雑記 - ソングライターズ、面白かった、☆。

 今夜の「佐野元春のザ・ソングライターズ」、元春と慶一さんは、近しい間柄とは想えないが、かみ合っていた。話が、わりと具体的。平易な表現で語られていた。おいら好みのトークでした。


 作品名と年代を挙げ、JPOPの黎明期を紐解くくだりは、特に分かりやすかった。至極、納得。話の中で挙がった矢野顕子、はっぴいえんど、頭脳警察、あがた森魚、吉田美奈子、細野晴臣らに関しては、いずれも以前に、小ブログでも触れました。


 以下に、1969年~76年あたりのJPOPシーンについて語る御二人を、添付。



佐野元春のザ・ソングライターズ - ムーンライダーズ(YouTube)

 JPOPの黎明期から活動を始めた鈴木慶一さん。相対性理論あたりの若手にいち早く目をつけ、対バンをするなど、今も最先端。JPOP界の生き字引き、笑。今回のトーク、元春の進行も良かった。当然に元春が進行していたのだけれど、慶一さんにリードされているようにも見えました。おいらが以前にご紹介した「スカンピン」に関するエピソードも、実に興味深かった、☆。そのエピソードについては、次回に。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント