佐藤帆乃佳 - 楽しそうに弾くのです、♪。

 ヴァイオリンを弾いているのはaluto、また、ソロでも活動している佐藤帆乃佳さん。「Tammy」、「 Over the Rainbow」、「海の見える街」は、どれもボクの好きな曲です。「海の見える街」は、最近までタイトルを知りませんでしたが(小ブログへのコメントで知った)。



佐藤帆乃佳(YouTube動画)

 今夜に、TVKで『音楽のDNA』を観た。佐藤帆乃佳さんは、MC(アシスタント風ですけど)。エンディングに、遊びで、高校サッカーのテーマソング「ふり向くな君は美しい」を弾いていた。彼女は、実に楽しそうに弾くのです、♪。


 オーバーアクション気味なヴァイオリニストは少なくないけれど、彼女の場合、それだけでは無くて……、他とは、なんかチョット違うなあと。今夜にテレビで観て、また、YouTubeでチェックし、思った。足の開きが、大きいのでは、笑。今夜の束の間の余興でも、足をガバっと開き、体を大きく揺らし、弾いていました。


 オリジナル・ラヴの田島さんだったかな。右足でリズムをとるべきか、それとも左の方が……、てなコトで悩み、試行錯誤したコトがあると、笑。どちらの足の方が良いか、結論していたなあ。ブログに書いてあったと思います(未確認。記憶が確かなら、の話)。


 楽しそうに弾くミュージシャンは、観ていて気持ちが良いです、☆。お地蔵さんタイプも、クールで格好が良いけれど、ずっと観ていると、物足りなくなる、(・_・、)。誰しも興が乗れば、多少は自然に動きます。各々に個性があり、興味深い。あ、地蔵に徹する方もおりますが。元POLYSICSのカヨさんとか、笑、アレは意図的に、ですね。他のメンバーが暑苦しいほど動くので、コントラストが面白く、彼女の地蔵っぷりは例外的に好きでした。

コメントの投稿

非公開コメント

わくん、毎度!

書き終えたあと、意外に難しいテーマだなあと、思いました、汗。

最後の段落に、お地蔵さんを長く眺めていると退屈、といったニュアンスのコトを書きました。が、ボクはステージを観ていない時間帯が、比較的に長い。ならば、地蔵でもアグレッシブでも、大差は無いかもしれない、笑。んー、自分で書いておきながら、何ともコメントしにくい内容のエントリーです。

「立ってヴァイオリン弾くときって足開きすぎると結構弾きにくい」、興味深いコメントを、有難う、☆。わーくんのヴァイオリン話には、全幅の信頼を寄せています。

バンドやってて思うんですけど、見せることってすごく重要だなーと思うんです。楽しくなっちゃって自然に出てくる動きは別として必要以上の動作ってのがどうも釈然としない部分もあるんですよね。

個人的にぐっとくるのは現Jamiroquaiのポール・ターナーとか、ツェッペリンのジョンジーですかね。

そういえば立ってヴァイオリン弾くときって足開きすぎると結構弾きにくいんですよ。
弓の都合もあるので体は左右に揺れるんですけど、やっぱり演奏に徹してるとどうしようもない部分がありますね。

長文すいませんでした
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント