ペトロールズ - ライブレポ(2010/09/23@渋谷O-nest)(後半)

 後半はヒット曲のオンパレード、なんて、笑、ペトローラズ内での話。


 磁気、拓郎で喩えると、春だったね、でしょうか……、喩えが古過ぎる、(・_・、)。林檎さんなら丸サド、レディヘならクリープ、とか。ファンに語り継がれる、スタンダードナンバーかと。演る側は「もうイイでしょ……」という気持ちも在るでしょうが、ボクは今も心躍る、☆、黎明期を支えた一曲。


 中期以降を代表する一曲といえば、。長岡さんの声は、もう、枯れ気味。高音に苦労していました。でも、ファルセットに逃げるコトなく、地声を振り絞っていた。ギーソロの出だし、ディレイが効かず、ジャンボさんと見つめ合い苦笑い。その後にエフェクタートラブル。長岡さんは、原因を分かっていたようです。


 ボクがペトロールズに魅かれた、大きな切っ掛け、ホロウェイ。長岡さんは出だしから、高揚感の溢れるプレイを。イントロでピッキングハーモニクスを連発、珍しい……、ボクは大きな歓声をあげた、興奮しました。イントロ後、スローになる部分、いつもより遅く感じた。そのコントラストが、また良い。


 アンコール一曲目は、ELF。狂気の入り混じるクレイジーなギタープレイが光るロックチューン。ソロのあとのリフで、ヒステリックな金属音が鳴り響いた。ヘッドの部分を弾いていました。ナットとペグの間を、パーカッシブにストローク。そのプレイは事変の少女ロボットでも聴くコトができる。今夜のプレイは、よりヒステリック、効果的に使っていました。


 トップに入れたギアを、かくんとニュートラルに。甘い甘い、アンバー。それは、ウィンカーのコト。自動車マニアのあいだでは、わりと当たり前に、そう称するようですが、一般にはウィンカーと呼びますね。繰り返し右左、ただ悲しい色あせたアンバー、♪。色あせたウィンカーだと、様にならない、笑。語彙が豊富であるコトは、歌詞を書く上で重要だなあ。


 語彙が豊富といえば、闖入者は、難解な作家、安部公房の作品のタイトル。曲と小説の内容とは関係ないようですが。いつものベースソロに加え、ドラムソロ。ボクは心踊り、奇声をあげました。ギターソロも弾いたらいいのに。仮免に収録されたO.A.C.A.のように、「guitar!」と、自らコールして欲しい、☆。

コメントの投稿

非公開コメント

(や)さん、毎度!

お久しぶりですっ、('▽')。

一年ぶりのペトですか、♪。(や)さんと、コノ場でコトバを交わすのも、奇しくも1年ぶりです、☆。

久方ぶりに観るに、ふさわしいライブであったと思います。厚味の違いに、驚いたコトと想います、♪。

また通い詰めますか、笑。でも、1年ぶりに忙しいお仕事の合間に時間を作り、そぼ降る雨のなか足をお運びになる御姿は、頻繁に行くボクより、ドラマティックと申しますか……、ステキです。感じるモノも、違うと想います。

決まったセットリストを、決まったように演奏する方が楽だし、効率的。ペトロールズは、今の時代において、稀有な存在ですね、☆。真のライブバンドだと言って良いと思います、♪。

お久しぶりでございます。


先日のライブ、物凄く久しぶりに参加しました。
一年ぶりくらいかな…


久しぶりに観たら、凄く厚みが出ててビックリしました!
やっぱりいいなぁ!!また通い詰めよう!!って思いました。

変わらない良さというものもありますが、
更新し続けるのもいいですよね。本人たちは大変だろうけど…(汗)

千鶴さん、毎度!

いえいえ、音楽の話は尽きません、('▽')。

鮮明にですか、恐縮です、(・_・、)。

ELFは、人気があるようですね。演奏する頻度も、比較的に高いです。

ボクも揺れていたのに、褒められなかったコトは、お伝えした通り、笑。

音に身を委ねると、ジッとして居られませんね、♪。観ようとすると、固まってしまうけど、笑。

六本木は、大変に楽しみ、☆。ペトは、決まったコトを、決まったように繰り返すグループでは無いから、何が起こるか分からないけど…、スリリングで、ライブ感あふれるステージ、飽きません、♪。

たびたび。。。

すみません。。

ヒロさんのブログを読むと、本当に鮮明に浮かび上がります、あの夜が。

ELF、素敵です。狂気でヒステリックな音、大好きです。

ずっと体を揺らしてましたが、より大きく揺らしてましたよ!!

そして、後ろにいた大学生に褒められる。。みたいな。

あんな音の中でじっと見ているなんて出来ない。心と体が踊ってしま
いました。

六本木が楽しみでたまりません。
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント