ペトロールズ - ライブレポ(2009/11/28@下北沢ガレージ)

 ジャンボさん抜き、久々のナガボブ。アコースティックな夜、☆。

  1. 闖入者
  2. 湖畔
  3. Whenever Wherever Whatever(マックスウェルのカバー)
  4. 鳥の巣
  5. ホロウェイ


 長岡さんはアコギ、音を聴く限り、たぶん、鉄弦。が、エレキと同じようにバンバンコードチェンジ、キュッキュと、音が。指、痛くないのかな、(・_・、)。ボブさんはカホンと、ちっこいシンバルセット。

 闖入者は聴いたコトの無いアレンジ。湖畔は、ほぼオリジナル通り。マックスウェルのカバーはボブさんがボーカル、鳥の巣も当然に。ホロウェイは、今夏に玉三郎さんとやった時のアレンジがベースやと想ふ。ややスパニッシュ、あまりコードが動かず、唄うのが難しそう。

 ベストアクトは…、闖入者かな。湖畔も良かったけど、何度も聴いているし、笑。んー、実は鳥の巣も、格好が良かったです。3人でやった時より、うんと良かった。長岡さんは、缶ビール片手に終始リラックス。ジャンボさんが居ないので、ゆるゆるMC復活。ボブさんは、相変わらずC調。

 一曲目を終えて、いきなり宣伝。「今の曲を聴いて、気に入った方もいらっしゃると想うので、宣伝を。物販に、今の曲が入っていないCDが売っています、よろしく」(←ボブさん。ウケてた)。

 「大切な友人のお誕生パーティーで、リクエストされたのに酔っ払って唄えなかった曲、湖畔をやります」(←長岡さん)。

 その後も、ゆるゆるとMCは続く、笑。和やかに、おだやかに。まったりしたライブでした。

コメントの投稿

非公開コメント

guriuちん、毎度!

ありゃま、('▽')。おいらもチト迷ったのだけど、フラっと行って、ナガボブだけ聴いてサクッと帰ってきました、♪。

緊張感のあるのがいいねえ。比較的に初期のライブを経験している方は、その思いが強い傾向にありますな、おいらの知る限り。

理論のコトは、また後日に、☆。ワールドハピネスの時は、期待で心踊ったでしょ。あの記憶のまま、とどめておいた方が幸せやと想ふけど…、笑。

この日のライブいこーか迷ってて、ヒロさんにメールしよと思ったけど、行かないだろうと思って結局やめちゃった・・ががーん
でも、ゆるいのより緊張感あるライブのが好きだからいいいいいもん(´・ε・`)
理論ライブの詳細をきけるのはいつになっちゃうかしらー。。
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント