雑記 - Janet Jacksonが語る、制作の裏話

 午後のひとときに、ラジオから、Janet Jacksonの「Someone To Call My Lover」が流れ出した。大ヒットしたアルバムからシングル盤として切り出された曲だから、聴いたコトのある方も少なくないと想います。


 DJはタイトル以外に何も語りませんでしたが、コノ曲は、以前に“雑記 - 胸キュンコーラス。“と題してご紹介した、Americaの「Ventura Highway」がモチーフとなっています。唄メロは似ていないし、歌詞はまったく違いますが、ギターリフを、そのまま引用しています。


Janet Jackson - Someone To Call My Lover(YouTube動画)
AMERICA - Ventura Highway(YouTube動画)

 キラキラとした音色で奏でられている印象的な裏メロは、Erik Satieの「Gymnopédies」に、よく似ています。Erik Satieは、1800年代後半から1900年代初頭にかけて活躍した古い作曲家ですが、おいらの好きな作曲家の一人です。最近では、「熱海の捜査官」というドラマについて書いたときに、少し触れました


Erik Satie - Gymnopédies No.1(YouTube動画)

 コチラが「Gymnopédies」です。


 「Gymnopédies」を引用した経緯を、ご本人が語っています。Janet Jacksonはコノ件に関して、“mix”というコトバを用いて表現しています。


コメントの投稿

非公開コメント

ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント