アンジー - 銀の腕時計


 林檎再考は一先ず置いといて(林檎の話は、つい書き続けてしまう)、今日は名曲中の名曲!「銀の腕時計」を。ちなみに、彼らも林檎と同じ福岡出身です。

 何度か書いては消してを繰り返しましたが、結局、今回は多くを語らぬ事に・・・。あ、一つだけ言わせて。風貌と、「天井裏~♪」だけで彼らのイメージを決めてしまわない方が良いかも。ぜひ一度、この曲も聴いてみて下さい。(なお、歌詞は2番のみを掲載しました)


  銀の腕時計
  黒い革ベルト
  君に巻きついてからまる
  僕の捧げる花は届かない
  風にさらわれ舞い散る

  僕は空回り
  所在がないから
  ポプラの木陰でまどろむ
  僕のみた夢
  野辺のありさま
  七色の花が咲き誇る

  君が僕を通り過ぎてく
  腕に巻いてる時計がせかす
  もっと行け
  もっと行け
  もっと走れ

  長い長い午後に
  鳩が飛んできた
  そして君が隣にいれば
  腕の時計を止めて

  君の午後は本当は長い
  腕の時計を止めて

  花の首飾り二人で編もう
  腕の時計を止めて
  (作詞:水戸華之介)

Disc.1
1 ラクダの君は砂漠のマドンナ
2 天井裏から愛を込めて
3 サーカス
4 でくのぼう
5 誰だ
6 心臓の囚人
7 蝿の王様
8 すべての若き糞溜野郎ども
9 夜の行進
10 アネモネの奇跡
11 ゆきてかえらず
12 ミミズ
13 見事な夜
Disc.2
1 太陽ひそか
2 マグマの人よ
3 遠くまで
4 銀の腕時計
5 ナイタラダメヨ
6 素晴らしい僕ら
7 しあわせのしずく
8 幸運〈ラッキー〉
9 星を数えて
10 夜中の3時のロマンチック
11 風のブンガ
12 青空を見たとき
13 おやすみ

コメントの投稿

非公開コメント

アンジーファンさん、初めまして。

同郷というコトですか、なるほどっ。懐かしいですね、アンジー。

山口出身やし

毎度です!

ブンガ、ラッキー、あたりのイメージをお持ちだと、彼らを誤解せずに済みますよね!私もよく聴いてます。

あの風貌と「天井裏から~♪」予想外(?)のヒットで、ずいぶん誤解されたと思うのです。確かにそれも彼らの魅力ではあったけど。

「あー、天井裏の?それしかしらんけど」って方も多い気がして、少し残念。

LOVELESS GUITARSです。
またまたアンジーなんて、私の大好きなバンドですよ!インディーズ時代から聴いていますよ!
水戸華之介は素晴らしい詩人です、ブースカは素晴らしい作曲家です、特に初期の頃は素晴らしい曲が満載ですね。
「銀の腕時計」名曲です、「風のブンガ」なんかも名曲だと思いますがいかがでしょう?
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント