雑記 - ペプシの新CM、BGMはカーディガンズ、☆。

 今さっき、初めて観た。パフューム、御出演、♪。カーディガンズの「ラヴフール」が、カバーされていた、♪。




 「ラヴフール」は、2枚目のアルバム『ライフ』ではなく、3枚目の『ファースト・バンド・オン・ザ・ムーン』に収録されていたのね。おいら、いつの間にか、すっかり勘違い。

 『ライフ』と、ボニー・ピンクの『ヘブンズ・キッチン』は、似ています。いや、曲とか、似ていないけれど。どちらも、トーレ・ヨハンソン色が、めっさ濃いなと。

LINK

LINK

 コノ2枚は、おいら、一発で気に入り。で、当時、スグにライブへ。結果、想像と違い、ずっこけた、笑。ボニー・ピンクは、ホントは巧い。が、初めて観たボニー・ピンクのライブは、たまたま、カチコチに緊張していた。ヘロヘロでした(ある意味、レアか)。

 カーディガンズは、どーにもこーにも、笑。でも、アルバムは、めっさ好きだった。今でも好き、☆。

 ベタに、カーニヴァル、(・_・、)。




 ライブで観たカーディガンズのギターさんは、当然にPVと同一人物だったけど、なぜかハードロッカー風で。おいら、ハテナが10個くらい、ポワーンポワーンと浮かび…、(・_・、)。ヴォーカルはナイスでしたが、よく分からんバンドでした。アルバムやPVの印象と、カーディガンズの実体って、かなり、隔たりが在ったように思う。

 カーディガンズの人気って、母国から世界にって言うより、日本から広がったんじゃなかろか。今では世界的に人気があるようですが、当時は、スウェーデン人と日本人しか、聴いていなかったよーな、笑、そりゃ大げさか。でも、リリースはスウェーデン⇒日本⇒ヨーロッパ⇒カナダ⇒アメリカ…、てな感じだったし。

 今の今も、こうしてCMで使われるカーディガンズ。日本でのカーディガンズ人気って、世界的に観ても、特別って気が、☆。もしかしたら、母国よりも、日本での人気の方が、高いんじゃなかろか。カーディガンズって、スウェーデン出身だけど、ホント、渋谷系、笑。地理的には遠いけど、音楽的には近い。

コメントの投稿

非公開コメント

わーくん、毎度!

おひさしゅ!('▽')。でも、ライブでの遭遇率は比較的に高いですな、笑。


明るそうで実は暗い、なるほど、♪、するどいご感想ですな。渋谷系ってのは、分かりやすい喩えで、語弊があるコトを承知で書きました、笑。明るそうで実は暗い、英国に近いなと、思います。英国の方が暗いけど、笑。

お久しぶりです!


カーディガンズ大好きです、クラウドベリージャムもよく聞きます
スウェディッシュポップは明るそうで実は暗い感じがたまらないですね

ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント