オリジナル・ラヴ - おこのみで

 おいらの大好きな田島貴男さんが、大好きな林檎さんをカバーしている、♪。



 同ライブでは、これまたおいらの大好きな、ルースターズもカバー。


 近頃、田島さんは邦楽に関する言及が多い。「日本のアーティストの最近の音楽を、立て続けに聴いたのだけど、どれもすごく良かった。」とか、「ここのところ洋楽と邦楽織り交ぜていろいろ聴いているけれど、洋楽よりも邦楽のほうがいいものが多いんだよなあ。」とか。彼ほどの洋楽通で、プロのミュージシャンで、コレだけ邦楽をプッシュする(聴いている)方は、少ないように想ふ(おいらの知る限り)。


 「おこのみで」は、2003年にリリース。コノ動画も、2003年。田島さんは、林檎さんの新譜を聴き、早々にカバーしたワケですな、♪。コレは特筆すべきコトかなと思い、補足してみた。まあ、もともと同じレコード会社ってコトも、あるやもですが、それにしてもチェックが早いなと。


 東京事変の「大人」は、かなりかなり好きですが、おいらの中での林檎さんの最高傑作は、いまだに「加爾基 精液 栗ノ花」やも。アナログ盤もゲットしたし、笑。おいらの大好きな、長岡亮介さん(浮雲)が参加しているから、ってワケちゃいますよ。林檎さんの作品は名曲揃いですが、このアルバムは、特に好き、☆。


LINK

 アナログ盤のみ、「映日紅の花」が収録されちょります。それは、ペトロールズの「スカーレット」、あ、歌詞は違うけど。映日紅の花は、林檎さんが作詞。スカーレットは、M.Yさんが作詞(英詩)。って、そんなコトも、「加爾基 精液 栗ノ花」を好きになった理由、ちゃいます。単純に、よく出来たアルバムだなーと、♪。一聴して好きになり、かつ、長きに渡り聴き続けられるアルバムって、なかなか無いです、☆。


 あれ、田島さんのコトを書くつもりが、林檎さんの話で着地。

コメントの投稿

非公開コメント

YOKOちゃん、毎度!

おこのみで、良い曲だなーと、おいらも再認識、☆。

後期~今時の、田島節ですね、♪。オリジナル・ラヴは、おいらも長らく、行っていない。渋谷公会堂で観たのが、最後。もう、何年前だろ…。

パルクフェルメさん、毎度!

あ、パルクフェルメさんもですか、♪。

まとまってますねっ、☆、コンセプチュアル。統一感のあるアルバムは、今時は少ない、当時においても、多くは無かったように記憶しています。

田島さんのもかっこいー、雰囲気は違うけれど、('▽')。ご自分なりに、消化していますね。

とっくちゃん、毎度!

大好きな一枚の、最も好きな曲と、♪、なるほど。おいらは、たぶん「意識」。でも、「おこのみで」も大好き、☆。2番目くらいに、多く聴いている(たぶん)。

歌詞の世界は、男性が唄うにはムリがあるけれど、音楽だけ切り出すと、田島さんに合うなーって感じがしました、♪。

セクシーですな、笑、ゼクシー。

田島節

おぉぉ!「おこのみで」私も好きです!
今でも相変わらず聴いてます♪

動画、最後の最後に田島節が炸裂してますねぇ(笑)
田島さんのライブ楽しそうだなぁ~行ってみたい♪

かっこいい!

私もソロ時代では一番好きなアルバムはカルキですね。
1枚通して聞いたときに一番まとまってますし間違いなく林檎さんにしか作れないアルバムだなぁと。

田島さんが歌ったバージョンもかっこいいですね。こういうカバー大好きです。

わぁ!

カルキは前にも申し上げましたが私も大好きな一枚です。そして、おこのみではカルキの中で最も好きな曲です。

男性が歌うとまた違いますね。想像もしなかった。
しかも田島さんが歌うとエロさ倍増ですね。笑
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント