COALTAR OF THE DEEPERS - The lightbed


 「音ログ」を設置してまだ数日ですが、自分の好みの音楽を探すには、「last fm」までは行かないにしても、なかなか役に立ちそうです。しかし、気恥ずかしさもありますね。ここまで、自分が何を聴いているかを一曲一曲完全に記録し、数年後に観た時に「あれ?こんなの聴いてたんだ」とか。逆に「ん。今も同じじゃん・・・」とかさ。何れにしろ、日本発のこういった試みは参加して、微力ながら盛り上げていきたいと思っています(last fmが日本語だったら、爆発的に広まるだろうなぁ・・・)。

 「音ログ」を確認していたら、今日もまぁ、相変わらずの節操の無さ。とは言え、「今日はこれにハマったなぁー」という感覚は強く残っているものですね。今日は、「オルタナ寄りな一日」だったと思います。

 ナンバーガールのシャッフル再生あたりからオルタナ熱が高まり、少々適当に流して熱を冷まし、ふと思い出した。「ん。COALTAR OF THE DEEPERSでしょ、ここは!」と。特別ハマったバンドというわけでは無いのですが、私が唯一持っている彼らのベスト盤を聴く限り、かなり秀逸な曲揃いですね。筋肉少女帯のオーケンとプレイしてた人がキーマン、という意外は何の予備知識も無いので、ライブでどれだけプレイできるとか、ビジュアル的な事は知りませんけど、曲は間違いなくかっこいいです。

 何がいいって、まずボーカルの声!「え・・・。小山田君?」って思いませんか?コーネリアス in オルタナっ、まるで妄想の世界。めっちゃ似てますよね。初めて耳にしたときは、小山田君がこんな音楽やるはずないと思いつつ、「いや、あり得る・・・」、なんて思いながら、真っ先にボーカルが彼じゃ無いことを調べた私でした。

 ギターも、マイブラとか、レディヘとか、ナンバガの美味しいとこ総録りって感じで、かっちょいい。モアモアモアー、ギターの壁。音響系の人でも楽しめるかも。ギターは爆音、ノイジー。でも、ボーカルは小山田君(と思って頂いて間違い無いです!まったくの別人だけど)、という謎の、どポップ&どハードな、キュートかつゴリゴリな、素敵な世界です。

 音楽性は新し目ですけど、ギタリストの出は何となく分かる気が・・・。勝手な推測ですが、「ヘビメタ系」では?パワーコード系のリフと、ピッキングハーモニクス多用のギーソロが、ちょっと浮いてるような気もしますが、テクがあるのでキマってます。
Disc.1
1 RAISING SLOWLY
2 MY SPEEDY SARAH
3 BLINK(SPINNING A SWEET DAYDREAMS)
4 SUBMERGE
5 THE LIGHTBED
6 CHARMING SISTER,KISS ME DEAD!!
7 DEEPERS’RE SCHEMING
8 SNOW
9 SARAH’S LIVING FOR A MOMENT
10 MUMMYLOVER
11 AMETHYST
12 CELL(CATe.p.1)
13 SINKING SLOWLY

コメントの投稿

非公開コメント

そうでも無いんですよ。

色々チェックはしてるんですが、きちんと聴くとなると、意外に何年も同じのばっかりなんです・・・。

そんな状況打破のために色々物色してるって感じで、実際はそれほど色々聴くタイプではありませんね。。。好きな音楽を求めてさまよってます(汗)。

こちらこそお久しぶりです。
音ログ見てますよ。
色んな音楽聴いてるんだなあって感心しています。
仰るとおり、自分は林檎さんのばっか聴いてる気がします。
でも名盤はいつまで経っても名盤ですからね。
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント