サザンオールスターズ - 思い過ごしも恋のうち

LINK

 以前に、サザン再生ランキングを書いた。その時はベスト5。今回はベスト10。


  1. 星空のビリー・ホリディ
  2. 当って砕けろ
  3. 恋はお熱く
  4. シャ・ラ・ラ
  5. わすれじのレイド・バッグ
  6. 思い過ごしも恋のうち
  7. 旅姿六人衆
  8. いなせなロコモーション
  9. 夏をあきらめて

 初め、「恋はお熱く」について書き始めた。が、YouTubeを覗いていたら気が変わりました。今回は王道ど真ん中、再生ランキング7位の「思い過ごしも恋のうち」を。


 ライブ動画を添付。オーディエンスの多くが、合唱。原由子さんの演奏、ステキ、☆。



サザンオールスターズ - 思い過ごしも恋のうち(YouTube動画)

 1979年の夏に『10ナンバーズ・からっと』からシングルカットされたコノ曲。31年前の夏か、そんなに経つのね。


  『10ナンバーズ・からっと』には、「いとしのエリー」も入っている。78年の夏にリリースされたファースト『熱い胸さわぎ』、翌年の夏にリリースされた『10ナンバーズ・からっと』、当時のサザンの勢い、スタートダッシュは凄まじかった。「何が起きているんだろ」、てな感じでした。


 音に関しては、当然に色々なトコから引っ張り応用しているでせう。でも、コノ歌唱法は桑田さんの発明かなと(持論)。当時は良くも悪くも、ほとんどの唄がハッキリと聴こえた。コトバがガンガン、頭に入ってくる。コトバが優先される曲も多かった。歌詞と言うより、詩。


 桑田さんは他とは違った。革命児でした。こんな歌唱法なら、どんな旋律にも日本語が乗る。このカクカクした、なかなか旋律に乗らない言語が、☆。


 その後のJPOPは、かなり、桑田さんのやり方を踏襲しているんじゃなかろか、意識的、無意識的に。サザンは新しかった。音楽が、カクカクした日本語から解放されていた。当時に聴いていた人たちの多くは、驚いたのでは。あのときの衝撃を、今もおいらは忘れない。

1. お願いD.J.
2. 奥歯を食いしばれ
3. ラチエン通りのシスター
4. 思い過ごしも恋のうち
5. アブダ・カ・ダブラ(TYPE 1)
6. アブダ・カ・ダブラ(TYPE 2)
7. 気分しだいで責めないで
8. Let It Boogie
9. ブルースへようこそ
10. いとしのエリー

コメントの投稿

非公開コメント

しましまさん、毎度!

おいらも大好きですよ、☆。

評価は、どーたったのでしょ。音楽的には、新鮮でしたね。一枚目のアルバムから、音楽性は高かった。ライブハウス上がりだし、音楽的な評価は高かったんじゃないでしょうか。が、テレビ的には、色物的要素もありましたね、笑。

元祖ですよねー、新しかったです。

一度、コメントを書いたのだけど、消しましたあ。歌詞に関しては、コメントがムズカシイですなあ…。近ごろは「歌詞を中心に聴く」みたいな人、特に若い世代で、少し増えた気がします。音楽以外の背景も、影響している気がします。

なんともボンヤリとしたコメントで、申し訳ない、(・_・、)。

こんばんは~♪
サザンのファンというわけではないんですが、「思い過ごしも恋のうち」はとても好きな曲です♪

サザンがデビューした当時、小学生だった私。
「なんじゃ、この曲は?」
すごいインパクトがありましたよ。
いとしのエリーが出るまで、お祭りバンド的な扱いで、正当に評価されてなかった気もする。うろ覚えですが…。

コノ歌唱法、確かに桑田さんが元祖だと思います。
少なくとも、テレビから聴いたことはなかったもの。
日本の音楽は、桑田さんの影響をめちゃめちゃ受けているんじゃないですかね。
何言ってるのかわからないヴォーカル多かったと思いますし。
今は逆に、少し桑田さんの影響から解き放たれて、カクカクした日本語に音楽が戻ってきているような気がしてます。
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント