ムーンライダーズ - スカンピン

LINK

 ムーンライダーズについては、過去にもいくつか、書きました。




 映画「転々」、大好き。全編にムーンライダーズが使われているのと、オダギリジョー主演ってだけの切っ掛けで観に行ったんだけど、内容が良くて、☆、笑えるシーンの方が多いのに、ジーンと泣ける映画でした。

 相対性理論を目当てに行ったワールドハピネスには、ムーンライダーズも出ていた。それ以前に、理論と対バンしていて、驚きました(それは、観てはいません)。

 前にも書いたけど、おいら、かなり後追っかけ。高校の、英語の先生の家に遊びに行ったときに、初めて聴きました。

 初めて遊びに行った時のコト、よく憶えています、♪。放課後、先生の車に乗り、少しドライブして、そのあとバッティングセンターに行って。んで、おうちに。先生の家は、ご実家で。先生のお部屋は2階。細い階段を登って、レコードと本に埋め尽くされた部屋で、初めて聴いたムーンライダーズ。

 ムーンライダーズの詩集もあって、ちょっと読ませてもらったり。当時は、よく分からなかったけど、いま読んだら、面白く鑑賞できるかなーと想ふ。

 あれから、ずいぶんと月日が経った今も、ムーンライダーズを聴いている。先生が居なかったら、転々は観なかっただろーし、ワールドハピネスでも、「誰コレ」って感じだったやも、笑。

 あれから、こんなにも長く、ムーンライダーズを聴いている。今でも、ムーンライダーズを聴くと、アノ頃のコトを色々と思い出します。
1. あの娘のラヴレター 試聴する
2. スカンピン
3. 酔いどれダンスミュージック
4. 火の玉ボーイ
5. 午後の貴婦人
6. 地中海地方の天気予報~ラム亭のMAMA
7. ウエディングソング
8. 魅惑の港
9. 髭と口紅とバルコニー
10. ラム亭のテーマ~ホタルの光(スコットランド民謡)
11. 酔いどれダンスミュージック(Out take)
12. 髭と口紅とバルコニー(Out take)
13. ラム亭のMAMA(Live 1976)
14. 魅惑の港(Live 1976)
15. ウエディングソング(Live 1976)

コメントの投稿

非公開コメント

FU-YUさん、毎度!

こんばんはー、('▽')。

イスタンブールマンボ…、さよならは夜明けの夢に、☆。おいら、以前にブログに書きました、♪。

おいら、イスタンブールマンボあたりのムーンライダーズ、好きです。でも、後追い、(・_・、)。リアルタイムは、DON'T TRUST OVER THIRTY以降(残念ながら、それ以降の彼らは、あまり…、汗)。

火の玉ボーイ、イスタンブール・マンボ、モダーン・ミュージック、カメラ=万年筆、青空百景、あとはアニマル・インデックスくらいかなあ…、よく聴いていたのは。でも、全般にわたり聴いてはいます。

ライブを何度か、というのはおそらく、初期~中期ですよね、うらやましいです、☆。

自然に入る声

こんにちは。
鈴木慶一氏の声は、どこにいても自然に耳に入ってきますね~。そして、顔も(笑)
私はイスタンブールマンボが大好きで、LPヘビロテしてましたよ。
以前の記事のカメラ=万年筆も好きでした。
LIVEは昔何度か見たのですが、そのころたしか武川さんが変なコスプレしていたのが忘れられません。
それこそウスクダラなんて盛り上がりました~。
う~懐かしい。青空百景はCD買ったのですが、思わず他の2枚もアマゾンでぽちっとしてしまいました。
いつもヒロさんには色々と思い出させていただき…感謝です。
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント