スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長岡亮介 - Lowden1

 本日未明に、ペトロールズの長岡亮介さんが、SoundCloudへ音源をuploadしました。題名は、Lowden1。長岡さんの呟きによると、これは2006年の作品です。

Lowden1 by nagaokaryosuke
東京事変 - 極まる(YouTube)

 Lowden1は、東京事変の「極まる」の断片を含んでいる。6分16秒~7分25秒あたり。おいらは「極まる」のprogressiveな、psychedelicな世界を、彼の新境地だと誤解した、笑。蔵出しだったのですね。


 “Lowden”は、guitarのメーカー名です。東京事変のliveで、「葬列」や「母国情緒」を演奏するときに使用したのも、以下の動画で奏でているのも、Lowden製のacoustic guitarです。

Nagaoka Ryosuke(PETROLZ) - 雨(YouTube)

コメントの投稿

非公開コメント

サクサカーさん,こんにちは!

お久しぶりです,☆。

ほう,またギタマガに,♪。新譜『大発見』の,プロモーションでもありますね。未読です。全十頁とは,これまた盛り沢山だなあ。

表情豊かな音像,これらはシンコー・ミュージックの言葉ですよね?語彙が豊富ですね,言いえて妙であります。

大発見

ギターマガジン又きましたね

東京事変のニュー・アルバム『大発見』が完成。ギタリスト浮雲は、“楽曲”と“歌”の持つ魅力を最大限に引き出し、椎名林檎が描き出す独創的な歌詞世界を鮮やかに彩る“香水”のような香り高きギター・プレイを披露している。最新アルバムの制背景に迫ったロング・インタビュー、表情豊かな音像を演出する愛用ギター紹介、彼のプレイ・スタイルを紐解く奏法分析を交え、屈指の“六弦使い”の魅力に迫っていきたい。(計10ページ)

kikuさん、こんばんは!

アメリカンなギターとは、異なるテイスト、フレイバー、♪、アイリッシュの風、ん、なんと、前世はケルト人、笑、おいらは前世へさかのぼれない、修行中(ウソ)。

欲しておられるなら、迷わず買いましょう、☆。

とても気になっていた音でした。
調べたりしなかったので、ここにきて、びっくり!
アイルランドのギターだったのですね。
私の前世はケルトだったから(笑)
だから惹かれるわけです。。

旦那もこの音源を聴き、Lowdenを欲しがって困ります!

わくん、こんばんは。

唐突でしたねー、笑、不意を突かれました。

いい音で、聴こえますね、♪。おいらは、SoundCloudはイイ音しているなーと、思った、笑。

インプロ1、TBTF1……、1回で終わる企画が多いですね、笑。贅沢な願いとは思いませんよ、インプロ2、気長に待ちませう、♪。

長岡さん突然ツイートするものだからびっくりしました。

Lowdenいい音ですね。さすが高いだけあります笑。
アメリカの音じゃないのが長岡さんにはすごく似合う。

こーゆーのを見るとまたインプロ1みたいな企画をやって一人で実験してくれないかなぁなんても思うんですが少し贅沢ですね。
ブログについて

ヒロ

ブログ名: jmusic
管理者 : ヒロ
邦楽の話題が中心のブログです。

検索
書庫
10  10  07  06  04  01  12  11  10  09  08  07  05  04  01  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。