磁気は、演奏するコト自体少なくなってきて、たまに演奏すれば、「アレ?…」ってな感じが続いてましたが、(・_・、)、コノ日はキッチリと。連日演奏していた頃の磁気が、蘇りました。
 
 アンコールのホロウェイでは、タイミングの良いトコで、歓声があがってました。YouTube効果かな、笑。曲をよく知っている方が増えたなあと思いました。

 ときどき、話の流れに合わせて、ギターをつまびく長岡さん。たとえば、ボブさんとの絡みで、エディー・マーフィーの話が出ればビバリーヒルズコップとかね。今回は、マイケル・ジャクソンの「ビート・イット」を、笑。気がついた方も、多いと思います。

 …、コノくらいで。ザックリし過ぎた気もしますが、(・_・、)。平たく、平たく…、ぜんぶ、ひらがなで書きたい心境、('▽')。


 とにかく、良いライブでしたよ。会場の雰囲気も、良かったなあ。初めてペトを御覧になる方も、チラホラ。嬉しいコトです。


 さて、次回は心斎橋・クラブクアトロ。おいらの好きなモールルも参加、☆。初めてペトを観る方が、多いのでは無いかな。おいらは行けませぬ。ネットで、初ペトの方の感想を覗くのが、楽しみ、♪。

コメントの投稿

非公開コメント

Mi-Caさん、毎度!

え…、いんふるでしたかっ、コメントしてるばやいじゃないでつ、(・_・、)。

ステキなライブは、今後にいくらでも、♪。元気じゃないと、参加しても楽しみ半減しちゃいまする。ペトでも聴いて、のんびりしませう、☆。お大事にっ、('▽')。

あ、レポは…、どういたしまして。レポと呼べるかどうか、笑、だいぶ端折りました。

風邪じゃなくてインフルエンザでした。
ある意味行かなくてよかったです笑

それにしても!
なんだか本当に素敵なライブだったようで…涙
新しいギターも見たかったし…うぅ。
ライブレポありがとうございます。
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント